ハロウィンまで助走期間が長すぎるので、違った楽しみをする

ハロウィン商戦は、夏が終わり9月に入ったら始まってきます。

はじまった当初は、「おおハロウィンか!」と思って、今年はやろうかと毎年思うんですが・・・

 

いくらなんでも2ヶ月は長すぎるって!

 

なんかかぼちゃ削って、コスプレするぐらいしか知らないイベントに2ヶ月も情熱は燃やせない。

どんなにがんばっても10月の頭には、情熱は消え去っていきます。

しかし! 世間はハロウィンで盛り上がってるし、なんとなくスルーするのは悔しい!

なので、普段とはちょっと違った方向でがんばってみようかと。

 

スポンサーリンク

普段と違ったハロウィン

かぼちゃを削らない!

 定番中の定番は、かぼちゃを削って、ジャックオーランタンを作ること。

結構大変だし、思い切ってやめましょう。

それよりも別のもので、ジャックオーランタンをつくってみましょう。

元々最初からかぼちゃがつかわれていたわけではないですし、かぼちゃ以外でハロウィンを楽しんでも、別に問題ないでしょう。

実際、そういう遊びが広まっているようですし。

 

実際にやっている人たち

みかんでジャックオーランタン

柿でジャックーランタン

他の物でも

これだけではなく、他にも色々やっている方はいます。

さつまいもやパイナップル、珍しいところではドラゴンスィーツなんかでも。

私も真似して、家にある柿でやってみようと思ったのですが、家にあったのが渋柿の形なのにおいしい「筆柿」という種類の柿しかなく。

ためしにやってみましたが、ジャックオーランタンではなく、「暴君ハバネロ」になってしまったので、諦めておいしくいただきました。

 

人を飾るのではなく家を飾る

 日本でもガラスにシールを張ったりして、家をハロウィン風にする方はいます。

しかし、海外ではそんなレベルではなく。

家全体をハロウィンに変えてしまうところが結構あるんです。

そんな家が何軒も並ぶので、夜は結構怖い。

けど、DIY魂が火を噴くのに、最適な遊びです。

 

りんごゲームをする

海外のハロウィンでは、りんごを使った遊びが結構されているようです。

特に、リンゴホビングあたりが中心で。

ただ、これらは小さい子がいるご家庭用といった感じですかね。

ばけつに浮かべたリンゴをくわえるという遊びですから。

服とか水浸しになりそうだし。

 

あんまりリンゴをくわえることができたからって、大人はテンション上がりませんもんね^^

後、くわえるまでずっと見ておくというのもね。

 

 

コスプレをやらな・・・さすがにこれはやった方が盛り上がりそう

毎年ニュースになる、各地で行われているハロウィンのイベント。

多くの人がコスプレをして盛り上がっていますよね。

やはり日本では普段しないコスプレをするのがハロウィンの花形。

 

いくら情熱が尽きていても、これに参加しないのはちょっともったいない。

コスプレしていたら、値引とか一品サービスする飲食店も多いですし。

めんどくさかったら、百均で帽子とマント買ってくるか、猫耳でもつけとくだけでいいんです。

後、カラコンでもつけとくと、普段着でもコスプレっぽく見えます。

 

ちなみに、これは本場を参考にするのはあまりオススメしません。

一部特殊メイクまでしている人を除けば、多くは、男性だとドラキュラていど、女性だとナースや婦警のコスプレしてるだけですから。

コスプレに関しては、日本の方が進んでますね。

お店もいっぱいありますし。

もし思いっきりやりたいときやお子さんにかわいい衣装を着せたいときは、専門店を利用するとさらに盛り上がりますよ。

 

(以下、追記)

かわいいハロウィンのお菓子を作る

かわいいお菓子を作っている方もいますね。

ハロウィンは、明確なメインキャラクターはいませんが、そのおかげで自由度の高いお菓子が作れますもんね。

作って楽しい。

配っても盛り上がる。

最高ですね。

 

終わりに

定番とは違ったハロウィン関係の遊びについて書いてきました。

しかし、ハロウィンは一気に広がりましたね。

まだメインはコスプレですが、ここに書いているようなことを始めているご家庭は、少しずつ増えてきていますし。

もっともっと身近なイベントになって、もっと盛り上がっていく可能性もあるので。

楽しみですね^^

【関連記事】

ハロウィン関連のオススメ商品15選!2016年も楽しく