ものすごいザックリとしたアニメ弱虫ペダルの感想

bike-233379_640

以前から興味があった弱虫ペダル。

結構あちこちで紹介されていたんですけど、コミックになかなか手が出なかったんですよね。

また、アニメもシーズン1を見逃してしまったし。

そのままズルズルと来てしまっていたんです。

 

でも、この休みを使ってHuluで弱虫ペダルの動画を一気に見てやろうと思い、実行してみました。

全62話は結構応えました。

通信状況が悪い時期だったので、ぶちぶち切れまくって見れないこともありましたが。

ちょうどテンション上がるところで、それやられると集中力が切れそうになるんですけど。

でも、がんばってやりきりました。

なんか風邪っぽくなってますが、すがすがしいです。

 

スポンサーリンク

弱虫ペダルの感想(ネタバレ注意)

アニメでやってたのは、「自転車との出会い→新人戦→合宿・インターハイメンバー選考→インターハイ」ですね。

でも、ほとんどがインターハイだから、インターハイ入ってからが長い長い。

 

自転車との出会い

あぁ、欲しいものがあったら、とりあえず足を動かして、いらないものにお金使わないようにする気持ちわかる!

特に高校時代はそうだよねー。

私も本の費用つくるために、歩けるところは歩いて電車代浮かしたんですよね。

絶対歩けないところ以外歩いたら、結構いけるんです。

なので、坂道君がアキバまで行っていたのをきいて懐かしくなりました。

でも、息子にが毎アキバまで行っているのに、あまり遠くにいけないように細工したギアをそのままにしていた、坂道君のお母さんは鬼すぎる^^

 

新人戦

登場人物みんないいやつ過ぎるだろ。

小物で速攻いなくなると役だと思っていた、杉本さえも坂道のこと心配しているし。

合宿

3日で1000キロって。

この前、名古屋から香川までさぬきうどん食べに行って、ぶらぶらして帰ってきた、日帰りドライブがだいたいそんなもんでした。

あれを、3日で自転車でやれというのはスパルタ過ぎる。

でも、3年生普通にゴールしますしねー。

それよりも、手嶋先輩、熱い。

負けたのに、坂道君に、クリートくれて、装着させてくれますから。

これで、装備がそろいましたね。

 

インターハイ

インターハイ1日目

尺の問題もあったんでしょうけど、100人抜きのシーンもっと増やして欲しかった!

落車からの100人抜きとか熱すぎます。

でも抜き方がむちゃくちゃだ^^

 

後、東堂VS巻島もたまりません。

ライバル関係だったのに、チーム事情で最後の勝負ができないのは無念でしょうから。

結末は予想の逆になりましたけど、勝負できてよかった!

 

インターハイ2日目

弱虫ペダルの存在を知ったのは、書店で流れていた幼い声と野太い声のアニソンチックな歌に、「なんだ?」と思って発生源に行ったときです。

そうしたら、弱虫ペダルの広告映像があったんですよね。

それをとうとう実際に見ることが出来ました。

坂道君は歌ってるだろうと思ったんですが、もう一人が田所さんだとは(笑)。

田所さんが不調でリタイア寸前だとか、御堂筋がアレだとかどうでもよくなってしまいました。

 

インターハイ3日目

めちゃくちゃ熱い!

次々にトラブルが続いていく中。

坂道君がメンタル的に成長し、真波との一騎打ちをするんですから。

王道ですが、最高だから王道なわけで。

なので、ものすごく面白かった。

 

いやー、見てよかったです。

本が全巻読みたくなったので、キンドルで買っちゃいましょうかね。

話にはあんまり関係ないので、ちょっと思ったことを。

鳴子の「アームストロング・クライム」はいいんでしょうか?

自転車乗りだと、どうしても彼を想像しちゃうんじゃ。

 

後、荒北が活躍してよかった。

私のもってる自転車がビアンキなので、同じビアンキにのってるやつが、嫌なやつのまま終わらなくて本当に良かった。

そういうのは、かに座=キャンサーだけで十分。

 

そして、総北女子の影の薄さよ。

最初の方に、坂道君あるいは今泉君のヒロインになるかと思っていた寒咲さんは、一向にそんな感じはありません。

このままだと、橘さんの方がまだというレベル。

真波君の方の委員長の方は、あんなにキャラが立っているのに。

全体を通してみると、やっぱりものすごく面白かったですね。

 

でも、一気に見たので、完全には記憶に定着していないので、とりあえずもう1回くわしく見ていこうと思います。

まぁ、その前に風邪を治さないと。

のどのは、やたら長引いたりしますからね。

※アニメ「弱虫ペダル」の映像が気になった方は、こちらからどうぞ。2週間の無料視聴もありますし。

Hulu