ドリカムワンダーランド2015名古屋レポ|美和さんのあんなミス初めてみた

ドリカムワンダーランド2015を見に名古屋ドームに行ってきました!

相変わらず楽しいイベントです。

でも、美和さんがあんなミスするの見るのはじめてかも。

※ネタバレもあるので、ご注意ください

 

名古屋ドーム付近についたときには、すでに人だらけで、県外の人とかだと車停めるのも一苦労という状況になってました。

駅の方も、駅出てからの道を調べる必要がなく、ただついていけば会場にいけるぐらいになってましたし。

でもまぁ、そこは生活圏内の強みで、ちょっと離れた所の穴場に停めれたので、私達はすっといけたんですが。

ただ、出発が遅かったので、ガチャが出来なかったんですよね。

 

スポンサーリンク

名古屋ドームに入場

会場到着後は、県外からの友人と合流です。

彼女は、東京・大阪公演に行って、この後沖縄にも行く強者です。

ドリカムのライブ毎に、毎回これぐらい行っているらしいのが凄い。

しかも、オークションやダフ屋が嫌いでこれらを使わず、自分で抽選をあてるか、ドリカム好きが知られていて友人の誰かが誘ってくれるので、それに行くだけというのを徹底しているのが凄い。

そして、合流すると、その彼女がインターネット予約していてくれたグッズを手にいれに行きました。

このおかげで並ばずにすみましたし、東京会場で売り切れになったというサイリウムも問題なく手に入れることが出来ました。

今回のはこんな感じで、めちゃくちゃかわいいので、売り切れても仕方がないですね。

あと、エコバックも手に入れました。

今回も長持ちしてくれそうですね。

そして、会場入りするとパンフと、なぜかピュオーラももらいました。

別の会場のは、こんなに大きくなかったらしいのですが、それも謎です。

 

会場入ったら、トイレがやばかったですね。

男子トイレはそんなでもなかったですが、女子トイレが。

開演ギリギリになりました。

 

会場の様子

ステージ

今回のワンダーランドは、「ワンダーランド王国」をテーマにしていて、ちょっとファンタジーな要素を取り入れた構成になっています。

それにあわせて、ステージが作られており、円形のセンターステージがあり、それから小さいステージが3つ放射線状に並んでいます。

この3つステージは、LOVE、TEARS、LIFE(「吉田美和歌詞集」の名前)のそれぞれのテーマを基づいて作られたステージです。

そこで歌うときは、テーマにあわせた曲ばかりを歌います。

 

これ以外にも、こったステージになっています。

センターステージには空中に浮いた筒があり、その上にまたステージがありました。

ドリクマのバルーンがあったので、そのためかと思ったのですが、テーマソングの後、そのバルーンが破裂してドリカムが登場するんです。

さらに上に布が下がっているようになっているんですが、それがプロジェクションになっていて、曲の雰囲気にあわせていろんな模様が映し出されるんです。

雪の曲なら降雪、涙の曲なら水滴といった感じで。

これは相当良い雰囲気が出されていて、綺麗な演出だなと思っていました。

 

ベイビーズ

これは、友人が言っていたのですが、他会場だと、今回の発売されていたTシャツやこれまでのTシャツ着てたひと多かったらしいのですが、名古屋は着てきてる人が少なかったらしいです。

かといって、冷めているわけではないみたいですが。

というのも、恒例のダンスを教わる場面があるのですが、そのとき美和さんが出てきたら、他の公演だと「きゃー!」といったり手を振ったりして、ダンスのこと聞いていないらしいのですが、名古屋だと出てきてもちゃんとダンスの説明を聞いているらしいです。

美和さんに「名古屋は学ぶ意欲がある」とほめられてましたからね。

ちなみに、今回販売のTシャツの、名古屋のカラーはブルーでした。 中日カラーなんですかね。

 

ドリカムワンダーランド2015名古屋の開幕

名古屋のセットリスト

今回のセットリストはこんな感じです。

  1. 雪のクリスマス
  2. WINTER SONG
  3. LAT.43°~forty-three degrees north latitude~
  4. SNOW DANCE
  5. もしも雪なら
  6. 愛がたどりつく場所
  7. LOVE LOVE LOVE
  8. 時間旅行
  9. Ring!Ring!Ring!
  10. 星空が映る海
  11. SAYONARA
  12. マスカラまつげ
  13. 琥珀の月
  14. 悲しいKISS
  15. やさしいキスをして
  16. 笑顔の行方
  17. 晴れたらいいね
  18. 眼鏡越しの空
  19. 空を読む
  20. きみにしか聞こえない
  21. 朝がまた来る
  22. ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~
  23. 未来予想図ll
  24. サンキュ.
  25. さぁ鐘を鳴らせ
  26. その先へ
  27. 決戦は金曜日
  28. 大阪LOVER
  29. うれしい!たのしい!大好き!
  30. 何度でも

アンコール

  1. あの夏の花火
  2. AGAIN
  3. またね

 

歌っている様子

まず、浮いてるステージで歌って、定番の空を飛びながら歌って、そしてLOVE、TEARS、LIFEの順番で歌っていきます。

LOVEでは、やっぱり愛をテーマにした曲、TEARSでは、しんみりする悲しい曲、LIFEでは、人生に関する曲を。

曲だけでなく、衣装も変わるんですが。

 

印象的なシーン

まず第1に、LOVEとTEARSのマイクパフォーマンス。

「LOVEが盛り上がっていますが、LOVEだけでいいですかね?」と聞かれた際、「えー」と不満の声が小さかったので、「LOVEだけになる」といわれてしまい、今度は「えー」の声が大きくて続行されました。

このときに一体感が生まれましたね。

 

第2に、小林幸子さんみたいな衣装で歌ったとき。

美和さんが空に飛んで行く時、ワンピースが伸びるのですが、それがめっちゃくちゃ長くなります。

サーカスのテントぐらい。

そして、そのままにしているとダメなので、すそもち係がすそをもってくれるんです。

でも、美和さんが回りながら歌うとき、すそもち係の人は、まわってるのにあわせて動かなければならない。

これが大変そうで、歌そっちのけで見ちゃいました。

 

第3に、ウルフィーがでてきたとき。

各会場ごとにスペシャルなことをしているらしいのですが、名古屋はウルフィーとのコラボです。

踊るウルフィーや、美和さんにかまってもらって喜ぶウルフィーが見れました。

 

最後は、最後の挨拶。

あちこちのお客に近寄ってきて最後の挨拶が行われたのですが、その移動をめっちゃくちゃ急いで走ってたんです。

多分時間押してたんじゃないかと思うんですが。

年齢考えると凄すぎですよね。

歌って、踊って、空とんでを3.5時間した後ですから。

でも、めっちゃくちゃ走ってたとき会場がわきまくりだったので、結果的に良かったんじゃないかと思うんです。

 

美和さんのミス

今回、ドラマーは、いつもと違って、ファジコンのSATOKOさんじゃなかったんです。

スペシャルゲストとして、アメリカの黒人ドラマーのソニー・エモリーさんが行っていました。

休憩時間にソロで、素人が見ても面白い演奏をしてくれるなど、結構活躍されていたんです。

ですが、最後の挨拶で、美和さん、彼のこと紹介し忘れてたんです。

ライブの最後は、「スタッフ→中村正人→吉田美和」と紹介していくんですが、いつもこれが完璧なんです。

よくあんだけ歌って動いた後で、「あの人数をよく忘れないなー」と思っていたのですが。

 

今回は、ソニーさんを言わずに、「中村正人ー!」と言おうとして、止められてました。

多分まじ忘れでしょうね。

紹介し終わった後、謝ってましたし。

こんなんはじめてみましたし、私達よりもっとライブ歴が長い妻の友人も同じこと言ってましたから。

年上の人にこんなんいうのもなんですが、その時の姿がかわいらしくて、このあたりファンをとりこにするんだろうなと思いましたね。

 

終わりに

こんな感じで、ワンダーランド2015を楽しんできました。

個人的には、ダンス思い切りしすぎたら歌ってるところ見れなくなったり、「LOVE IN ACTION」のとき気に入った中沢ノブヨシもきてて喜んだりと、他にも色々ありましたが。

とにかく盛りだくさんの内容でしたね。 次も楽しみです。