直島ドライブ旅行②|ベネッセハウスに当日宿泊とナイトプログラムなど直島1日目

まだ直島に宿泊するのかも決めてもいませんが、とうとう直島に渡りました。

でも、今回の旅行は相当タイミングが良いみたいです。

とんとん拍子に決まっていきましたから。

到着できたのは、午後4時過ぎ。

地中美術館などが終了していて、美術館で見れるのはベネッセハウスミュージアムぐらいしかないことが判明。

まぁでも、とりあえず向かおうかということになり、ベネッセハウスミュージアムに向かうことになりました。

 

スポンサーリンク

ベネッセハウスに当日宿泊&ナイトプログラムに参加

向かう最中に、「もし空いていたら泊まろうか」と冗談で話してました。

前に行こうとしたとき以外にも、何度か泊まれるかなぁとHPでみたのですが、だいたい埋まっていたので。

当日に行って、空いてるわけないだろうと思っていたんです。

しかも、今日明日は安藤忠雄が公演会するために来てるとのこと。

これは、絶対ないなと確信してました。

 

ベネッセハウスに当日宿泊

img_20151205_162310

ミュージアムについて、ミュージアムのチケットを購入する前に、一応「空いてませんよね?」と確認。

そしたらまさかのパークに1室空きがあるとのこと!

聞いておきながら「嘘!まじで?」と言いそうになってしまいました。

せっかくなので、部屋をお願いし、やっと宿泊先が決まりました。

 

開始15分前にナイトプログラムに参加

スタッフの方に「今日はどこか見てこられたんですか?」と聞かれたので、まだだということを伝え、今日見れるところでいいところはないかと聞いてみたんです。

でも、4時過ぎていてほぼ閉まっているというので諦めかけたんですが、「そういえばナイトプログラムってあったな」と思い出しました。

確か前に事前予約した方がいいとメールもらったことがあったので、これはさすがに無理かなと思いながら、またダメモトで聞いてみたんですが。

なんと空きがあるとのこと、でも15分後に始まるので、もし参加するなら連れて行ってくれるといってくれました。

「ベネッセハウスに泊まるなら参加しないと」と思っていたので、お願いして連れて行ってもらうことになりました。

ちなみに、家に帰って金曜と土曜しかやっていないことを知りましたが、この段階では知りません。

ものすごいラッキーでしたね。

ナイトプログラム

img_20151205_164314

開始まで5分のところで到着して、間に合いました。

すぐに解説を聞いて、チケットを購入し、さっそく参加者みんなで向かいます。

そろそろ暗くなってきてはいましたが、まわりが木ばかりなので、地中美術館への道は相当暗いです。

でも、それ以上に建物内がものすごく暗い。

ダンジョンみたいですもん。

そして、やってきたのはジェームズ・タレルの「オープン・スカイ」。

 

金沢21世紀美術館の「ブルー・プラネット・スカイ」にかなり似ている感じ。

⇒【21世紀美術館の感想】直島だけじゃない!タレルの作品を身に金沢へ

でも、地中美術館の方には、ナイトプログラムもあるんです。

 

壁のライトが変化していって、見えるものが変わっていくんです。

赤いライトのときは空が青く、青いライトのときは空が赤く。

強い光のときは黒い布でも被せたように黒く、弱い光のときは明るく。

そんな感じで、人間の目の錯覚を利用して、1つのものを変化させてくるんです。

 

これは参加する価値がありました。

ちなみに、天上が空いているので結構寒いんですが、壁が温くされているし、ブランケットを貸してくれるので、意外にへっちゃらです。

さすがのホスピタリティですね。

 

部屋と夕食

img_20151205_192513

ナイトプログラムが終わって、やっと今日のお部屋とご対面です。

先に支払いをすまして、説明を聞きます。

しかし、写真とか結構厳しめですね。

館内の写真についての紙があったのですが、私的利用のみにとどめて欲しいとのことで、ブログなどにはるのもNG。

まぁ、美術品も多いのでこれは仕方がないでしょう。

むしろ私的利用なら良いといってくれてる分、良心的だと思います。

お部屋

パーク棟のお部屋は、かなり意外な作りになっています。

安藤忠雄なのに木がふんだんに使われており、コンクリート中心じゃないんです。

でも、私はかなり気に入りました。

窓から見える庭園や瀬戸内海の雰囲気に非常にあっているので、すごい調和感があります。

次もここに泊まりたい!

こんなに気に入ったのって、バリのチャンディダサにある「アリラ・マンギス」以来かも。

あっちは、バリについてから車で2時間弱かかるのであんまり行けませんが、こっちは来ようと思えばすぐにこれるのでいいですね。

こっちには浴槽もありますし。

 

夕食

夕食は、ベネッセハウスで食べるのもいいんですが、ちょっと気になるところがあって、そっちに行くことにしました。   

へんこつ苑さんです。

肉もおいしいし、昼間海鮮のランチを出してあるだけあって海鮮もおいしい。

でも、タレにこだわっているので、タレが特においしい。

そんな評判を聞いていたので、来たら絶対行こうと思っていたんです。

いかんせん2、3年前に調べていただけなので、名前は覚えていませんでしたが、直島の中の焼肉屋なのですぐに探せました。

場所も宮浦港からすぐなので、簡単に見つけられますし。

食べてみたら結構おいしい。

ちゃんと旨味があってジューシーなお肉や海鮮をそろえているし、評判のタレもおいしいし。

そして、安い! 同じレベルの焼肉を名古屋で食べたら、2倍まではいかなくとも、1.5倍はしそう。

ここは絶対リピート決定です!

 

帰り道とラウンジ

img_20151205_185458

お腹もいっぱいになって、ベネッセハウスに帰ります。

その前に、セブンイレブンによってから。

島にはコンビニなどはないと聞いていたのですが、セブンイレブンがとうとう参入していたみたいです。

夜10時までですが、やっぱりあると便利ですね。

島中が海外の方に向けてカード利用できるところを増やしていると言っても、ATMとかあると便利ですし。

 

ラウンジ

ベネッセハウスに着いたら、直接部屋の方にはいかず、美術品の展示ゾーンを抜けてラウンジに向かいます。

img_20151205_210021

セルフサービスですが、珈琲や紅茶を無料でいただけるんです。

音がよいと聞いていて期待していたんですが、今日は団体さんがいたので、あまりかかっている音は聞こえませんでしたが。

まぁ、団体さんの声がよく響いていたので、音は本当にいいんでしょう。

でも、エスプレッソを飲みながら、夜の瀬戸内をみるのはなかなか贅沢。

落ち着きますねー。

今日は盛りだくさんでしたから、これですっと寝れそうです。

その1(名古屋~中華街~姫路城~直島)に戻る

その3(美術館めぐり、安藤忠雄講演会、ランチ)に進む

直島ドライブ旅行④|さぬきうどんとルミナリエ

2015.12.11

直島ドライブ旅行③|美術めぐり、安藤忠雄講演会、ランチなど

2015.12.09

直島ドライブ旅行①|名古屋~中華街~姫路城~直島

2015.12.07