青春18きっぷでは新幹線や特急には乗れないが、北海道新幹線は別

gleise-416460_640

青春18きっぷを使った旅行は、いろんな人がやっていますね。

圧倒的な安さも魅力ですが、昔の旅をやっているような旅情感がたまらないので、普段電車が好きでもない人でもやっています。

なんともいえない魅力が青春18きっぷを使った旅行にはあるんでしょう。

でも、青春18きっぷって、最初に利用するとき、どうしたらいいのかと結構困ったんですよね。

基本的に在来線しか使用できないのはわかったんですけど、使えるものとそうでないものの区別がややこしくて。

しかも、北海道新幹線の開業により、それがまたややこしくなりそうで。

なので、ちょっとできるものとできないものを区別しようかと思います。

 

スポンサーリンク

利用できるものできないもの

私が初めて使ったのは大学生の頃でした。

大学の試験が終わって、すぐに家に帰って死んだように寝たあと、目が覚めた朝5時台のニュースで青春18きっぷの紹介をしていたんです。

そして、なんかぼーっとしていたので、何も考えず行かなきゃと思っちゃったんですよね。

とりあえず、カバンに2、3日分の服だけつめて、起きてから10分で出発です。

横浜の緑の窓口で青春18きっぷを購入して、電車に乗ったのですが、戸塚あたりで冷静になって気付いました。

「なんで、どこに行くかも、何したらいいかもわからずに、出発しているんだ」と。

JRで使えるぐらいしか知らない状態だったので、大分あせりましたね。

なので、駅で青春18きっぷの雑誌を買って、何ができるかを勉強しながら西に向かっていきました。

 

利用できるのもの

その本で学んだのは、基本的に利用できるのは、JRの在来線(普通・快速列車)だということ。

また、指定券を購入すれば「ムーンライトながら」などの夜行列車には乗れることです。

それに、ちょっとユニークなものとしては、日本宮島フェリーには乗れるということです。

 

利用できないもの

一方、基本的に、新幹線や特急には乗れないようです。

「ムーンライトながら」などとの区別が難しくて、これも指定券を購入すればいいように勘違いしちゃいそうになりますが。

でも、青春18きっぷは、新幹線や特急の乗車券にならないのでダメです。

また、入場券の役割にもならないので、入場も出来ません。

唯一の例外として、普通・快速列車がない区間に関しては、特急・急行列車に乗ることができました。

普通車自由席だけですが。

 

北海道新幹線の開業でどうかわる

しかし、北海道新幹線の開業で、大きく変わることになりました。

それは、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券が発売され、これを購入したら新幹線にも乗れるようになるんです。

乗れるのは、北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間、道南いさりび鉄道・木古内~五稜郭間。

片道2300円で。

終わりに

新幹線は絶対に無理といわれていたのが、とうとう変更されましたね。

毎年のように青春18きっぷは廃止されるんじゃないかといわれてきた中での、この変更は結構大きな意味をもっていると思うんです。

とりあえず、当分の間は、廃止しないという意思表示のように感じられるので。

青春18きっぷは、大学生などの強い味方ですし、ファンも根強くいるので、このまま続いていってほしいですね。

また、今回の変更に触発されて、色んなところでも新幹線が利用できるといいんですけど。