海外ドラマみるならHuluがオススメ!HuluとdTVの両方を利用した上で比較

最近VOD(ビデオオンデマンド)の人気がとどまるところを知りませんね!

2015年の時点で1000万弱で。

数年のうちには、1500万人が契約するのではと言われていますからね。

おそらくあなたのまわりにも、利用者がいることでしょう。

 

動画、特にドラマのシリーズを一気に見たいときなどに、VODは非常に便利ですからね。

1つ1つレンタルしてきたりしたら結構かかりますし。

そもそもレンタルしに行かなくても、家で見れるというメリットがありますから。

 

そして、そんなVODの中で、中心になるのが。

dTVとHuluでしょう。

この記事を読んでいてくれるということは、あなたもそこで悩んでいるんじゃないでしょうか。

おそらく、大勢の人が悩むところですしね。

 

私は、Hulu・dTVを共に利用したため、両者を比較しています。

その上で、海外ドラマを見るならHuluをオススメしています。

今回は、両者を比較しつつ、Huluがオススメな理由を紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

動画配信サービス利用の遍歴

私は、結構初期の段階から動画配信サービスを利用していました。

バンダイチャンネルやGyaoなどなんかを。

ですので、Hulu・dTVも早い段階から利用していたんです。

 

最初はHuluを利用。

その際に、『ウォーキングデッド』にも出会い、大ハマりして。

さらに、『アンダーザドーム』がはじまり、もうこれで決まりかなと思っていたんです。

 

しかし、『ウォーキングデッド シーズン5』が、dTV(当時dビデオ)からスピード配信されるというニュースが!

しかも、月額が安いし。

これは!と思い、dTVに乗り換えたわけです。

でも、結局はHuluに戻ってきてしまいました。

後でも書きますが、Huluの方が魅力に感じてしまって。

 

ただ、『ウォーキングデッド シーズン6』が、dTVでスピード配信になったら、戻るしかないのかという心配はありましたが。

結局、シーズン6から、dTVより少し遅いですが、Huluでもスピード配信が決まりました。

※シーズン7に関しても、リアルタイム配信されており、順調です。

そのため、Huluをメインに利用し続けています。

 

両者の比較

  Hulu dTV
値段 933円(税抜) 500円(税抜)
無料期間 2週間 31日間
コンテンツ 1万ほど 10万以上
無料の範囲 すべて 最新作・有名なものは一部有料
画像 大画面でも十分 スマホサイズなら十分
アプリでの操作性 直感的でない 直感的に操作可能
海外ドラマの充実 充実 劣る
日本のドラマの充実 劣る 充実
オフライン対応 なし あり
海外ドラマの日本語吹き替え 充実 なし

この表を見る限り、dTVで良いような気になってきますね。

コンテンツは、日本最大級で。

特に、日本のドラマに関しては、相当なレベルの充実度。

また、アニメに関しても、無視できないコンテンツ量がありますし。

最近は、ライブの独占配信にも力を入れていて、音楽好きにもうれしいサービスになっているんです。

その上、安さ、操作性の良さという魅力まであるんですから。

間違いなく、最高のサービスの1つです。

 

それでもHuluがオススメの理由

children-403582_640

それでも、私は海外ドラマ好きには、Huluをオススメします。

 

というのも、dTVは海外ドラマに関しては、少しもの足りなさを感じるんです。

これが海外ドラマ好きにとってはネックになってくるんですよね。

『ウォーキングデッド』などのスピード配信はありますが。

それ以外は結構古いものが多く、最新の物を次々にというわけにはいきません。

それに、吹き替えなしというのも、マイナスかも。

私は最近吹き替えなしで海外ドラマを見ていますが。

途中まで吹き替えで見ていた作品を、急に吹き替えなしでみるようになり。

声が違うことでストレスがたまってしまった。

そういうことがありましたから。

単純に吹き替えが欲しい人に向かないというのもありますね。

 

一方、コンテンツ総数自体は多くないですが、Huluは海外ドラマが非常に充実しています。

そのチョイスが素晴らしい。

しかも、最新の作品が、次々に追加されていきますしね。

中には、日本ではHuluでしか見ることができないものも

それに、さすがにリアルタイム配信とかは無理ですが。

吹き替え版を同時に。

あるいは順次追加していってくれるので、その点も安心できます。

 

dTVにあって、Huluにないサービスとしてオフライン対応がありますが。

これがないことで、これといって不満はありません。

正直dTVに入った当初は、「これがあるだけでdTVの圧勝だな!」とか思っていたのですが。

しかし、そんなに使わないんですよ、これが。

出かける前にダウンロードして、見れるときに細切れで見る。

何度か繰り返しているうちに、結局、めんどくさくなってしまいましたからね。

 

値段に関しても、dTVに比べて高いといっても、約1000円ですからね。

映画1回分にも及びない程度ですし、それほどマイナスにはならないかなと。

映画のサービスデー1回分。

DVDをいくつかレンタルする程度の料金ですし。

 

そして、これまで『ウォーキングデッド』のスピード配信といえばdTVでしたが。

シーズン6より、Huluも『ウォーキングデッド』のスピード配信も始めました。

※シーズン7の配信も決定しました。

これは非常に大きいです。

以前はこの一点が不満で、dTVを押していたので。

これで、Huluに大きな不満はなくなりました。

 

まとめ

今回は、海外ドラマに関して、HuluとdTVの比較してきました。

というわけで、海外ドラマに関しては、Huluがオススメですね。

海外ドラマの充実度が素晴らしいですから。

dTVも間違いなく良いサービスです。

特に、国内ドラマをよく見る人にとっては。

でも、海外ドラマに関しては、Huluの方に軍配が上がるでしょうね。

以上、海外ドラマみるならHuluがオススメ!HuluとdTVの両方を利用した上で比較、でした。

 

現在の詳しい海外ドラマのラインナップに関しては。

公式ホームページから確認してみてください。

Hulu

 

追伸

上では、Huluを海外ドラマのことだけを中心に書いてきました。

この記事を書いた段階では、確かにHuluはその部分が突出していました。

しかし、その後それだけじゃなくなり、新しい方向性も模索しているのが伝わってくるサービスになってきました。

それは、3つのあるんです。

 

1つ目は、Huluオリジナル作品の充実

例えば、漫画「でぶせん」のドラマ化。

渡辺麻友と 宮脇咲良がW主演の「CROW’S BLOOD」。

氷室京介やZARDのライブドキュメンタリーなどが、すでに配信されていますね。

当然、海外ドラマの国内初配信の数も増えてきていますし。

 

2つ目は、オンデマンドによる映画試写会の開催

しかも、「ぼくのおじさん」といった。

原作本が本屋に並び、注目されていた作品についても行われていたんです。

 

3つ目は、見逃し配信の充実

国内ドラマはもちろん、バラエティー番組まで、幅広く。

これによって、国内ドラマの充実度が飛躍的にアップしましたね。

 

というわけで、現在では、この記事を書いた当初のような。

海外ドラマの充実度は、そのままに。

それだけにとどまらない魅力のあるサービスに生まれ変わっています。

ですので、Huluは、ますますおすすめできるサービスになっていますね。

 

Huluに興味がでましたら、こちらからどうぞ。

Hulu