【12モンキーズ・シーズン2】第7話の感想!デビットがかっこよすぎる

12モンキーズ・シーズン2の感想

12モンキーズ・シーズン2第7話の感想を書いていきます。

前回、アーロンの姿に扮した目撃者に出会い、勧誘を受けてしまったキャシー。

乗っ取られたようにも見えましたが、彼女はどうなってしまうのか。

目撃者が何を仕掛けてくるのか。

気になっていました。

では、さっそく第7話の感想を始めようと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

 

スポンサーリンク

12モンキーズ・シーズン2第7話の感想

やっぱりキャシーは操られてた!けど…

2044年に帰ってきたキャシーですが、マシーンを利用され、たびたび目撃者に操られる状態になっていて。

そのため、マシーンに細工をして暴走させたり、サミュエル(ラムゼの息子)を捕まえたりとしてしまいました。

結局、コールとラムゼ、そして人が変わってしまったようなディーコンの協力でマシーンの暴走は止めることができましたが、もろもろのことについて、キャシーは自分のせいだと責めています。

でも、これってキャシーに落ち度はありませんよね。

ここ最近、キャシー否定派の私でもそう思います^^

赤い葉っぱのお茶飲まされたり、そのあと目撃者に遭遇したりしていましたが、どれも不可抗力ですもん。

2043年を戦ってクールになってしまったり、イラつくことが続いていたとはいえ、元々使命や仲間のことを大事に考えるキャシー。

なので、自分を責めるのは仕方ないかもしれませんが。

けど、さすがに違うんじゃないかと思うんです。

 

デビットがかっこよすぎる

ウィルス散布を防いだことで、現れたデビット(カタリーナの新しい夫)。

実は、彼のことを、登場時からイケてる男性だなと思っていたんです。

シーズン2でのジェニファーに並ぶお気に入りの人物です。

 

これまでも、歴史が変わったせいで、自分の知っているカタリーナじゃなくなったと知っても取り乱さず、カタリーナへの配慮を忘れない紳士っぷりや。

また、精神が不安定になっているカタリーナを安定できるように、時には優しく、時には情熱的に説得したりする姿なんかを見せつけてくれていましたから。

 

しかし、今回はやばかった。

マシーンの暴走を制御するために必要なレンズを、カタリーナに変わって取りに行きますし。

しかも、命の危険もあるのに、カタリーナの重荷にならないような発言付きで。

また、暴走が激しくなり、レンズを取り換えに行くと、その人物がマシーンによって消されてしまう状態になったら、真っ先に向かいいますから。

トランシーバーを使って、カタリーナの意識をそらして1人で向かう姿はクール。

 

これには、かなり考えさせられましたね。

デビットは、1度でも愛し合った事実があるから、そういった行動に出ると言いますが。

外見は同じでも、かつて愛し合ったカタリーナと、今いるカタリーナは別人です。

歴史が変わったから知り合っただけで、自分のことをつい最近まで知らなかったんですから。

そんな相手を、命をかけてまで守れるかなーと。

 

でも、よくよく考えれば、デビットにとっては、数十年愛し合った事実がある以上、見捨てることなんてできないですよね。

だって、記憶喪失や認知症になって自分のことがわからなくなった妻や家族を、自分のことを知らないからといって知らない顔しようなんて思いませんし。

姿が同じだけの別人と、単に記憶を失っているだけという違いがあるので、同じレベルで語ってはいけないのかもしれませんが。

でも、話を単純化すれば、近い話かなと思うんです。

 

しかし、すぐに行動できるかは別。

別人になったことで、多少とも心にわだかまりは残るはずですし。

最終的にカタリーナを助けたいと思ったとしても、自分の命にかかわることですし、普通の人間なら多少の迷っても仕方がないシーンです。

でも、そんなことせずに、即断即決してカタリーナを守ろうとするデビットは、最高にかっこいいです。

 

ちなみに、カタリーナの件に関しては、クローンでできた同じ外見をした人間を、同じ人間と考えることできるのかといった問題にも近いものがあるかもとも考えましたが。

少なくとも、デビットの知っているカタリーナも、現在のカタリーナも2016年までは同じ人物だったということを考えると、クローンの話よりかは、記憶喪失などの方が近いかなと思いました。

クローンの場合、共通項さえなく、より別人度が高い話になってしまうので、話が離れてしまいますから。

 

サミュエルはどうなる

マシーンの暴走は、コール達によって止めることができましたが、外に出ていたマシーンの光がマシーンに戻る際、サミュエルにぶつかってしまい、サミュエルは消えてしまいました。

そして、いつかわからない森の中でさまよった後、謎の人物に手を取られ、移動していきます。

この後、サミュエルはどうなるんでしょうね。

 

彼のいた森の一部に赤い葉っぱがあったことを考えると、目撃者か使者たちが関係してそうな場所に行ったように思いますし。

また、謎の人物が、今回何度もでてきた、目撃者のような感じがするんです。

もしこの考えがあっているとなると、サミュエルは使者たちの1員になってしまうかもしれません。

今回のことがあって、でていったラムゼもそうですが。

ただでさえ、重い運命を背負ってるのに、これ以上サミュエルに負荷をかけないで上げてほしいんですけど。

自分の運命を悟っても、それでも多くの人間を救うことを望むいじらしい彼なんですから。

終わりに

今回は、なんといってもデビットのカッコよさが見れたエピソードでした。

しかし、これでシーズン2のお気に入りキャラが登場しなくなるんですね。

2044年のこともあるので、ジェニファーの再登場はあるでしょうけど。

デビットの方はね…

本当に残念です。

以上、12モンキーズ・シーズン2第7話の感想でした。

 

映像が気になりましたら、こちらの無料視聴で試してみてください。

その際には、配信期限にはご注意を。

Hulu

 

12モンキーズ・シーズン2第8話の感想!カタリーナは立ち直るかもへ進む

12モンキーズ・シーズン2第6話の感想!キャシーに異変へ戻る