アニメ「DAYS」が好きではない人にも漫画を読んでほしい3つの理由

ball-1368282_640

アニメ「DAYS」を見ていますか?

漫画が好きな人なら、1度は見たんじゃないでしょうか。

私も漫画版が大好きで、見始めたクチです^^

 

でも、そういった入り方だけじゃなく、アニメから入った人もいるんじゃないでしょうか。

始まる前に結構特集を組んでいたので、それで興味が出た人とかもいると思いますし。

そして、さらにその中には、「DAYS」を好きじゃないと思った方もいるはず。

漫画が好きな人の中には、アニメ版をみて「こんなん違う」と言っている人もいますし。

私も、アニメ版は漫画の魅力が全部出ているとは思えませんから。

その状態のアニメを見て、好きではないと思う人がいても自然です。

 

でも、だからといって「DAYS」関連をすべて拒否するというのはもったいない!

そういう人にも、ぜひ漫画版を読んでほしいんです。

その理由は、3つあるんですが、それらを書いていきます。

 

スポンサーリンク

アニメ「DAYS」が好きではない人に漫画を読んでほしいと思う理由

アニメにはない泥臭さがある

アニメ版を見ているときに思ったのは、爽やかすぎる!ということ。

 

例えば、水樹とか天然系のキャラクターで考えてることがよくわからない感じだったのに。

動きがでたことやキャラの描写のせいで、結構大きく変化してますよね。

ちょっとワイルドな爽やかな青年に。

 

つくし君もそう。

かなり泥臭い感じが漫画では伝わってきたのに、やたら爽やかで。

汗だくなのに、なんかいい匂いしそう^^

 

後、一番思ったのは、来栖がつくし君とのサッカーを楽しいと認める発言をしたシーンですね。

あれも、漫画版ではかなり泥臭く、熱い気持ちが伝わってくる感じだったんですが。

でも、アニメ版だと「青春だなー」ぐらいにしか思えませんでしたねし。

 

アニメ版は、演出の関係か、公開時期が夏ということか、全体的に爽やかさが前面に出ているんですよね。

青春ものだから、完全に悪いわけではありません。

こっちの方が好きという人もいるでしょうし。

 

ただ、私は、「DAYS」の場合には、こういったことを望んでなかったんですよね。

仮に恋愛漫画だったら、諸手をあげて喜んだかもしれない。

季節を感じさせてくれて、よりドキドキさせてくれたかもしれませんし。

でも、「DAYS」の場合は、あの愛しいほどに泥臭くがんばる雰囲気が好きだったんですよ。

 

なので、私は泥臭さも感じさせてくれる漫画の方が好きなんです。

一応、漫画版にも、全力を出し切った後でに出てくる爽やかさとか、そういった感じはあるんですが。

アニメ版のような、青空の下や、海なんかが似合いそうな爽やかさとは違うわけで。

 

スピード感がある

アニメの宿命みたいなもので、声と動きがあるから、どうしてもスピード感がでないんですよね。

スポーツ系のアニメで、原作に負けず劣らずのスピード感が感じられたのって、本当に数えられるぐらいですから。

一方、漫画版の場合、コマとコマの間に空白があるので、自然とスピード感が感じられるんです。

また、線の引き方も上手いですしね。

 

これは好みかもしれませんが、スポーツ物って、結構スピード感が大事だと思います。

スピード感が感じられると、なぜか体が熱くなってきますし、いつのまにか熱中していることが多いですから。

なので、これを感じられるだけでも、漫画版を見る価値があると思うんですよね。

 

本当に面白いところに入っている

後、これもアニメ版の宿命なんですが。

漫画版の方が、だいたい先の方に進んでいて(例外はありますが)。

遅れていく分、どうしても本格的に面白くなってくるところまで、なかなか行けないという問題があります。

 

「DAYS」は、最初から面白いんですけど。

やっぱり、話が進むにつれて面白さが増していき。

そして、東院戦からが本格的に面白くなってきたと思うんです。

 

東院戦あたりから、ちょっと、つくし君の思いが尋常じゃなくなっているし。

風間がでてきたときの伏線の回収とかも見事で。

すごくレベルの高い作品になってきていますからね。

 

この記事を書いている段階では、アニメ版はまだこれに届いておらず見れませんが。

漫画版は当然見れるわけで。

この点も漫画版を推してしまう理由の1つですね。

 

終わりに

というわけで、漫画版には、アニメ版とはまた違った魅力があります。

青春作品とみれば、アニメ版も悪くないと思うんですが。

私は漫画版の熱さや泥臭さにやられたクチなので、どうしても漫画版の方がいいなと思ってしまうんです^^

そして、まだアニメ版しか見たことがなくて、どうも好きになれないなという人の中にも、私が感じた熱さや泥臭さを好ましく思う人もいるでしょう。

そうであるのに、「DAYS」を見なくなるというのも、もったいない。

できたら、1度どこかで試してみてほしい。

「DAYS」は、大好きな作品なので、どうしてもそう思ってしまうんです。

 

以上、アニメ「DAYS」が好きではない人に漫画を読んでほしい3つの理由、でした。