年賀状アプリ「スマホで年賀状2017」の感想!安いし簡単だし、人気なだけあるわ

1年で、1番好きで、1番嫌いな時期がやってきました。

クリスマス前で浮かれている。

でも、そろそろ年賀状の準備が必要。

そんな時期ですから。

 

手紙って好きですか?

すごく分かれる質問だと思うので。

中には、大好きな方もいると思いますが。

同時に手紙が大嫌いな人もいると思います。

私は、まさにそっち側です^^

 

ブログに書くのや、メールのやりとりは楽しいんですけどねー。

手紙って、反応がない。

あるいは、反応があるまで時間がかかるのが嫌で。

なんていうか、熱が持続しないんですよね。

まぁ、住所書くのとかがめんどくさいというのもありますけど^^

 

なので、年賀状も嫌いです。

もうみんなLineのスタンプでいいじゃないと思うんです。

でも、そういうわけにもいかないんですよね。

年賀状いただいたのに、返さないわけにはいかないですし。

目上の人に出さないわけにもいかないですから。

 

でも、めんどくさい

だから、

  1. 極力労力をつかわないように。
  2. でも、「私、ださなきゃいけないから、出しただけすわ」ってのが伝わらない

そんな方法を、子どもの頃から求めてました。

まぁ、なかったんですけどね、子どもの頃は。

 

でも、「スマホで年賀状2017」という年賀状アプリは。

子供のころに望んでいたことに、そうとう近いところまで持ってきてくれてますね。

 

スポンサーリンク

「スマホで年賀状2017」とは

まず、「スマホで年賀状2017」とは、ですが。

そのまんまスマホで年賀状が作れるアプリの2017年度バージョンですね^^

 

スマホで年賀状が作れるって、テレビのCMでもやっていたりして。

結構浸透してますよね。

簡単!

キレイ!

早い!

みたいな感じで。

私、これをこれっっっぽっちも、信用してなかったんです。

今までも、長いこと、こういうフレーズに騙されてきましたから^^

しかも、個人的なめんどくささNO1の手紙に関するものでしょ。

絶対にめんどくさいことになるはず。

そう思ってました。

 

でも、後で詳しく書きますが。

土下座するレベルで簡単でした・・・

え?まじで?もう終わり?って。

これがシリーズ累計1000万ダウンロードという。

人気の製品の力なんでしょうか。

これなら、子どものころに嫌いになったりしなかったし。

逆に、今の子供とかこんなのつかるのかと思うと、妬ましいんですけど^^

 

「スマホで年賀状2017」の操作簡単すぎ

では、「スマホで年賀状2017」の利用の流れは。

「デザイン決定→(写真・)文字決定→宛名→注文」

となっています。

 

デザイン決定

まずはデザイン決定ですが。

ひょっとしたら、ここが一番時間がかかるかも。

種類が多いんですよ、これが(700種類以上)。

しかも、定番のものから、オシャレなもの・かわいいものまで。

数揃えられていて、目移りしちゃうんですよ^^

 

まぁ、手紙嫌いの私でも、デザインを決めるのまで嫌いなわけじゃないので。

ここに一番時間がかかるのは、ある意味いいのかも。

それに、これもめんどくさかったら、一番上のを選べばいいだけですしね。

 

デザインを少しだけ見ると。

ここは、大きく分けて、写真バージョンと。

newyearcard2

イラストバージョンの2つがあります。

 

newyearcard5

ちなみに、写真バージョンは、縁ありと縁なしを選べ。

上の画像のように1枚の写真でつくることも。

こういった、複数の写真を使うこともできます

newyearcard3

また、イラストの方は。

コンビニや郵便局で売っているような定番の者から。

ムーミンやリラックマなどの、キャラクターものまで、かなり幅広く取りそろえられています。

なので、ビジネスから、子ども同士の交換まで、使えますね。

 

写真・文字決定

次に、写真や文字をどうするか。

これに関してはめちゃくちゃ簡単。

newyearcard6

写真を追加したい場所をクリック。

そして、スマホの写真を使ったり、今撮った写真を選べば、そこに写真が掲載されている状態になります。

 

そして、手紙嫌いの第1の難関、文字ですが。

定型文があって、それを選ぶだけでもいいんですので、非常に助かります!

でも、別に定型文しか利用できないわけではなく。

手書きの文字も追加できますし

後、スタンプ押せるので。

手紙好きにもちゃんと対応できるようになっているんですよ。

 

そうやって作っていけば、これで、文字・写真も完成。

そして、デザインも終了です。

適当にしていけば、5分もかかりません。

ちなみに、別のデザインのですが。

パパッと作ったのが、こちら。

newyearcard10

 

宛名

次は、第2の難関、宛名。

これは、手紙が好きな人で、嫌いな人が多いはず!

でも、これが簡単なんです!

だって、前にもらった手紙の宛名を撮影するだけ。

そうしたら、オペレーターが手作業で宛名帳を作成してくれるので。

こちらは、注文時に宛名帳を使って、宛名を指定していくだけ。

まじでうれしい^^

newyearcard7

 

注文

そして、最後は注文ですが。

これも楽ちんですね。

newyearcard9

デザインを作り終わったら、注文ボタンを押して。

newyearcard8

自宅に届けるのか。

相手に直接届けるのか。

そういったことを指定していけばいいだけですからね。

 

「スマホで年賀状2017」の料金

そんな「スマホで年賀状2017」の料金ですが。

ここまで簡単だと、結構高いのかと思いきや。

はがき代(52円/1枚)に、印刷代がかかるだけで。

基本料金がいらないのに驚きました。

つまり、印刷するまでの、デザイン作成などに関しては、無料なんです。

 

また、印刷代も。

  • 縁なし(写真のみ):108円/1枚
  • 縁あり:78円
  • 喪中寒中はがき:68円/1枚

だけです。

 

これだけでも十分と思いましたが。

10枚以上の利用で、最大30%オフにしてくれるというんですから。

めちゃくちゃお得ですね!

だって、年賀状の場合、10枚ぐらいなら、すぐに必要になる枚数ですからね。

 

正直、安すぎでしょ。

コンビニなどで、一番安いのを購入するよりかは高いですけど。

でも、手間も時間も省略しての、この値段ですからね。

疲労をなくし、自由にできる時間を得た代金だと思えば、十分安いですよ。

 

終わりに

というわけで、年賀状アプリ「スマホで年賀状2017」の感想を書いてきました。

想像以上に簡単だし。

これまた相乗以上に安かったので。

これは人気がでるのもうなずけます。

凝りたければいくらでも凝ることができますし。

逆に、私のように極力楽したい人は、楽できますからね。

これはオススメですよ!

以上、年賀状アプリ「スマホで年賀状2017」の感想!安いし簡単だし、人気なだけあるわ、でした。

スマホで年賀状2017 写真つき年賀状を作成できる無料アプリ

スマホで年賀状2017 写真つき年賀状を作成できる無料アプリ
開発元:CONNECTIT Inc.
無料
posted with アプリーチ