ワールドチェインのレビュー・感想!セガが作っただけある充実度【おすすめスマホゲーム】

スマホゲーム「ワールドチェイン」のレビュー・感想

スマホゲーム「ワールドチェイン」をプレイしてみたので。

今回は、そのレビュー・感想を書いていきます。

 

「ワールドチェイン」の説明を読んでいると。

なんかタイムトラベル的な感じで。

結構あちこちにある感じのゲームなのかな。

でも、セガだし、多少グラフィックを綺麗にしてたりはするかもしれないけど。

そんな風に思っていましたが。

やってみると全然そんなことはなく。

家庭用ゲーム機レベルの充実度で驚きました。

 

スポンサーリンク

スマホゲーム「ワールドチェイン」とは

worldchain1

まず、「ワールドチェイン」とは。

歴史が歪んでしまい、人々がいなくなってしまった街を元に戻すため。

リライター(歴史の修正にあたる者)に選ばれた主人公たちが。

いろんな時代を旅しながら、歴史を修正していくストーリーのRPGゲームです。

worldchain8

主人公たちリライターは、歴史上の英雄(レブナント)の力を得て。

あるいは、召喚する能力を持っており。

それを駆使して、敵と戦っていくわけです。

 

「ワールドチェイン」には、後で書いていくような特徴もありますが。

それ以外にも、最近のスマホゲームでは少数派になってきた。

主人公が固定され、選択できないタイプのゲームであること。

最初に目覚めた主人公たち3人が、少年・少女でも、高校生でもなく。

大学生だということ。

これらも特徴でしょうね。

 

歴史をちゃんと使ったストーリー

「ワールドチェイン」がいいなと最初に思ったのが。

タイムトラベルをした時代の設定をちゃんと活かしていること。

歴史のゆがみを認識するには。

まず正しい歴史のことを知らないといけないわけで。

その正しい歴史というのが、ちゃんと語られていきます。

 

タイムトラベルもののゲームでは、背景のグラフィックや登場人物を。

その時代のものにあわせたゲームは多いですが。

その時代設定まで利用しようとするゲームは、残念ながら少ないんですよね。

でも、「ワールドチェイン」では、そんなことはなく。

しっかり時代設定を活かそうとしているんです。

worldchain10

そのおかげで、ストーリーがめちゃくちゃ面白い。

主人公たちの間で話し合われる、ゆがみの原因の考察など。

一緒に考えたりしながら見ていくと、非常に興味深いですからね。

多分、この時代設定を大事にする&考察を行っても不自然じゃないようにするため。

主人公たちを大学生にしたんでしょうね。

いや、大正解です。

ストーリーに力を入れているスマホゲームは、かなり増えてきましたけど。

こんなに面白い・興味深いと思ったゲームは、かなり久しぶり。

最初の入りなどは、大作RPG並みだなと思いましたからね。

 

リライターを置物にしてない

worldchain6

主人公たちリライターを置物にしていないのもグッド!

ストーリー展開の会話要因ぐらいに、キャラを使っていないのではなく。

仲間のリライターと探索をすることで。

そのリライターの能力が上がったりしますし。

新しい出会いもある。

そして、探索していると、会話を行うのですが。

その会話の内容、そして所々で出てくる選択肢が。

一緒に行ったリライターの性格にあったものになっていて楽しいんですよね^^

 

レブナントの強化にやりがい

スマホゲームで定番なのは、今回でいうとレブナントの強化でしょう。

武器渡したり、合成したりしてね。

正直なところ、これって結構めんどくさい・・・

RPGでレベル上げとか好きな人は問題ないんでしょうけど。

昔からあんまり好きじゃないんですよ。

なので、普通に戦闘でレベル上がってくれないかなーと、スマホゲームをやっていると、いつも思ってました。

まぁ、でも強化しないと先に進めないから仕方ないかと諦めているんですけどね。

worldchain9

けど、「ワールドチェイン」は、ここにも更なるやりこみ要素をいれてきてくれましたね。

強化していくと、新しく列伝ストーリーが解放され。

見ることができなかったストーリーを見ることができるようにしてくれるんです。

これだと、いろんなシナリオが見たくて、強化が苦になってこなさそう^^

単に強くする以外のやりがいがプラスされるわけですからね。

 

レブナントの組み合わせがちょっと面白い

そんなレブナントは、ガチャやドロップでゲットします。

歴史上の英雄は、いつもレブナントとして出てくるわけではなく。

敵キャラとしてもでてきて。

それを倒すとドロップする、レブナントにするためのアイテムをゲットできるんですよ。

worldchain5

レブナントは、最初にゲットした時に、自己紹介するんですが。

普段するスマホゲームよりも、ここが長めになっています。

自分の特徴とかを結構しゃべるくるので。

これも結構面白いんですよ。

「へぇ~、そうなんだー」ということが語られるので。

worldchain7

でも、個人的に面白いと思ったのは、レブナントの組み合わせ。

例えば、最初に清少納言がやってきて。

その後、紫式部がやってきたんです。

ゲーム上絶対にないとわかっていても。

そのときは、清少納言と紫式部が弓で打ち合うシーンが頭に浮かんでしまいましてね^^

歴史上、絶対に同じ場所に置いちゃダメな組み合わせができ。

しかも、「ワールドチェイン」は、レブナントの性格なども大事にしているので。

ついつい、こういう妄想が捗って捗って。

プレイしながら、ちょっとニヤってしてしまいます^^

 

終わりに

というわけで、スマホゲーム「ワールドチェイン」のレビュー・感想を書いてきました。

いや、やっぱりさすがセガが作っただけのことはありますよ。

多分数年前なら、PSとかで発売されていたレベルの充実度ですから。

上では書きませんでしたが、グラフィックも綺麗ですしね。

これは結構流行るんじゃないかなと思います。

以上、ワールドチェインのレビュー・感想!セガが作っただけある充実度【おすすめスマホゲーム】、でした。

ワールドチェイン

ワールドチェイン
無料
posted with アプリーチ