チャンピオンズリーグ2016決勝!レアルVSアトレンティコの感想

ついに、チャンピオンズリーグの決勝が行われましたね。

決勝でのマドリードダービー。

応援しているチームは既に敗退していたので、気楽に楽しめました^^

でも、思っていた以上に激しくなりましたね。

 

スポンサーリンク

チャンピオンズリーグ2016決勝の事前予想

チャンピオンズリーグ2016決勝の試合が始まる前は、ややアトレンティコの方が有利かなーと思っていたんです。

 

レアルとアトレンティコだと相性の関係で、アトレンティコが有利だし。

もともとアトレンティコ戦ではBBCが得点するシーンをあまり期待できない上。

チームが満身創痍ですからね。

なので、0点の状態が続きそう。

もしとるならいつもの、セルヒオ・ラモスがヘディングで、ぐらいしかと思っていました。

 

そして、0点で膠着していると、いつの間にかアトレンティコのカウンターで1-0になってしまう。

そんなのが想像できたので、アトレンティコが基本的に有利に運びそうと思ったわけです。

 

けど、アトレンティコもあんまり点とりませんからね。

なので、アトレンティコが点数をはやめに決めず、交替選手が出始める後半になると、レアルの方が有利になってくるかもとも思っていました。

レアルの方は、イスコとか、最近チームの雰囲気を変えるルーカス・バスケスもいるますしね。

多分出さないと思いますが、ハメス・ロドリゲスもいますし。

一方、アトレンティコは、違いが出せる交替選手って少ないですから。

 

というわけで、アトレンティコの方が基本的に有利だけど、あくまでややというレベルかなと。

 

チャンピオンズリーグ2016決勝の感想

90分の感想

まさか本当にセルヒオラモスがとるとは^^

予想とはちょっと違いますけど。

予想では、コーナーやフリーキックからの直接ヘディングでしたが。

実際は、ベイルの面白いすらしからの得点ですから。

しかし、セルヒオ・ラモスの、大事なところでの決定力はなんなんでしょうね。

 

一方、アトレンティコも得点しましたが。

グリーズマンのPK失敗は痛かったですね。

もし決まってたら、90分でアトレンティコの優勝も十分ありえたわけで。

結果を考えると、アトレンティコのようなチームは、こういったチャンスで必ず決めないとダメだなと再確認させられました。

 

けど、アトレンティコの守備は相変わらずすごいですね。

もちろん元気なときもすごいんですが。

あのチームの守備戦術を90分やった後の、延長でのプレーがもう。

アトレンティコの選手は、完全に足にきていました。

攻撃に移っても上がれる選手少ないし。

ボールキープおぼつかない。

そんな状態なのに、守備になると点を決められないように、最後の一歩はちゃんと足を出してくる。

身体を投げ出す。

しっかりと身体をよせる。

やらないといけないことをやりきってましたから。

 

なので、レアルも得点チャンスをたくさん作りながらも、最後まで得点を奪えませんでしたからね。

そして、チャンスが出来ても点が決まらなさそうという雰囲気ができてくると。

案の定、PK戦になってきました。

 

PK戦の感想

ナバスとオブラックという、いいGKのいるチーム同士のPK戦なので、あんまりきまらないPK戦になるかなと思いましたが。

あんまりGKの出番のないPK戦でしたね。

レアルは全員決めて、アトレンティコは1人外しな上、それもゴールポストにあててですから。

コケが直前に交代したアトレンティコは痛いなーとか思っていましたが、その影響はありませんでした。

 

でも、1人目にグリーズマンを出すのも、でてくるのもはすごい!

1度外しているので、イメージがよくないはずなのに。

後、ロナウドが最後に決めて優勝なんて、出来すぎ^^

そこまで調子が良くないし、足がきつくなっているシーンも多々見えたのに。

やっぱり持っているんですね。

 

雑感

マルセロは、やっぱりいい選手です。

怪我明けあけなのに、最後まで上下に走りまくって。

ドリブルして。

体をよせて。

彼がいるといないとでは、やっぱり違いますね。

 

ベイルは、左の方がやっぱりいいんじゃないかなーと思ってしまいましたね。

最近右でもよくなってきていますけど。

ベイルが左に流れてきたときの、ベイル左、ロナウドがセンターというのは、ちょっとワクワクさせられましたから。

まだ、トットナムのときのイメージが残っているだけかもしれませんけど^^

 

それと、8-9分のセルヒオ・ラモスとアトレンティコの選手(多分ファンフランが中心)のにらみあい怖すぎる。

 

後、ジダンは監督初年度、1回目のCLが優勝とかやばいですね。

ジダンとロナウドの抱き合うシーンは泣けました。

レアルの旧スターが監督になって、現スターと抱き合っているんですから。

ジダンのプレイをリアルタイムで見てた世代なので、くるものがありましたね。

 

終わりに

チャンピオンズリーグ2016決勝レアルVSアトレンティコの感想を書いてきました。

点数はあんまり決まりませんでしたが、熱戦でした!

これで、今年のバロンドールはロナウドで決まりですかねー。

アトレンティコが優勝していたら、スアレスの可能性もあったんですが。

どうなりますかね。