くら寿司で冷やし中華か・・・やったぜ!!

-shared-img-thumb-PAK86_hiyashicyuka15193649_TP_V

個人的にうれしいニュースが!

くら寿司で、期間限定で冷やし中華が始まるみたい!

意味がわからないとか。

ますます寿司から離れるじゃないかとか。

きっと批判はでてくるんでしょうけど。

私は、超うれしい!

 

スポンサーリンク

冷やし中華が始まってうれしい理由

なんで、くら寿司で冷やし中華が始まるのを歓迎しているかというと。

まずは、冷やし中華が大好きだということ。

できたら冬とかでも出して欲しいですもん。

冷えた麺製品が好きだから。

盛岡の冷やしラーメンとかも大好きですし。

なので、単純にうれしいんですよね、冷やし中華を出すところが増えるのが。

 

ただ、冷やし中華って、それだけを食べたいかというと、そうじゃないんですよね。

味がどうしても単調になりがちだし。

他の冷たい麺製品よりも酸味がきいているので、おいし~!ってタイミングを逃すと、飽きてきがちだし。

なので、あるなら冷やし中華セットとかを食べるんですが。

小さいサイズの冷やし中華があって、別のものを食べれるというのが理想なんです。

 

くら寿司だと、これが可能ですよね。

350円で小さめの冷やし中華だけでお腹いっぱいになれるわけはありませんし。

当然、お寿司やら、すごい人になるとカレーと一緒に食べるかもしれません。

なので、かなり理想に近い感じなんですよね。

 

そして、一番期待しているのが、他のチェーン店への波及です。

このくら寿司のハーフサイズに近い冷やし中華+なにかという食事スタイルが当たってくれれば。

他のところもきっと真似するはず。

例えば、冷やし中華と牛丼とか。

冷やし中華と天丼とかね。

そうしたら、私の理想が体現された世界に^^

 

個人的には、中華料理チェーンがいち早く取り入れてくれて。

他の普通の中華料理屋さんにまで派生していってくれれば最高なんですけどね。

そうしたら、冷やし中華+ハーフ炒飯とかじゃなくて。

炒飯+ハーフ冷やし中華といったパターンも出来上がるはず。

 

そんなわけで、くら寿司で冷やし中華が始まったことが、うれしいんです。

 

くら寿司の冷やし中華に問題がないわけじゃない

でも、手放しで喜べるかというと、そうじゃありません。

当然、今回くら寿司が冷やし中華でこければ、来年以降だすのはやらなくなるでしょうし。

他のところへ波及していくこともないでしょう。

そうなったら、小さい冷やし中華があっちこっちで見られるということは、今後数年は起こらないでしょう。

なので、リスクは当然あります。

 

でもまぁそんな小難しい話が一番の問題ではありません。

一番問題なのは、くら寿司が「魚介タレ」というのの一種類しか用意しなかったこと。

HPの写真を見る限る、醤油ベースのタレっぽいんですが。

胡麻ダレも食べたい^^

 

いやー、冷やし中華好きなんですが。

通常の醤油ベースのタレだけが好きなんじゃなく、胡麻ダレも好きなんです。

2つあったら毎回迷うし、食べたくなる味も半々ぐらいだし。

 

後、具材ですね。

冷やし中華は、錦糸卵とハムがジャスティスだと思うのですが。

まさか、半熟のゆで卵に、チャーシューなんて。

普段寿司に使っているのをのせることで、コストカットして安くしているんでしょうが。

でも、なんとなく寂しい…

 

なので、くら寿司には、もう一歩がんばって欲しかったですね^^

 

終わりに

とまぁ、なんだかんだ言ってきましたが、結局はくら寿司が冷やし中華をはじめてくれたのは超うれしいわけです。

トッピングにも文句をつけましたが、海老とかものっていて、ゴージャスですし。

きっとタレだって、あたればラーメンのときみたいに、味を増やしていってくれるはず。

なので、とりあえずはくら寿司にはがんばってもらいたいですね。

私も今年は何度も食べにいって、貢献しますから^^