「出会って5秒でバトル」の感想!啓の苦手な心の成長がキーになりそう

出会って5秒でバトルの感想

今回は、「出会って5秒でバトル」をマンガワンで読んだので、その感想を書いてきます。

以前、「猫のお寺の知恩さん」の感想で、漫画アプリで読み貯めていた作品を紹介すると書いてたんですが。

まさか第2弾までに、こんなに時間を空けちゃうとは^^

間をあけずに書こうとおもっていたんですが。

本当に申し訳ありませんm(_ _)m

「猫のお寺の知恩さん」の感想!男の理想を体現している源が羨ましい

 

でも、このままズルズルといっちゃうと、他の作品を紹介することが難しくなってくるので。

なんとか感想を書いてみましたので、よければ読んでみてください。

ただ、ネタバレ要素があるので、ご注意を。

 

スポンサーリンク

「出会って5秒でバトル」とは

「出会って5秒でバトル」とは、特殊能力を望まないのに付与されてしまったキャラクターたちが。

付与した組織の指示に従って、キャラクター同士で争う異能バトル漫画といった感じでしょうか。

ただ、下で書くように主人公の啓の特殊能力との関係もあって、頭脳戦がメインになってきますが。

 

ちなみに、啓はこちら。

可愛い系ですね。

また、ヒロイン候補っぽい優利はこんな感じ。

こちらも、かわいい。

ちなみに、作画のみやこかしわさんは、「新妹魔王の契約者」のコミカライズ版作画担当。

かわいらしい絵もうなずけます。

 

「出会って5秒でバトル」の感想

メインは頭脳バトルへ

主人公の啓は、見た目に反して、けっこう性格が悪いんですが^^

能力もそれに見合ったものが与えられたのか。

「相手があなたの能力だと思った能力」を付与されています。

 

これは、例えば相手がテレパシーと思えば、啓の能力はテレパシーとなるので。

どうしても、啓はバトルに勝つには、まずは相手に自分の能力は強いものだと認識させる必要が。

なので、啓が絡むバトルは、どうしても頭脳戦がメインになってくるわけです。

強い能力さえ手に入れば、結構乗り越えられますから。

 

また、敵として現れるキャラクター達も、次第に頭脳を使ってきますしね。

まぁ、能力だけのごり押しだけでは負ける可能性もありますので、どうしても頭脳は必要になってきますからね。

 

ストーリーが進むにつれ啓に不向きに

頭脳戦を得意とする啓にとって、頭脳戦がメインになること自体は問題ありません。

でも、ストーリーが進むに連れて、啓にとって不向きな状況が増えていきそうなんです。

最初の1対1は、まさに啓の得意分野。

その後、チーム戦、多対多と進んでいきますから。

 

啓には、明確な弱点があると思っています。

まず、「相手があなたの能力だと思った能力」という性質の特殊能力である以上、意思のない敵が現れたら一人ではどうしようもないということ。

なにも思ってくれませんからね。

後、脳筋とかで話を全く聞いてくれないタイプも、同じですね^^

 

次に、多対一や、多対多の状況で、目の前の敵が、そのときに使っている能力の天敵のような能力を持っている場合。

たとえば、火の能力をもっていて、目の前の敵が水とか氷の能力とかを持っていた時。

このときに、他所から攻撃を食ら得られたらひとたまりもありません。

唯一助かる可能性があるのは、能力の変更を上手くいかせるようにするぐらいですが。

自分の能力が露見しかねず、できません。

もししたら、弱点を知られてピンチになる、あるいはある意味騙していた味方との間に軋轢が生またりしかねませんからね。

 

前者の弱点に関しては、一対一だろうが多対多だろうがつきまとうものです。

でも、後者の弱点は、敵も味方も増えてくるからこそでてくる弱点です。

ですので、このままストーリーが進むと、啓にとって不利となる場面が多数でてきそうなんですよね。

 

後、この話には関係ないし、まだどうなのかはわからないんですが。

なんとなく啓って同じか、あるいは類似の能力を持っている人間に弱そうだなーという風に思いました。

完全な頭脳戦になるので、啓の独壇場のようになるかもしれませんが。

でも、いつも何かしら啓だからこそ、相手の言葉に反応し、強い能力とかを想像してしまうんじゃないかと思うんです。

そして、もし相手の方が、スピードが速かったりしたら、速攻ゲームオーバーになりそうな。

まぁ、これは完全になんとなくなんですが^^

 

最強になれるかは啓の心の成長次第

とりあえず、啓には明確な弱点があるのは確か。

でも、両方とも、啓を補ってくれる補佐がいれば切り抜けれる類のものです。

ヤバい相手を対処してもらってる間に、次の手を打てますからね。

 

しかし、その補佐を作るのが、啓にとって難しい。

相手が啓を信頼し、啓も相手を本気で信頼している状態じゃないと、ぎりぎりの限界で相手に背後を任せられませんから。

現在は、そのポジションに優利がつきつつあり、一見大丈夫そうではあります。

 

ただ、彼女は信頼を大事にするし、どちらかというと直情型。

嘘をついて接していたことを知られると非常にまずい。

啓が本当の特殊能力を告白したときは、ちょっとした恋愛モードとイベントのタイミングで有耶無耶になりましたが。

でも、意識はしていても、決定的に恋したわけではないし。

イベントが終了したりすれば、有耶無耶になっていた嘘がごまかされなくなるときがくると思うんです。

そうなったら、優利が啓の補佐に居続けるかは不透明。

 

自分の秘密を知っている者を増やすわけにはいかないし。

また、再度新しい補佐を作れるとは、なかなか思えない啓ですから。

タイムリミットまでにしなければならないことがあるでしょうね。

例えば、嘘ついていたことがわかっても優利が気にならないようになるほどの、タラシの能力を身に着けておくとか^^

それは啓にとって、ハードルが高すぎますので。

現実的には、嘘ついていたことがバレても、わかってもらえるようなしっかりとした信頼関係か恋愛関係を優利と結んでおくことでしょうね。

 

でも、主人公は、先ほど言った通り性格が悪い。

仲間同士で自分の能力をいいあう時でも、平然と嘘いったりしますし。

一応、補佐の必要性には気づいていますが、あくまで道具としてみているだけですから。

そういった関係も、このままでは難しいですね。

 

そうなると、やっぱり優利を本気で信頼できるだけの、心の成長がないとダメでしょうね。

信頼関係に進むにしろ、恋愛関係に進むにしろ、嘘の信頼ではいけませんから。

 

しかし、啓が弱点を補って、最強の道を進んでいくには、得意の戦略や能力の使い方ではなく。

苦手な心に関する成長が必要なんて、皮肉なもんですね^^

 

終わりに

「出会って5秒でバトル」は、タイトルもそうなように、最初は格闘ゲームのようでしたが。

最近は、サバイバルみたいな感じにもなってきて、変化していますね。

すでに発生したグループに分かれてのイベントや、今後発生しそうなグループ間の争いなんかは、ゲームでは表すことが難しく、一方漫画にぴったりな題材なので。

より漫画らしい作品になってきて、そしてより盛り上がっているような気がします。

これからも大きな変化があるかもしれないので、今後も見ていくしかないですね^^

以上、「出会って5秒でバトル」の感想!啓の苦手な心の成長がキーになりそう、でした。

 

まだ読んでなかったり、読み返したい方は、「マンガワン」で試してみたらいかが。

初回ボーナスやら、1日2回回復するライフを使えば、全部無料で読める漫画アプリなのでお得ですよ。

 

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

【関連記事】

【関連記事】