超面白いおすすめ漫画の中から5巻以内で完結した40選をご紹介

オススメ漫画

※2016年12月追記しました

今回は、超面白いおすすめ漫画の中から5巻以内で完結した40選をご紹介します。

5巻以内で完結の漫画は、すっきりまとめっていて。

一気に読みするのにも、ちょうどいい量なので。

1日でもサクッと読めちゃうんですよね。

 

ただ、その分、数も多いので、その中から。

おすすめの面白い漫画40作品をご紹介しようと思ったわけです。

 

5巻以内で完結した面白いおすすめ漫画40選

花田少年史

お化けが見えるようになった男の子が主人公の、人情物とか感情物といった感じのお話。

感動要素も素晴らしいんですが、個人的には物語全体にある懐かしさに惹かれています。

まだ生まれてもいない時代なのに、感じてしまう、この懐かしさは。

三丁目の夕日を読んでいるときに感じた物に近いかも。

花田少年史の方が、多少時代は先ですけどね。

 

R・PRINCESS

「烈火の炎」や「MAR」の作者が書いた初期の本。

以後の作品に通じるような面白さもありますし。

また、内容も、シリアスな面もありますが、基本ギャグ&ラブコメ。

なので、気軽に読めていいんですよね。

 

振り向くな君は

「DAYS」の前日譚にあたるサッカー漫画。

「DAYS」でほぼ説明なく出てきたキャラとか、こっちを読むとわかるので、より楽しめるかも。

ただ、主人公達が敵になってる!って、逆に「DAYS」を読むと面食らうかもしれませんが^^

単体としても面白いサッカー漫画でオススメ。

 

大阪ハムレット

読んでいると、ものすごく心が痛くなってくる話の多い短編集。

しかも、キャラたちに起こる問題は、どうしようもない、どうやって避けたらいいかわからないようなものばっかりで。

けど、それでも読み進めたくなる魅力を出すのは、さすが森下裕美さんだけあります。

作者が女性だけに、女性の目線で描かれていますので。

普段漫画をあまり読まないような大人の女性にぜひ読んでほしい作品です。

 

GREEN~農家のヨメになりたい~

「天才ファミリーカンパニー」や「のだめカンタービレ」に比べて、イマイチ地味な扱いを受けがちな本作。

でも、ストーリー物としては、その2つに負けてない面白さがあります。

農家の男性に恋したために、農業に参加していく話なので。

企業買収やオーケストラに比べると地味ではありますが^^

 

セクシーボイスアンドロボ

声真似が尋常じゃないレベルでうまい女の子が中心になって、事件を解決していくお話。

ちょっとほろ苦い話もあり、独特な雰囲気が作中に流れていて、すごく魅力的な漫画。

たった2冊しかないのに、ドラマ化されるのもうなづけます。

 

暴れん坊本屋さん

本屋さんのあるあるネタをコメディタッチで描いた作品。

ギャグものだけど、作者が経験者なので、話に非常にリアリティにあふれています。

本屋好きには、かなり興味深かった。

 

空が灰色だから

なんというか現代アートみたいな漫画です。

シュールギャグ&病み系みたいな感じ。

大ハマリする人がいる一方で、絶対に受付けない人も一定数いるでしょうね。

 

ラブロマ

とよ田みのるさんの作品は、どれも独特な性格なキャラが出てきますが。

ラブロマに、最もそれが色濃くでているかも。

一人の男の子が、惚れた女の子をひたすら口説くのがメインなのに。

キャラの考えや間なんかのおかげで、ちょっと他とは違った感じの作品になってます。

 

かくかくしかじか

自伝エッセイ的な作品なのに、登場人物が強烈なのが多すぎ^^

さすが東村アキコさんというか。

こういった強烈な人たちがいたおかげで、他の漫画のキャラ達も濃いんでしょう。

人との出会いは大事ですね。

 

週刊少年ガール

シュールで、少し不思議で、しかも恋愛系。

そうとしかいえないような、いろんな要素を詰め込んだコメディ寄りの漫画。

でも、色々詰め込んだわりに、うるさくなっておらず。

しっかりとまとめ上げているところが好印象。

最近のシュール&少し不思議系の漫画って、ちょっと後味が悪い作品が多く。

また人気があるのに。

あえて、爽やかさが感じられる作風にしたのは、勇気がいったと思いますね。

 

 

俺はまだ本気出していないだけ

おっさんがいきなり漫画を描き始める話。

ギャグなのに、主人公の痛さがすごすぎて、読んでてつらくなってくることも。

でも、最後は優しい気持ちになって読み終われるのが不思議な漫画です。

 

U-31

泥臭い少年サッカー漫画は多いですが、めずらしい泥臭く「なろうとする」おっさんのサッカー漫画。

かなり異質で、大人のサッカー漫画です。

若い頃とは違った、おっさんのかっこよさが現れていて。

サッカーファンだけでなく、まだまだこれからだ!と思っている30代以上の人にも読んでほしい作品。

 

百万畳ラビリンス

閉じ込められた世界から脱出を図ろうとするSF漫画。

作者のたかみちさんって、海のイメージが強かったので。

異世界みたいなSF世界に舞台にしたことと。

脱出系なのに恐怖を利用してこなかったことに驚きました。

個人的に主人公の礼香の性格にイライラしないかが。

面白く感じるかどうかの分かれ目になるんじゃないかと思うのですが。

ならなかったなら、引き込まれる面白い作品です。

特に、後半になるにつれて。

 

幸子に幸あれ

幸子って名前なのに、不幸な女の子が主人公の四コマ漫画。

不幸な女の子の話なんて基本的には読みたくないんですが。

ここの幸子は、見た目からは想像できないぐらいタフなので。

まぁいっかなと思ってしまうんですよね^^

 

ピンポン

卓球漫画。

スポーツ漫画でストイックなのに、泥臭くもないという不思議な作品です。

よくこんなことできたなと思う傑作です。

 

レベルE

説明不要の冨樫作品の最高傑作の1つ。

彼の作品で、SF&ギャグなんてたまらなすぎます^^

 

ぼくんち

貧乏と女性の強さ・もろさを描かせたら右に出るものがいない西原さんの魅力が、これでもかと詰まってます。

ものがたりゆんぼくんと並んで、西原理恵子さんの最高傑作だと思う。

できたら一家に1冊持ってて欲しい。

誰目線で読むかで、感想が変わってくるので、3回は読むべき^^

 

夏の前日

モラトリアムの、子どものとも大人のともいえない微妙な恋愛を描いた作品。

他にない空気が作中に流れていて、それにハマるとやめられなくなる魅力があります。

多分、初めて読んだら哲夫の身勝手さにブチギレ金剛になるでしょう^^

男性なのに、晶の立場になって考えてぶちぎれちゃいましたよ。

「水の色 銀の月」も良かったけど、これも良かった。

 

孤独のグルメ

最高の飯テロドラマの、ちょっと若い頃の話。

ドラマよりも多少とがっていますが、やっぱりゴローさんはゴローさんです。

読んでるとご飯が食べたくて仕方が無くなります。

深夜に読むのは厳禁。

 

ミスミソウ

もうなんていうか、かわいそう過ぎて。

話が進むにつれて、本来すっきりするような復讐シーンでもすっきりしなくなります。

でも、目が離せない不思議な引力のある作品。

 

食う寝るふたり 住むふたり

同棲8年目の男女の話なんですが。

1つの事柄を男性目線と女性目線で描いているのが、非常に斬新。

男性が、ちょっとトンチンカンなことを考えている姿を楽しむのがメインになるでしょうね。

ただ、彼氏や旦那にフラストレーションを持っている女性が読んだら、「うんうん、そうだよね!」と共感を覚え、ストレス発散になるかもしれません^^

 

親父

見た目通り、親父が強すぎる^^

まずはそこに目がいくと思いますが、意外とそれだけではないんです。

不器用で何を考えているかわからない親父の家族への愛なんかも感じられ。

読み終わるとジーンとしてきます。

 

あの花

あの花のコミカライズ版。

背景の描写も綺麗で、キャラの動きもあって。

あの感動を漫画でも見ることができますね。

ただ、鶴子はよりきつい感じになっていますが^^

 

B.B.JOKER

最近減ってきて、寂しく思っているシュール系四コマ漫画。

でも、いまでも、ちゃんと上質な作品を作り続けてくれている「にざかな」のデビュー作。

シュール系の作品は1人で全部やらないと難しそうなのに、2人で書くのってできるんだなーと、感心させられましたね。

常に爆笑しているわけではないですが、ツボに入るとかなり危険。

 

まかまか

同じくシュール系四コマも書く美川べるのさんのストーリー物。

かなりこじらせた喪男と、かなりきてる女子高生によるハイテンションコメディになっています。

ラブ要素もあるにはありますが、まぁ魚の横のはじかみみたいなもので^^

女神転生のアンソロジー書いているころからの大ファンで、美川べるのさんの書く四コマ漫画がかなり好きなんですが。

この作品には四コマ漫画の時に感じたシュールさが感じられて、たまりません。

 

サーバント×サーバント

公務員ラブコメディといった感じの、文字にすると違和感のありまくる内容のお話^^

出オチ要因になってもおかしくなかったのに。

いつの間にか「あれ?高津カリノさんのキャラの中で一番かわいいのってルーシーじゃ?」とまで思わせてくるルーシーを愛でましょう。

 

Another

アニメ化もされた、綾辻行人さんのホラーミステリーといった感じの小説をコミカライズした作品。

小学生のころに十角館を読んでからのファンなので、基本的に厳しめな目になってしまうんですが。

それでも、清原紘さんの描写は、妖しく魅力的で作品の雰囲気にあっているなと思わされました。

映像化作品の中では、アニメ版よりも好き。

 

ホームセンターてんこ

名前の通りホームセンターのグッズを題材にした漫画。

ここででてくるのは、DIYを本気でやっている人にとっては知ってることが多そうで。

どちらかというとDIYに興味があるけど、まだ詳しくないといった人が読むと1番面白いかも。

 

そこぬけRPG

最近、ゲーム作りに関する漫画などが流行っていますが。

これもその中の1つ。

佐藤両々さんの書く漫画って、特定の職業を題材にするとき、すごく調べているなと感じるのですが。

そこぬけRPGでも、ゲームクリエーターの大変さが伝わってきます。

でも、悲惨な話になりすぎないよう、コメディタッチで描かれているので、楽しんで読めるんですよね。

 

ラ寿司

基本、お寿司好きな人にしか刺さらないであろう、お寿司漫画。

お寿司が好きなラズウェルさんが、お寿司のことについて解説したり。

実際にお寿司を作ったりします。

これに触発されて、お寿司づくりに手を出すようになるかも。

というか、なった^^

 

ニッケルオデオン

1話たった8ページで描かれる、シュールな短編集。

ショートショート小説をコミック化したような雰囲気で、ショートショート好きにはたまらない作品です。

万人受けは絶対にしませんけど^^

絵柄も独特で。

作品の雰囲気にマッチしているので。

独特の世界観に浸ることができます。

 

失踪日記

ガチ失踪すぎて、ひいてしまうかもしれない漫画。

しかも、それが実話というね。

人間仮免中」とこれは、壮絶すぎて人を選ぶかもしれません。

絵も今風ではなしですしね。

1、2がありましすが、読むなら1が絶対オススメ。

2が入院中の話なら、1はガチ失踪部分の話で、より心にくるから。

 

子供たちはわかってあげない

上下巻の作品なのに、様々なジャンルの話が詰め込まれた作品。

報告転換がこんなにもある短編って珍しいんですが、それでも破たんしなかったのは素直にすごい。

その中でも好きな部分は、上の中盤以降のミステリー・サスペンス物の雰囲気もいいですが。

下の中盤以降の恋愛、特にサク(ヒロイン)のドキドキ感を描いた部分は、キュンとしていいと思うんですよね^^

 

プラテネス

宇宙物の漫画で、トップ3に必ず入ってくる作品。

ただ宇宙物といっても、主人公は宇宙ゴミを回収する仕事についており、いわゆるエリートを扱った作品にはなっていません。

いいシーンは数多くありますが、個人的には1巻でノノが月の一部を海として紹介しているシーンが凄く好き。

よくわからないんですが、心をつかまれたような気になって。

後、読んだ人には笑われるかもしれませんが、タナベのこと結婚のくだりまで、ずっと男だと思ってました^^

読み返してみると、初登場から間違いなく女性だし、途中のキスシーンだって見てるんですけどね。

 

やさしくしないで!

すごく心優しく、人のために行動できるんだけど。

ことごとくタイミングが悪くて、かえってひどい状況を引き起こしてしまう天然の男性(優一)が主人公の四コマギャグ漫画。

ギャグマンガなのに、やたら物事の本質をついてくるので、感心させられる話も多いんです。

抱腹絶倒をしたことはありませんが、連載を毎回楽しみにしていたし。

コミックス化されたときも、毎巻買っていたんですよね。

ちょっと不思議な漫画です。

 

仏像のまち

個性豊かな仏像たちと、ツッコミ気質な主人公がおりなすコメディ漫画。

聖お兄さん的なネタが多いのですが。

四コマにしたことで、スピード感が増したことと。

ツッコミ役が入ったことで、印象はだいぶ違いますね。

聖お兄さんが、ボケ×ボケだったので、漫才で言うところの笑い飯みたいな感じなのに対して。

仏像のまちは、ツッコミ役が入ってくると正統派漫才みたいなもんですから。

方向性が似ていても、やっぱり別物になります。

 

限界集落(ぎりぎり)温泉

限界集落の復興という、考えさせられるようなことをテーマにしていますが。

エンターテイメント性が高いので、非常に読みやすい。

文化祭やイベントなんかの前に感じる、ちょっと熱に浮かされたような気分を感じるかも。

オタクが専門性をいかして難しい問題に取り組むというのも、個人的に夢がある話だと思うんです。

唯一問題なのは、読み始めると途中でストップする気にならず、一気に読んでしまいたくなることぐらいでしょうか。

 

ミュージアム

映画「セブン」を思わせる見立てを行うカエル男を。

家族を連れ去られた、刑事である主人公が追っていくサスペンスホラー作品。

映画化もされ、特設のオリジナル作品なんかも作られたりしましたが。

基本的に結構エグイので、ちょっと驚いています^^

ただ、最後の疾走感や、次どうなるのかというハラハラ感はなかなかのもの。

短い作品におさまっているので、一気に読み切ってしまいますね。

 

ひとり暮らしの小学生

小学生の主人公リンちゃんが一人暮らしをし。

時にまわりに助けられ。

時にかわいそうな目にあうストーリーですが。

最終的にみんなリンちゃんに優しいので。

読んでいるとほっこりします。

 

終わりに

いかがだったでしょう。

超有名作から、そんなに知られていない作品まで入っていると思います。

思いつくままに書いたので、5巻以内の漫画はまだまだあり。

また良いのがあれば、追記していくと思います。

以上、超面白いおすすめ漫画の中から5巻以内で完結した40選をご紹介、でした。

【関連記事】