デスノートNEW GENERATION三島篇の感想!新しい始まり【Hulu】

デスノートNEW GENERATION

※2016/9/30更新

デスノートNEW GENERATION(ニュージェネレーション)三島篇・新生をHuluで見たので、その感想を書いていきます。

デスノートNEW GENERATIONは、2016年10月29日公開の映画「デスノート  Light  up  the  NEW  world」の前日譚にあたる作品で。

三島篇は、「デスノート  Light  up  the  NEW  world」の1年前、新生キラが登場した際の様子を、警察側の立場から描いた作品です。

 

時間は、1話20分ほどと短いですが。

3話合わせると60分ほどになります。

「デスノート  Light  up  the  NEW  world」が2時間~3時間ほどになるでしょうから。

3話全部見ていると、33%~50%ほどアップした内容を見ることができるので。

デスノートファン的には、ぜひ押さえておきたいですね。

まぁ、単にデスノートの新作映像があるというだけでも十分なんですけどね^^

 

では、さっそく感想を始めようと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

 

スポンサーリンク

デスノートNEW GENERATION(ニュージェネレーション)三島篇の感想

俳優は大丈夫そう

デスノートNEW GENERATIONでは、デスノート  Light  up  the  NEW  worldの俳優陣をいち早く見ることができるというメリットがありますね。

正直、ちょっと不安だったんです。

元々、藤原竜也と松山ケンイチという、個性派であり、超有力若手2人がメインになっていたデスノートですから。

この2人がいなくなったら、すごくつまらないものになるんじゃないかと。

 

でも、その考えは杞憂に終わりそうですね。

少なくとも三島役の東出昌大さんは、問題なさそう。

ちょっと何を考えているかわからないけど、切れ者といった難しい役をきっちりこなしてましたから。

ちょっと「ごちそうさん」を思い出しました^^

それに、他の2人(池松壮亮さんと菅田将暉さん)も非常に個性が強く、力のある役者さんですし。

この3人がメインになるんだったら、十分面白いものが出来上がりそうですからね。

 

以前のデスノートに関することが、思いがけず知れた

三島は、現在デスノートオタクといった感じに周りから見られているんですが。

元々、デスノートのことを知らなかったんですよね。

八神総一郎(月の父)にリクルートされて、秘蔵っ子なんて呼ばれているのに。

漫画でも映画でも、デスノートのことを知る人が次々に増えていたし、松田とかも捜査に参加できていた)ので^^

結構デスノートに関する情報って出回っているもんだとばかり思ってたんですが。

このレベルの人間にも知らされてなかった以上、本当に厳重に情報管理していたということが、今頃になって理解させられました。

 

また、キラ事件から9年物歳月がたっているのに、キラ信者は根強く残っていて。

時間による風化を望むのは、非常に難しそうだということも。

 

後、9年たってもミサミサ、ポテトチップスのCMとか出てるんですね^^

年齢的に、25~30歳ぐらいで以前と同じような感じの仕事してるんですから。

以前みたいなままなのか、ちょっと気になります。

 

窓際族と言われても仕方がない(笑)

三島は、デスノート関係の調査・研究を行う部署にいるんですが。

窓がないのに窓際族扱いされてます。

まぁ、新生キラ事件が起こるまでは、9年間なんにも起こらない。

情報も末端には公開されていない。

ミサミサが食べたポテトチップスの味が、月が食べてた味だったことの考察ぐらいしかやることはない。

そんな部署ですからね。

まぁ、そういわれて当然ですね^^

 

ただ、その後、新生キラの出現によって。

お荷物部署のメンバーが、一気に警察のメインポジションを占めることになるんですから、わからないものです。

 

 

警察側も今回は期待できそう

そんな不安が残るメンバーが警察側のメインになったら、今回も期待できなさそうではあるんですが。

ちょっと、三島が普通じゃありません。

もしキラが生きていたら、デスノートを利用したであろう人物を全員チェックし。

そして、それを暗記しているという暗記力をもち。

また、新生キラが現れるきっかけになった事件で。

1人だけ事件性に気づけたという洞察力をもっているんですから。

1人だけとびぬけた能力を持っているんです。

 

三島の能力を見るに、Lの後継者、キラの後継者とも十分相手ができそうですね。

 

その他の感想

新生キラが現れるきっかけになった事件について、三島篇では描かれていますが

キラの復活を印象付ける演出。

そして、どうしようもなく広がっていく姿を描いた演出は、かなりいいですね。

難しくなく、でもすごく印象に残る形になっていますから。

 

後、三島はデスノートの捜査の中心になる人物なんですが。

ちょっと危ういかもしれないなと思ってしまいました。

というのも、デスノートへの興味が深すぎること。

月の考えを、調査のためとはいえトレースしすぎなことが理由で。

もちろん全然そんなことがない可能性の方が圧倒的に高いんですけどね。

でも、ちょっとそう思ってしまったんです。

 

終わりに

ついに、デスノートNEW GENERATION。

ひいては、デスノート  Light  up  the  NEW  worldに関するものが始まりました。

今回の三島篇を見る限りだと、結構期待しても良さそうだと思いましたね。

また、デスノートNEW GENERATIONでは、メインの3人を1人ずつスポットライトを当てていくようですが。

これが3人同時にでてきたらどうなるのか。

誰が勝つようにするのか。

興味津々です^^

これは見に行かないとダメですねー。

以上、デスノートNEW GENERATION三島篇の感想!新しい始まり【Hulu】、でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もありますので、ご注意を。

Hulu

 

デスノートNEW GENERATION三島篇の感想!新しい始まり

デスノートNEW GENERATION紫苑篇の感想!キラ信者な新生キラ