虫歯治療に20万かかって改心した我が家のおすすめデンタルグッズ

今回は、おすすめのデンタルグッズを書いていきます。

3年ほど前でしょうか、私と妻は3ヵ月で。

虫歯治療に20万円以上も治療費をだすはめになったんです。

 

歯は磨いていたんですけどね。

でも、全然足りなかったみたいです。

 

その後悔から、歯磨きに過敏になり、いろんなグッズに手を出すようになったんです。

当然外れもいっぱいありましたが。

でも、すごく良くて、それ以来愛用している商品もあります。

 

皆さんがうちと同じようなことにならないよう、ウチの体験とともに、おすすめのデンタルグッズを紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

名医との出会い

まず、そもそも歯医者に行ったのは、歯に軽い痛みがあったので、虫歯になりかけかなーと思ったからなんです。

そこで、歯医者を調べたら、家の近所に名医といわれる歯医者さんがいました。

確かに、いつも混んでいるし、やさしくて丁寧、治療の値段やメリット・デメリットなんかもしっかり説明してくれるいい先生でした。

 

その先生がいうには、痛んだ歯以外も悪くなっているのがあるし、歯石もかなりついているので、このままだと問題。

痛んだ歯だけの治療もできるけど、時間があるなら全部治療する方のをおすすめすると言われました。

確かに20歳超えるまで虫歯になったことのなかった私は、歯に無頓着で放っていたし、この先生なら信用できると思ったので、全部治療するのをお願いしました。

でも、まさか歯石を全部とるのに、2か月もかかるとは思いませんでしたけど^^

 

20万の衝撃

その歯医者に何度か通っているうちに、かなり気に入った私は、妻にも勧めました。

そして、妻も通うことに。

 

基本的には妻も同じような状態だったんですが。

妻の場合、結構進んだ虫歯がみつかったんです。

しかも、銀歯とかで治療したら、しゃべるたびに銀歯が見える位置に。

 

女性だし、位置が位置なので、高額になるけどセラミックはどう?と、本格的な治療がはじまる前に聞いてくれたようです。

即決は求めず、だいたいの金額の概算を作ってくれたので、家族会議。

2つあったので、金額は15万円以上に。

ハイブリッドの方のセラミックの話もしてくれましたが、デメリットも考えたら、オールの方、一択かなと。

数年で色が黄ばんできたりするのなら、結局意味がなくなりますから。

なので、セラミックにすることに!

 

ちなみに、私の治療のときもセラミックを一応聞いてくれましたが、「いらないよねー?」「ですねー」で終了^^

こういうところ大好きです。

 

まぁ、そんな感じで一気に治療費がかさんで。

二人でトータル22万強・・・

計算したくなかったので終わるまで見ないようにしていましたが、全部終わって計算した時の衝撃はものすごかったですね。

おおぉ、2人で沖縄旅行いけんじゃん・・・

 

歯磨きの根本改善

というわけで、2人ともに、二度とこんなことが起こらないようにしようと改心しました。

そうしたら、こんな5か条がいつの間にか出来上がってました。

  1. 食事ごとの歯磨きの徹底!
  2. 指導された歯磨きの仕方を続ける!
  3. 歯間もしっかり!
  4. 3分以上磨く!
  5. デンタルグッズにもこだわる!

 

おすすめのデンタルグッズ

そんな中、いろんなデンタルグッズに手を出しました。

妻なんて一時期歯ブラシマニアみたいになってましたら。

新作チェック、歯ブラシコーナーで必ず立ち止まる、違いをスラスラいう。

こんなことが当たり前になってました。

 

でも、多くのグッズに手を出してると、本当に外れがあるんですよ!

1回で使うのをやめたのとかもありますから。

逆に大当たりのもあるんです。

それらを今からご紹介します。

 

歯ブラシ

まず、言っておきたいのが、歯ブラシは電動ではなく、手動がおすすめということ!

上手く使うのに意外と後述のコツがいりますし。

 

なにより、奥歯の側面が磨きにくいのが多いです。

 

ですので、おすすめは手動。

その際におすすめなのが、この2つです。

でも、後者にであってから、さらにびびりましたね。

私は強く磨く癖があって、なんとかしなきゃなーと思っていたんですが、これだとそんな心配いらないんですよ。

非常に柔らかいので、無理なく磨けるんです。

これはありがたい。

 

ですので、強く磨く癖がある人は後者

そうじゃない人は前者というのがおすすめです。

 

 

電動歯ブラシ

私は手動をおすすめしますが、それでも電動歯ブラシがいいという人はいると思います。

そういう人が電動歯ブラシを選ぶとき、注意して欲しいことがありります。

 

それは、軽さ!

電動歯ブラシで大事なコツは、歯にブラシをあてている最中に動かさないことなんです。

これは慣れるまでに大変ですし、慣れても重さのせいでついつい動いてしまうことも。

これが嫌だったんですよね。

じっとしているのが性にあわないというか。

 

軽さを見た場合、今だとこれなんかがいいんじゃないでしょうか。

60g程度の重さは、かなり軽いです。

それに、何万円もしたりしないので、ためしに使ってみるのにぴったりでしょう。

 

でもまぁ、手動でいける人は手動で行くのがいいとは思いますが^^

 

歯磨き粉

歯磨き粉も色々使いました。

色々こだわった時期もありましたが。

まずは磨くのが大事なので、今はそこまで重視しなくなってきました。

 

大事なのは、嫌いなのを使わないこと。

 

磨く習慣がなくなっていくのが一番怖いですから。

ついこの間、旅先で好みじゃないのを使ったら、なんとなく歯磨きがめんどくさくなりましたし。

なので、長く使えるのが1番という心境になってきましたね。

 

でも、デンタルグッズに興味を持ち始めたときって、こだわっちゃいますよね。

私も、こだわり始めたときって、「絶対1番いいやつを探してやる!」って思いましたから。

なので、とりあえずは人気の組合せのこの2つあたりから始めてみるといいんじゃないでしょうか。

 

歯間関係

テレビのCMでは、歯間も歯ブラシでしっかり洗えるといっていますが。

フロスとかでなれてしまうと、全然物足りません

 

というか、しっかり磨けてるなら、なんでフロスとか売ってるのかと。

それに歯医者さんとかいくと、結構ほめられるんですよ。

歯間ちゃんと磨けてるって。

やっぱり足りてない人の方が多いんですね。

なので、歯間には歯間用のグッズを使うのがおすすめです。

 

しかし、初めてフロスを使ったときは驚きましたね。

歯磨きのあとなのにこんなに汚れがでるんだと。

あんまり意識したことがなかったので、歯間がまだ汚れていたことに気づいてませんでしたが、それ以来気になるようになってしまいました。

 

でも、フロスって、奥歯あたりが使いづらいんですよね。

なので、すぐに歯間ブラシにチェンジしました。

フロスよりもさらに磨きやすいし、いろんなサイズがあって便利です。

個人的には、こういったL字型のタイプがオススメ。

まっすぐだと、フロスよりはマシだとはいえ、まだ奥歯が磨きにくくて、曲げたり工夫しながら使ってましたが。

結構折れるんですよね。

その点、このタイプなら奥歯が磨きやすくていいですね。

ただ、正面を磨くときとと、奥歯を磨くときで手の持ち方を変えたりするので、流れ作業になるまで多少めんどくさかったです。

でも、奥歯が磨きやすいことに比べると、贅沢な悩みですが^^

 

 

終わりに

おすすめのデンタルグッズについて書いてきました。

熱くなってしまう分野なので、案の定長くなってしまいましたが(笑)

でも、どれもおすすめの商品ばかりなので、試してみてください。

 

やっぱり歯は大事ですからね!

 

急いで近くの歯医者を探せるアプリ「いまスグ歯医者」

急いで近くの歯医者を探せるアプリ「いまスグ歯医者」
 
無料
posted with アプリーチ