【ユーロ2016】フランスとルーマニアの開幕戦の結果と感想!パイェ無双

football-1428772_640

ユーロ2016がついに開幕しました!

開幕戦は、開催国のフランスとルーマニアの試合です。

優勝は難しそうと事前予想(ユーロ2016の組合せが決定!一足早い優勝予想。フランスは厳しい)したフランスがどのような試合をするのか。

非常に気になった試合。

その感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

ユーロ2016開幕戦!フランスVSルーマニア戦の感想

点の入らない序盤

フランスとルーマニアの力関係を考えた場合、フランスが試合を支配し、ルーマニアが防戦しつつ一発を狙う。

そんな試合になるかなと考えていました。

そのため、最初のチャンスもフランスかなと。

 

しかし、予想を裏切り、決定的なの作ったのはルーマニア。

これは決まったかと思うようなシーンでしたが、ロリスの腕一本でかき出したといったプレーのおかげでたすかりましたが。

そして、次のシーンも危なっかしいプレーで、決まってもおかしくなかったですね。

これは、調子がよくないかもと思っていました。

 

でも、パイェが雰囲気を変えましたね。

あのドリブルからのループパスはやばい。

「うぉっ!」とか叫んじゃいましたから^^

こっからフランスが優勢になって言った感じがします。

 

ルーマニアの守備で気になったのが、サイドの守備。

人はいるんですが、簡単に裏抜けされるし、サイドから中央へのスルーパスも通りすぎていたように思うんですよね。

裏抜けされてピンチを作ったシーンでは、グリーズマンのミスでなんとかなりましたが。

でも、決まってもおかしくないクラスのシーンは作られていますから。

 

そのグリーズマンは、ちょっと得点のニオイがしませんでしたね。

事前にした得点王予想通り(ユーロ2016の得点王を予想!レヴァンドフスキではない気がする)、グリーズマンの得点王はきつそう。

 

ただ、途中まで、グリーズマンに限らず、フランス全体から得点のニオイがしなかったんですよね。

シュートまではすごくいい。

コーナーからだってシュートまではいけてる。

でも、最後の最後が決まらない。

これだと、いつかルーマニアの1発に決まるんじゃないかと思ってました。

決めるところで決めないと、いつのまにか敵に点をいれらるというのはよくあることですから。

 

ときおりルーマニアがすごく良いプレーを見せてくるのも、思いを強くしてきます。

特に、ルーマニアの10番が、19番に山なりのボールを送り。

19番がアクロバティックなプレーをしたシーンは、非常に美しかったです。

ただ、もったいないことに、そこまでして外してしまったんですけど。

でも、少しずれていたりしたら、1点もののシーンでしたから。

こんなのが続いたら、いつかフランスの方が、ゴールをこじ開けられてします。

そう思ってたんですけどね。

 

ジルーのゴールからゲームは動く

そんな風に思っていたら、パイェのクロスからジルーがゴール!

GKとぶつかりながらも決めてきました。

ベンゼマがいないユーロ2016では、ジルーは点を決めるのも身体をはるのもしなければいけませんが。

それを見事にやってくれましたね^^

これで、いっきに楽になっていくでしょう。

実際その後、フランスは攻める攻める。

 

ところが、そんな押せ押せムードの中、エブラがルーマニアの10番倒してしまいます。

そして、PK。

正直、このPK判定は結構きびしいような気がしましたが。

そして、これを決められ、1-1に戻ってしまいます。

 

またもやパイェ

押せ押せのときの失点は、結構響いて、そのままゲームが終わってしまうなんてこともあるんですけど。

フランスを救ったのは、またもやパイェ。

めちゃくちゃ難しいゴールです。

結構距離のあるところで、4人に囲まれながら、ズドンですから。

多分、後、0.5秒遅かったらクリアされてました。

 

パイェは、そんなに詳しくは知らない選手でした。

多分2015-2016シーズンに、数回プレーをみた程度だと思うんです。

そのときもいい選手だと思うけど、超トッププレイヤーとまではいえないかなーという感想だったんですが。

まさか、こんな大舞台でこんな活躍をするとは!

 

フランスの攻撃のエンジンを入れたのも。

一点目のアシストも。

そして、フランスに勝利をもたらすスーパープレイを決めたのもパイェでしたからね。

パイェがいないとかなりやばい、無双状態でした。

 

そりゃこんなプレーを、自国開催のユーロの初戦でしたら、泣きますよね^^

感極まっているのが、伝わってきましたから。

 

2-1でフランスの勝利

そして、スコアはそのまま。

ユーロ2016の開幕戦はフランスが2-1で勝利。

終わってみれば、順当な結果でしたね。

 

終わりに

ユーロ2016開幕戦!フランスVSルーマニア戦の試合結果と感想を書いてきました。

この試合の主役は、間違いなくパイェでしたね。

ただ、最初にルーマニアが作り出したチャンス。

10番と19番との美しい連携からのシュート。

このどちらかが決まっていたら、ルーマニアの勝利となってもおかしくありませんでした。

なので、まだまだ安心していいわけではありません。

ドイツやスペインと戦うには、ディフェンスも完璧とはいえませんでしたし、攻撃の精度はまだ足りません。

フランスは、優勝するつもりなら、まだまだプレーの質を上げていかないと。

でもまぁ、難しい初戦できっちり白星をあげれましたし、まずはおめでとうですね。

※優勝はポルトガルに決定しました

⇒⇒【ユーロ2016】決勝の結果と感想&大会を通して印象に残ったこと

 

グループリーグ終了時の感想はこちら

【ユーロ2016】予想外続出のグループリーグの結果と感想!目を引いた選手も