【全仏2016・5日目の感想】奈良くるみの結果&スペイン人は今日も凄かった

tennis-614184_640

全仏オープンの5日目が終了しました。

波乱は多少ありましたが、そこまでではありませんでしたが。

3日目に続いて、スペイン人の凄さがでていた5日目でした。

では、そんな5日目の試合結果の感想について書いていきます。

 

スポンサーリンク

全仏オープン5日目の試合結果の感想

全仏オープン5日目の男子の結果

まずは、今日も波乱は少なめでした。

ジョアン・ソウザがエルネスツ・ガルビスにストレート負け。

バーナード・トミックがボルナ・コリッチに負け。

これぐらいですかね。

 

また、今日もスペイン人の凄さを見せ付けられた1日でした。

ナダル、フェレールをはじめ、スペイン人が8人登場しましたが。

そのうち6人が勝利しています。

しかも、破れた1人の相手は、格上のドミニク・ティエム。

ストレート負けでしたが、各セットとも一方的ではなかったし。

第三セットは7-5までいっているので、健闘していますからね。

 

他に、5日目で気になったのはツォンガがフルセットまでいったこと。

しかも、7-5ありのなので、かなり厳しいところまで追い詰められてますね。

まぁ、第4、第5は両方とも6-2なので、エンジンのかかりが遅かっただけともいえますが。

でも、エンジンのかかりがもう少し遅かったら負けてましたからね。

 

全仏オープン5日目の女子の結果

奈良くるみが格上のイバノビッチに挑みましたが。

ストレートで負けてしまい、残念な結果になりました。

第2セットは一方的になっていますが、第1セット7-5に持っていけているので、今後の状況次第では、もっと上を目指せるかもしれません。

がんばって欲しいですね。

 

しかし、ウィリアムズ姉妹はどうなってるんでしょう。

両方ともストレート勝ちは、わかるんです。

この段階だと、一方的になるのも。

でも、スコアが、どっちも、6-2、6-1で同じって!

なかなか見ないので、見間違えしたのかと思いました^^

 

全仏オープン6日目の注目試合

全仏オープン6日目は、ラオニッチ、マレー、錦織、ワウリンカの試合は注目ですね。

そして、そろそろ3回戦ですから。

マレーVSイボ・カロボッチ。

ガスケVSニック・キリオス。

ジル・シモンVSビクトル・トロイツキ。

ワウリンカVSジェレミー・ジャルディー。

こういったトップ30以内同士の試合が始まってきます。

優勝を狙う選手は、そろそろ本格的にギアを上げてくる時期なので。

ある意味、全仏の本当の始まりになってくるでしょう。

特に、ここまでエンジンのかかりがあまり良くなかった、マレー、ワウリンカはあたりはかなり注目ですね。

 

後、6日目もスペイン人が格上に挑むという試合がありますね。

アルベルト・ラモスがジャック・ソックに挑む試合は、気楽にがんばれと応援できますが。

フェルナンド・ベルダスコの方の相手は、錦織ですからね。

こっちは、波乱が起きないように思っちゃいますね^^

 

後、大坂なおみの試合も楽しみ。

シオナ・ハレプという1桁順位の完全な格上が相手ですから。

どうなることやら。

 

終わりに

全仏オープン2016の5日目の試合結果の感想などを書いてきました。

奈良くるみは残念でしたね。

まぁ、さすがに楽に越えられる壁ではないですし、仕方がないといえば仕方がないのですが。

でも、この経験を次回にいかして欲しいものです。

※6日目、錦織の3回戦の感想はこちら

【全仏2016】錦織の激闘の3回戦VSベルダスコの感想【6日目】