【全仏2016】錦織の激闘の3回戦VSベルダスコの感想【6日目】

 今回は、全仏オープン2016の6日目、錦織の3回戦の感想を書いていきます。

3回戦の相手は、ベルダスコ戦。

今回は、クズネツォフ戦とはうって変わって、後半戦からが非常に熱かったですね。

 

スポンサーリンク

神がかっていた第4セット

1、2セットに関しては、錦織が力が上。

正直、そのまま行くかと思ったんですけど。

まさか、第3セットから一気に相手にペースを奪われてしまいました。

 

でも、本格的にやばくなったのは、第4セットの1-2のドロップショットから。

このショットには、しびれたましたね。

あまりに冷静で、かつ効果的で。

 

それからのベルダスコが神がかっていました。

特に直近の2ゲームは、もうやばいレベル。

錦織は、サーブで負けて。

それを乗り切っても、強烈なフォア。

たまにスライスやドロップなんかあって。

しかも、どれも決められてしまうような玉ばかり。

本当どうしろと。

錦織はキープも簡単じゃなくなってきていますからね。

なんとか6ゲーム目でキープできましたが。

 

けど、第4セットとるには最後のチャンスの7ゲーム目。

そこで、長い長いデュースになって、正直錦織にもチャンスはあったのに。

結局は、最後にサーブ2本で強引に決められてしまいました。

そして、最後にまたブレイクされて、第4セットもとられてしまいます。

 

正直、第4セットは、ベルダスコが神がかっていて、もうどうしようもなかったですね。

 

盛り返したファイナルセット

でも、ファイナルセットは、すこしずつ盛り返してきました。

バックハンドでの攻めが充実してきたし。

やっとファーストサーブがましになってきましたから。

 

おかげで、キープはしやすくなって。

さらに、ブレイクのチャンスは何度もできてきます。

サーブや強烈なフォアで、なかなかブレイクさせてくれませんが。

5ゲーム目でついにブレイク!

 

ここからは、錦織は、ベルダスコを完全に上回ってきました。

あんだけとれなかったフォアがとれるようになった上。

バックハンドがさえわたってきましたから。

6ゲーム目のドロップショットみたいなシビレるプレーもでてきましたし。

あの劣勢はどこにいったんだという感じです^^

 

そして、試合はそのまま終わり。

錦織は、ファイナルセットをものにして、3回戦突破です。

 

終わりに

全仏オープン2016の6日目、錦織の3回戦、ベルダスコ戦の感想を書いてきました。

いやー、長い激戦でした。

しかし、本当にファーストサーブが入りませんでしたね。

とりあえず、ダブルフォルトはもう少し減らさないと、ここからは厳しいでしょう。

それと、やっぱり、錦織はバックハンドで流れを引き寄せますね。

今回も苦しいときは、バックハンドでしたから。

後、今回の試合は、ドロップショットが、本当に影響してきた面白かった!

好きなんですよ、ドロップショット^^

 

でも、とりあえず、3回戦突破で、次はとうとう4回戦。

本格的に苦しい相手が始まってくるので、次もがんばって欲しいですね。

※7日目の感想などはこちらをどうぞ

【全仏2016】ナダル、ツォンガなど波乱の多い7日目の感想

※錦織4回戦はこちら

【全仏2016】錦織4回戦VSガスケの試合結果と感想【8日目】