【全仏2016】錦織4回戦VSガスケの試合結果と感想【8日目】

tennis-court-443278_640

 今回は、全仏オープン2016の8日目、錦織の4回戦の感想を書いていきます。

4回戦の相手は、ガスケ戦。

どうしてもまだ錦織が勝ちきれるイメージをもっていないガスケとの試合ですから、ベルダスコ戦同様、相当激しい試合になるかと思ったんですが。

でも、その予想は正しくなかったみたいで、結構あっさり終わってしまいました。

 

スポンサーリンク

錦織4回戦の中断前

中断前は、正直錦織のストレート勝ちもありえるかなと思っていました。

 

いきなりガスケがブレイク しますが。

錦織もブレイクバック。

さらに、第1セットの6ゲーム目で錦織がブレイク。

ガスケの高い球&コートを広く使ってくるのは結構うっとうしいですが。

錦織は我慢して丁寧にいくことで、すぐに対応していきます。

ドロップで引きずり出そうとそうとしたのは、後々もきいてきそうだし。

ストレートで流れを変えるのもあり。

錦織は、ガスケの攻略法でも身につけてから試合に臨んだのかと思うぐらい、淡々とやることをやっていけば錦織が勝ちそうだなと思ったんです。

 

錦織4回戦の中断後

でも、雨による中断で試合は一変。

ガスケの球にさらにスピンがかかって、高い球になる。

これにまた手こずっていき、フォアでのミスが増えてきました。

 

錦織が、やらなければならないことは変わらないはずで。

ていねいにラリーにつきあいつつ、ストレートやドロップでタイミングをずらしていく。

まだ、前にでることはできないけど、それができるようになってくるようになるまで。

そして、そうなったら攻めを増やしていく。

これだけのはずなんですが。

 

でも、それができなくて、ゲームをとられ続けます。

そして、それが攻めを早くしようという意識が生まれてしまい、さらに裏目に。

中断は完全にガスケに有利だったみたいですね。

ドロップとかはあいかわらず有効なんでしけどね。

でも、第1セット終盤からガスケのドロップも良くなってきたし。

逆に、きいていたストレートが全然きまらなくなってきました。

もっと、我慢しないといけないのに、それができずに、攻撃欲が先走りすぎてる 自分から袋小路にいっている感じでしょうか。

 

そして、そのまま第2セットもとられてしまいます。

ただ、第3セットはいい試合に。

やっぱり積極的なミスが多いですが。

でも、ねばりがでてきて、徐々にきいてきています。

そして、それが良かったのか、プレーのテンポまでよくなってきて。

あんなにミスが多かった、ストレートもやっとはいってくるようになったんです。

そして、第3セットも奪取!

これからだと思ったんですけど・・・

 

でも、第4セットになってくると、またミスがでてきました。

集中力でも途切れたのか思うほど、第3セットからの落差が激しい。

また、攻撃にいこういこうとしているのがよくないですね。

たまに攻めの姿勢がよい球がいくことはあるんだけど、トータルだと明らかにマイナスですから。

そして、結局それが修正できないまま終戦です。

 

終わりに

全仏オープン2016の錦織4回戦VSガスケの感想を書いてきました。

錦織は残念でしたね。

でも、ファーストサーブが入らないし。

ギアのかかりが遅いし。

メンタルの切り替えが上手くいっていないところもあったし。

今回の全仏オープンは、負けるべくして負けたのかもしれませんね。

 

ただ、ラオニッチがまさかのストレート負けをくらったり、何があるのかわからないのがこういった大会ですし。

次の全英、ウィンブルドンに切り替えていって欲しいですね。

 

しかし、チリッチに続いて、ラオニッチまで負けたとなると。

ワウリンカは比較的楽にマレー戦に望めそうですね。

ジョコビッチVSマレーの決勝ではなく、ジョコビッチVSワウリンカなんて決勝もありえるのかも。

【全仏2016】ベスト8までの事前予想の答えあわせとこれから

 

※錦織の全仏でのプレーを振り返ってみました

【錦織圭】決勝を前に全仏2016でのプレーの感想を書いてみる