ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 第1話の感想!相変わらずの壮大さ

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン6の感想

今回は海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン6、第1話の感想を書いていきます。

現在、ウォーキングデッドと人気を二分している感のある。

ゲーム・オブ・スローンズ。

超大作映画のような壮大なスケールと映像。

また、無名だったのが信じられない俳優の抜擢など。

これまでのファンタジー物や歴史物の海外ドラマとも一線を画する存在になってます。

 

そんなシーズン6は、以前も放送されていたのですが。

最初の2話ほど忙しくてみることができず。

もう後で一気に見ようと思って、スルーしていたんです^^

でも、今回Huluでの配信が行われたので、さっそく見てみることにしました。

 

そんなゲーム・オブ・スローンズのシーズン6第1話の感想を始めたいと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

 

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン6第1話の感想

相変わらずの映像の壮大さ

いや、この映像は相変わらず壮大で最高で。

他のどの海外ドラマでも真似できないレベルですね。

サンサが追われていた雪山の過酷さ。

ドーランの城の色の多彩さ。

デナーリスが連れられいる遊牧民の移動。

どれをとっても、一昔前なら、これをテレビでやるといわれても信じなかったでしょうね。

最近は、ウェイワードパインズなど規模の大きい海外ドラマも流行ってはいますが。

それでも別格です。

 

特に、デナーリスと一緒にいた遊牧民は、どれぐらいの規模で撮影されたんでしょ。

ぱっと見、数百人はいる感じでしたけど。

ある程度CGとかを使っているのかもしれませんが。

それでも近距離で映っていた人間は、少なくとも数十人はいましたし。

その人数を、草原までつれていって撮影って。

凄まじいですね。

 

後、壮大さと言えば、群像劇ですから。

あちこちで、いろんな人を巻き込んだ物語が展開されていて、ストーリーの壮大さも感じられましたね。

特に、シーズンが新たに始まる第1話なので。

かなり詰め込んだ感がありました。

人を覚えるのが苦手な私には、ちょっとつらいところ^^

まだ明るい所ならいいんですけどね。

ダヴォスのところみたいに、真っ暗だと。

ちょっと・・・

 

リアルさがいい

ゲーム・オブー・スローンズの魅力の1つにリアルさがあるというのもありますよね。

今回で言えば、サンサを颯爽と助けにきたブライエニーが、2人目の敵にあっさり落馬させられ。

そして、苦戦するところとか。

敵はモブではあるとはいえ、重要任務についている人物ですから。

弱いわけがないんですよね。

いくら主要人物の1人とは言え、あっさり倒せるわけがないんですが。

こういうところにこだわってくれているのは、素晴らしい。

 

後、ドーンからミサセラを連れ戻しに行って戻ってきた船の上にミサセラがいなく。

また、ジェイミーの顔を見て。

船が到着するよりも前にすべてを察したサーセイとか。

こういう場面では、船が到着し、言葉にするまで何も察しないという作品もありますが。

実際には、言葉にするまでもなくわかりますからね。

すごい小さいところですが、リアルさにこだわっているのが伝わってきますね。

 

ちなみに、ミサセラがダメだったのを察し、船が着くよりも前になんとも言えない表情になっっているサーセイの表情は一見の価値があると思うんです。

顔を見ているだけで、サーセイの感情が伝わってきて。

素晴らしすぎる演技ですから。

 

デナーリスの受難は続く

遊牧民に拘束され、一緒に連れられているデナーリス。

馬に乗せてもらえたりせず、地面を歩いての長距離移動で。

かなりボロボロだし、かつ汚れています。

せっかくの美貌なのに。

 

目的地に着いてからは、自分がカール・ドロゴの妻だったということで。

遊牧民たちより優位に立つことはできますが。

デナーリスの受難は終わっていないようで。

王の妻が歴代行くところがあって。

これから生涯、そこで暮らしていくことを強いられそうなんです。

 

もしそんな生活をしたらデナーリスの志しは達成できないことは間違いないですし。

姑みたいな人が大勢いるところに、最も若い人材として行くというのもかなり気の滅入る話ですから。

連れ戻しそうとしているグループ、早く来て!状態になってますね。

まぁ、戻っても、民はデナーリスが裏切ったと思っているので。

新たな問題に直面することにはなりそうですけど。

 

なんというか、デナーリスは、前に行っても受難、後ろに行っても受難となっちゃってますね。

 

終わりに

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン6第1話の感想を書いてきました。

やっぱり壮大さは、ピカイチの海外ドラマですね。

別格感がすごい。

そして、今後がまた期待できる出来で。

一気に見てしまいそうです^^

特に、ダヴォスやサンサのあたりは、すぐにでも物語が進んでいきそうで。

目が離せません。

以上、ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 第1話の感想!相変わらずの壮大さ、でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もありますので、ご注意を。

Hulu

 

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 第2話の感想に進む