JINSのブルーカットメガネ(HEAVY USE)を1ヶ月試してみた感想とタイプ別のオススメ

cat-984097_640

私はJINSで以前メガネを作ってもらってました。

そのときに、ブルーカットメガネのJINS Screen、その中でもHEAVY USEも購入していました。

今回は、JINS ScreenのHEAVY USEを1ヶ月使った感想。

ならびに、どういったタイプにオススメできるかなどを書いていきます。

 

スポンサーリンク

JINS ScreenのHEAVY USEを1ヶ月使った感想

まず普段のメガネと同じように使えるかですが。

これはできません。

人によっては気にならないかもしれませんが、HEAVY USEの場合、ちょっとレンズに色がついています。

なので、少しサングラスのような感じになり、普通のメガネと比べると視界が暗くなります。

外にいるときはそんなに感じませんが。

でも、室内だと結構違和感を覚えます。

 

けど、そのおかげでPC操作のときは快適なんですよね。

慣れるまで多少時間が必要でしたけど。

慣れてからは、普段ずっとメガネをかけっぱなしで、使い分けとか交換とかめんどくさいと思っている私が、PC作業にはいるときは無意識に交換しているぐらい。

これには自分自身驚いています。

 

また、思わぬ効果だったのが、デスクライト下での作業も楽になったこと。

私は、デスクライトをつけて作業しているのですが、これも気付かないうちに目に負担をかけていたようなんです。

ブルーライトカットの効果というより、レンズにカラーが入った恩恵ではありますが。

でも、これがなにげにうれしい。

 

ただ、1つだけ注意があります。

JINS ScreenのHEAVY USEを、ずっとつけ続けるメガネとするしない方が無難だということ。

メガネにカラーが入っていますからね。

私が相手側なら、この程度のカラーがレンズに入っていたとしても、気にしないとは思います。

でも、自分がつける側に立つと、ひょっとしたら気にする人かもしれないと思うと、外につけていく気にはなれません。

なので、外に行くときには、普通のレンズのメガネに交換しています。

でもまぁ、PC作業用のレンズだし、これが正しい使い方なんでしょうけど。

私みたいにズボラな人間は、ついつい1本で使えたらなと思ってしまいます^^

 

JINS Screenのタイプ別オススメ

そんなJINS Screenですが、HEAVY USEを含めて3種類があります。

HEAVY USEを1ヶ月使った感触からいって、どれがどういうタイプの人に向いているかを書いていこうと思います。

NIGHT USE(60%)

これが一番わかりやすいので、NIGHT USEからいきますと。

普段PC作業などはそれほどしないけど、寝スマホはする。

そんな人にオススメですね。

寝ると時用のレンズですから、当然ですね。

 

DAILY USE(25%)

DAILY USEは、最もカット率が低いレンズです。

なので、普段PC作業は多少するけど、向かいっぱなしといういわけではない人。

スマホを日常的に使う程度の人にオススメですね。

 

また、見る限りレンズにカラーが入っていないか、あるいはカラーを感じないレンズでした。

そのため、メガネをつけっぱなしで生活していて、これをつけて外に行ったり、人に会ったりしたい人にもオススメです。

カラーの有無って、やっぱり印象が違いますから。

後、めんどくさがりの人や、うっかりの多い人にとって、メガネの交換しないですむって結構大きいですしね。

本当、慣れるまで、何度そのまま外に行ったことか・・・

 

HEAVY USE(38%)

PCに向かいっぱなしという人にオススメ。

後、交換が苦ではない人、メガネは作業中にしか使わない人にもオススメ。

NIGHT USEと違い、レンズにカラーがついているのに、普段使い用ですから。

そのまま外に行くのは何とか避けたいところ。

まあ、結構めんどくさがりな私が慣れたら無意識に交換できるようになったので、慣れれば話はべつですけどね。

 

終わりに

JINS ScreenのHEAVY USEを1ヶ月試してみた感想と、タイプ別のオススメを書いてきました。

最初は気に入るかなとか思っていましたが、意外に気に入って重宝しています。

個人的にかなりのヒットです。

現在は、JINSのカラーつきレンズと相性がいいのかもと思い、夏のドライブのために車用にサングラスもつくろうかなーとか思ってます。

今のメガネにつけるタイプのサングラス、かなりダサいですからねー。

JINS公式通販ショップ

 

関連記事