【2017】最新・定番のオススメ・注目の花粉症対策グッズをご紹介

定番・最新のオススメ・注目の花粉症グッズ

今回は、ひたすら憎い、あんちきしょうな花粉症対策グッズについて。

最新・定番のものの中から、オススメしたい&注目しているものをご紹介していこうと思います。

 

私が、花粉症を発症したのは、小学校高学年の頃。

もう顔からいろんな体液がでまくって、難儀したもんです。

そろそろ女の子のことなんかも意識し始めるころなのに。

ボタボタボタって感じで出まくるわけですから^^

しかも、一過性のものじゃなくて、ずっとついてまわってくるんですから

花粉全てを憎く思っても仕方がないですよね!

 

厳密にいえば、スギではなく、イネ花粉タイプなので。

多くの方よりも、少し後に発症するんですが。

花粉症の文字が出始めると、もはやそわそわしてしまう習慣がついてしまいました^^

そして、新しい商品のチェックなどもしてしまうわけです。

 

そんな中で、実際に使ったものや。

今年注目している花粉症グッズをご紹介していこうというのが、今回の記事。

出来る限り、チェックして良さそうと思ったグッズを、多くの花粉症で苦しんでいる方々と共有して

少しでも、楽になった方が現れたらいいなと思いまして。

特に、2017年の花粉量は、2016年の2倍だとか4倍だとかふざけた情報もでていますし。

 

では、さっそくはじめていきましょうか。

ちなみに、下記ではアレジオン・アレグラ系のは、含めていません。

あれは、「本気でヤバい!」ってとき以外は使用を我慢していて。

日常的には使用してませんので^^

最新・定番のオススメ・注目の花粉症対策グッズ

アレルシャット ウィルス花粉

イオンの力でウィルス・花粉をブロックするという「アレルシャット ウィルス花粉」。

顔全体をイオンが覆ってくれる感じみたいですね。

イオンと花粉の闘いは小さすぎて、見えないので全貌はつかめませんが^^

でも、マスクの+αとして使うのにオススメ。

どういうことかというと、花粉症がひどい時には、マスクしてても、まだ全然安心できませんよね。

そういうときって、普段だったら気にならない、マスクの隙間とかが気になって仕方がない。

でも、どんなマスクでも、ある程度隙間はなくせますが、全部なくすなんて不可能。

だったら、マスクに隙間ができることを前提として、準備してやろう。

そういう思いで使うんです。

 

ちなみに、「アレルシャット ウィルス花粉」をお子さんが使っても大丈夫なんじゃないかなー、と思うんですけど。

お子さんにも使うことに、心配でしたら「こどもとつかえるみえないガード」の方がいいかもしれませんね。

こどもとつかえることを売りにしている商品ですので。

 

マスク

続いて、マスク。

これも花粉症の時は必需品ですよね。

これはかなり個人差が出てくると思いますが。

私は結構すっとするタイプのマスクをオススメしています。

鼻がすーっとする香りって、鼻が詰まっているときはありがたいですからね^^

 

でも、それと同時に、ひどくなりすぎて。

もう鼻ものどもカサカサとか、痛くなってくるときってあると思います。

そういう時には、加湿してくれるのって楽。

まぁ、鼻水が出まくって、水分はもういらないというときもあるんですけど。

でも、ノドがまずいなーって時なんかは、いいですね。

これも、無香タイプもありますが。

私の好みはやっぱりすっとする香りつきです^^

 

後、家族が風邪をひいたとき、耳を引っ張られるのがしんどいというので。

紐がついてないのを使ってみました。

紐がないので、結構いいみたいですね。

同じく紐がない方がいいという方は、試してみたらいいかもしれません。

ただ、どうも粘着がそんなに強くないみたいで。

何度もはがすというのには向いてなさそうなんですよね。

だから、新幹線や車で長時間移動するとか、事務所で仕事するときとか。

あまり人と会わず、はがしたりする必要がない時だけに絞った方がいいんじゃないかなーとは思います。

 

ハナラック

マスクとしては、もう一つ。

ノーズマスクというやつですね。

おそらくつけたことがない人は、痛そうとか恥ずかしいとか思うかもしれませんが。

意外と柔らかくて痛くないですし。

使っている人を見たときには、マジマジと見ない限りわからないもんなんです。

私は、めんどくさがりなので、ぱっとつけてぱっと出れる普通のマスクの方を愛用していますが。

(コンタクト使わず、メガネつかってるぐらいですし^^)

でも、そんなに手間がかかるわけでもないですし。

また、鼻は楽なのは間違いないので。

まだ利用したことない人は、最初は恥ずかしいと思いますが。

一度試してみるといいですよ。

特に、女性なんかは、普通のマスクを使うと、化粧が崩れたりすることもあるでしょうしね。

 

パール 超強力 くもり止め

メガネユーザーにしかわからない。

普通のマスク=メガネが曇るという悩み。

かつて、「だったら、そのときだけコンタクトにしたらいいのに」といわれブチギレそうになりました。

 

目が痛くて、コンタクトなんてつけてられねぇよ!

 

と^^

コンタクトをつけようとしたときでさえ、この時期は絶対に外していたのに。

わざわざ花粉症のときだけ、コンタクトつけるとか意味がわかんない。

なので、どうしてもメガネのくもり止めが欲しい!

というわけで、つけているんです。

かなり強力なので、オススメです。

 

JINS 花粉CUT SLIM

早い話が目のマスクみたいなものですね。

ゾフとかにもあるらしいのですが。

私はJINSのメガネを使っているので、こちらしかわかりません。

JINSのブルーカットメガネ(HEAVY USE)を1ヶ月試してみた感想とタイプ別のオススメ

2016.06.06

通勤・通学とかの、知り合いに会わない時間とか。

究極、大事なお客様や合コンの時以外は、これでいくのが楽でしょうね。

メガネユーザーも、普段はコンタクト派の人にもおすすめ。

ただ、くもりにそこまで強くない感じなので。

くもり止めはセットで利用した方がいいかもしれません。

メガネを作ることなので、詳しくはこちらの公式HPでどうぞ。

JINS公式通販ショップ

 

アルガード目すっきり洗眼薬α

どんなに準備をしても、どこかしらから入ってくるのが花粉ってやつ。

一度入ってきたら、目球とか外して洗いまくりたくなってしまいます。

なので、防ぐ準備の後は、それでも入ってきたものをなんとかする準備が大事。

目に関しては、洗眼薬が好みです。

そして、この「アルガード 目スッキリ洗眼薬α」は、爽快感もさることながら。

カップが使いやすくて、好み。

ただでさえ、イライラしているときに、使えないカップのやつを買ってしまい。

ストレスをさらにアップなんてしたくないので。

結構、大事なポイントにしています。

 

ふきとりアイコットン

でも、洗眼薬が苦手だという人には、こちらの方がオススメ。

目が洗えるわけではないですが。

せめて目の周りを清潔にして、すっきりするという利用ができます。

花粉症の時期って、どうしても目の周りが汚くなりがちなので。

清潔にしてスッキリしたいですからね。

 

ドライノーズスプレー

今度は、鼻の方。

鼻を洗浄してくれるものですね。

鼻うがいも家とかだとやっていますが。

外だと、さすがにそれはね^^

なので、こういう形態できて、使いたいときにしゅっとできるのは、非常に重宝できます。

目のかゆみも大概つらいですけど。

それ以上に、鼻詰まりのイライラは、とんでもないレベルでストレスになりますもんね。

 

のど飴

花粉症は意外とノドがカサカサする!

花粉症じゃない人に、イマイチわかってもらえない現象ですが。

これで悩んでいる人が決道います。

家で対応するなら、今ならマヌカハニーがいいんでしょうね。

ノドを潤すことで人気ですし。

一時期の全く手に入らない状態から抜けた出した感はありますから。

でも、外ではそうはいかないので。

そういうときは、ノドを潤すにはのど飴に限ります。

携帯性抜群。

いろんな味がある。

のどヌールスプレーとかが染みるって状態でも、安心して食べることができますから。

 

そして、最近のオススメは、この「キシリクリスタル プレミアムミント」です。

「キシリクリスタル」シリーズは、(当たりは)美味しいんですけど。

ちょっとだけクドくて、ずっと舐めるのには向いてないと思うんです。

1日1,2個舐めるのには、最高なんですけどね、ブドウ味とか。

でも、「キシリクリスタル プレミアムミント」は、瞬間風速的なおいしさにはブドウ味とかに負けますけど。

すっきりしてるし、舐め続けるのにはいいと思うんです。

なにげに、このすっとしているのが、鼻を楽にしてくれますし。

かなりオススメです。

 

花粉じゃばらサプリ

これに関しては、「じゃばらが良い」というのを噂できくので。

かなり注目しているサプリです。

色々調べているときに、たまに見つけて気になっていたんですよね。

でも、手に入りにくかったのであきらめていたのですが。

最近はAmazonとかでもアプリが手に入るようになってきたと聞くので。

どうかなと思っています。

 

空気清浄機

ここまでは、人間の身体に関するグッズでしたが。

ここからは、場所を快適にするもの。

花粉対応の空気清浄機は、ちょっと手放せないですね。

そして、今一番注目しているのが、ダイソンの「ピュア・ホット・アンド・クール・リンク」。

 

PM2.5どころか、PM0.1まで吸い込むパワーがあるとか。

花粉がPM10だと言われていて、PM0.1とかタバコの煙とかレベルなので。

そのパワーがわかりますよね。

 

一応、センサーが作動して自動で動きの強弱をつけてくれるオートモード。

静かさにも配慮したナイトモードがついている上。

外出先でのアプリによる遠隔操作のできる最近はやりの連動型家電だといった売りもあるようですが。

やっぱり、パワーがあるのが一番大事ですよ、花粉対策には。

 

有名メーカーの製品に比べて、さらに1,2万高いですが。

暖房、扇風機機能もあって、1台でマルチに使えるとなるといいかなって思っちゃいますね。

ファンがあって、空気清浄機もあってだと、結構場所とりますしね。

 

ただ、やっぱり高いし、花粉対応だけしてくれたらそれ以上は望まない。

部屋には別のものがあるから、玄関で花粉を落としていくのに使いたい。

そこまで広いスペースで使おうと思っていない。

そういう用途を望んでいるのでしたら、こういうので十分かもしれませんね。

人感センサーもついて、花粉対応で、省スペース。

8畳用のこれが、1万円しないんですから。

PM2.5の量はモニタリングできないですが

PM2.5に対応している機種ですし。

お得です。

 

空気清浄機に関しては、値段が他のグッズに比べて高額になりますし。

ライフスタイルやどこで使用するかなど、しっかり検討してから購入するのがいいでしょうね。

 

網戸用フィルター

個人的に、花粉症の時に、窓をあけるなといいたい!

空気清浄機が動ききるまで、花粉がまってるんですから!

まぁ、そんなことは不可能なわけですけどね^^

 

ただ、窓から入ってくる花粉も馬鹿にできない。

そこで、オススメなのが、網戸にはるシート。

これで、全部の花粉を取り除くことはできません。

最終的に、空気清浄機様にがんばってもらうしかないわけですが^^

 

でも、できる限り花粉なんて入ってきてほしくないんですよ。

なので、最小限にするように張っておくんです。

 

終わりに

というわけで、最新から定番まで、オススメのものや注目している花粉症対策グッズを紹介してきました。

かなり長くなってしまいましたが。

それだけ苦しめられてきたので、情熱がほとばしってしまったものだと思っていただけたら幸いです。

今後も、この記事は良いグッズや、良さそうな話を聞いたグッズなんかを見つけたら更新していく予定です。

ですので、もし「こんなグッズが良かったよ」とか。

「こういう使い方が便利だったよ」とかの情報がありましたら、嬉しいです!

以上、【2017】最新・定番のオススメ・注目の花粉症対策グッズをご紹介、でした。

スポンサーリンク
こちらもよく読まれています