Huluの注目・おすすめ映画・ドラマ等15作品【2016年7月版】

summer-368224_640

とうとう7月に入り、夏に突入していきますね。

なので、Huluの配信もそれを意識した作品が増えてきています。

また、旬の作品も。

そんな2016年7月にHuluで配信される作品の中から、注目している、あるいはオススメの作品をご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

7月のHulu配信のドラマ

死霊のはらわた リターンズ

「死霊のはらわたリターンズ」は1話だけ、6月から配信が始まっている作品。

主人公のアッシュがかなりいい感じの性格になっていますし、懐かしいB級ホラー感が満載で、最近はなかなかお目にかかれない感じになっています。

今後の展開が読めるようで読めないだけに楽しみ。

 

アウトキャスト

「ウォーキングデッド」の原作者によるホラードラマ。

これもすでに6月から配信が始まっています。

ホラードラマですが、あのびっくりさせるのを目的とした演出がされておらず、ホラーが苦手な方でも見れるかも。

ただ、痛いのが苦手な人は、第1話で無理になるかもしれませんが。

 

アメリカン・ホラー・ストーリー・ホテル

gleeのディレクター&監督が作るホラードラマの最新シリーズです。

gleeから入ったのですが、毎回楽しみにしています。

特に今回は、主演がレディ・ガガなので、より妖しい演出がなされるんじゃないかと期待中。

 

ウェイワーズ・パインズ・シーズン2

ウェイワーズ・パインズのシーズン1を初めて知った時には、シーズン2はないとの話だったのに、途中から作るとなって、わけがわからなくなったのを覚えています。

でも、どうやって?とも思っていましたが、あ、主人公が変わるのね。

主人公が変更するのを見たのは初めてではないし、リック(ウォーキングデッド)やバービー(アンダーザドーム)のように、彼が主人公じゃないと!という感じではないので、とりあえず続いてくれてうれしい。

⇒ウェイワードパインズ・シーズン2第1話の感想!ベンが主役じゃないのね

 

CROW’S BLOOD

渡辺麻友さん(AKB48)と宮脇咲良(HKT48)さんのW主演、「SAW2」の監督が監督するホラードラマ。

日本のホラードラマが、また2000年前後あたりまで復興してほしいので、「CROW’S BLOOD」にはかなり期待してます。

まだ予告編を見ただけですが、内容も面白そう。

ホラーは海外ドラマのいいですが、やっぱり日本のもないと寂しいですからね。

 

7月のHulu配信の映画

時をかける少女(アニメ)

アニメ「時をかける少女」の10周年を記念して、7月1日~8月31日までの期間限定で配信されます。

ドラマが土曜9時から放送することで、再度盛り上がりを見せている「時をかける少女」。

個人的には、リリーフランキーの「COVERS」でアシスタントを務める仲里依紗さんが声を当てていたということがわかったことが、それ以上に盛り上げてくれていますが^^

「いきものがたり」が、時をかける少女のカヴァーをした際に、自分が主演したと言っていたんですが。

「あれ?リメイク版の女の子、こんな顔だったかな?」と2週間ぐらい悩んでたんですが、最近やっとアニメの声をやっていたことに気づきました。

夏のアニメといえばこれ!といった作品の1つなので、季節にぴったりですね。

 

ゴジラ特集

話題になったときに記事にもしましたが、懐かしすぎる。

7月29日の「シンゴジラ」の公開に先駆けて、7月1日から毎日1作品ずつ過去のゴジラ28作品が配信されます。

かなり懐かしい作品ばかりでたまりませんね。

 

美空ひばり特集

こちらも記事に書きましたが、こっちは同年代だとあんまり懐かしいと思わないかも^^

でも、祖母とよくみていたので、私は懐かしいんですよね。

もし、同じような経験をしている方がいたら、試してください。

いくつか見ましたが、結構細部は忘れてるもんですよ。

 

マエストロ

漫画が大好きだったんですが、映画化されていることに気づかず、スルーしてしまった作品。

漫画を読んでいた時には、映画化されるほどの人気はなかったので、すっかり別作品なんだと思ってました。

あの音楽への熱さがでているのか楽しみです。

 

アフロ田中

飛行機に乗っているときに放映されていたけど、半分ぐらいで着陸にはいったため、最後まで見られなかった作品。

レンタルするのも負けた気がするので、そのまま来ましたがついに見ようかと!

原作の感じとは少し違うけど、松田翔太のとぼけた感じの演技やおもしろい演出もあって、違った楽しさがあります。

 

殺人魚フライングキラー

「死霊のはらわたリターンズ」などでB級ホラーが面白いと思った人に、オススメ。

「死霊のはらわたリターンズ」どころの騒ぎではない、昔のB級感が味わえます。

変なツボを的確についてきます。

「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」なんかと同じ、ある意味名作といわれるのにふさわしい作品で、最近すこしずつこういった作品にも光があたってきたので、うれしい^^

 

氷室京介のドキュメンタリー「IF YOU WANT」

6月の後半から配信されている、「DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT”PERFECT EDITION」3部作のうちの、1作目「To Turn」に続く第2作目にあたる作品。

1作目が歌やライブに関する思いについてがメインの作品なら。

2作目は「IF YOU WANT」の作成当時の話をひっかかりに、全曲BOOWYの曲で行ったチャリティーライブ「KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME”We Are Bur Never Give Up!!”」。

そしてBOOWYへの今の気持ちが語られています。

BOOWYのころから氷室が好きな方は必見かも。

 

7月のHulu配信のアニメ

十二国記

最初にアニメから入り、次の週がまてずに原作を買って、アニメを放置してしまった作品。

いつか見たいと思っていたから、この機に見ようと思ってます。

どこまでがアニメ化されているのかも気になるし。

かなり壮大な話な上、小説読んだのが結構前なので、絶対忘れてる部分があって、それを思い出せるのが楽しみ。

 

YAWARA

これまた懐かしすぎる作品。

「YAWARA」とか「つよししっかりしなさい」とかは、定期的に見たくなるので、かなりうれしい。

ちょうどオリンピック前なので、女子柔道が楽しめるこの作品はぴったりかも。

女子柔道漫画の最高峰をアニメ化した作品ですからね。

なにげに主題歌も大好きだったので、それも楽しみなんですよね。

 

MONSTER

これも懐かしい作品。

ちょっと前に一挙放送があったみたいだけど、見逃してしまったし。

「十二国記」同様、途中まで見た後に、原作にいってしまったので、アニメは最後まで見てないからすごく楽しみ。

「YAWARA」同様、浦沢作品の最高傑作候補の1つ。

 

終わりに

2016年7月にHuluで配信される、注目している、あるいはおすすめのドラマ・映画等の15作品を紹介してきました。

他にも「海月姫」や「ワンピースFILM Z」、「BORDER」などもあるので、チェックしてみてください。

7月はなかなか大変になりそうです^^

映像が気になりましたらHuluの無料視聴で試してみてください。

ただ、この記事は、記事作成時の情報をもとに作成しております。

掲載が終了している可能性もありますので、以下の公式HPでご確認ください。

Hulu

 

※2016年8月バージョンはこちら

【2016年8月】Huluの注目・オススメ映画・海外ドラマ等をご紹介

2016.07.29