氷室京介のHulu配信のドキュメント第一部を見た感想!自分に厳しくてかっこいい

氷室京介のHulu配信のドキュメント番組、全三部のうち第一部を見ました。

「DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT”PERFECT EDITION」ですね。

氷室京介のライブに向けての取り組みなんかがわかる内容でした。

 

氷室京介のことはBOOWYで好きになったんです。

BOOWYもう少し上の世代で流行っていて、微妙に世代ではなく、知ったときにはすでに解散していたんですけど。

でも、はまっていた友人に教えてもらって、私もまんまとはまってしまいました^^

 

はまったときも、そこそこの年でしたが、さらに年をとって、渋くなってかっこいいーとか。

「魂を抱いてくれ」のあたりに考え、危機感を抱いていたことなど、興味深い内容はたくさんありましたが。

でも、今回のドキュメントで感心させられたことは、ライブとリハへの取り組みですね。

 

スポンサーリンク

氷室京介のドキュメント第一部の感想

毎回そうなのかはわかりませんが、今回の映像で扱ったライブについて、氷室京介は、まずロスである程度の作業をしていました。

それを日本のスタッフに伝えつつ、リハをしていくんですが。

これが思った通りにはいきません。

なので、氷室京介は、ロスでできたものを修正しつつつ、より良い物にしていきます。

 

これをみて、依頼された作品をクライアントにみせ、納得がいってもらえなくて、修正していくのと同じだなと思ったんですよね。

めんどくさい作業だと思いつつ、クライアントの意向なので皆やっていくことと思いますが。

でも、氷室京介は、依頼を受け作業をする人でもあり、かつクライアントでもあるんですよね。

なので、めんどくさいと思ったり、他のスタッフの話に耳を傾けなかったりすれば、めんどくさいことを避けることは出来る立場にあるわけで。

 

なのに、手を抜かない。

むしろ、他のスタッフ以上に気を配っている感じがしました。

また、歌を歌っている最中に、途中で客席での聞こえ方を客席に行って確認したり。

ライブが終わったら、次のライブのためにライブ映像を見て、細かな修正点を確認したりといったことも、率先してやっていましたし。

 

これって、すごいことですよね。

多くの人は、例えクライアントや上司の存在があったとしても、つい甘えてしまうのに。

自分が1番偉い立場なのに、自分に厳しくしていくわけですから。

氷室京介ぐらいになると、自分が考える最高を出していくだけで、スタッフやお客さんに納得してもらえるはずなのに。

でも、それだけじゃ納得できないんでしょう。

あえて、リハを厳しくしていっているわけですから。

あぁ、もうかっこいいなぁ!

自分が完全にそこまでするのは難しいですが、でも見習わなければならないと思いましたね。

 

終わりに

氷室京介のHulu配信のドキュメント「DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT”PERFECT EDITION」を見た感想を書いてきました。

毎回こんな厳しいことをやっているから、人気が持続していくんでしょうね。

こんなことをやっていれば、今回のツアーよりも次回のツアー、次回のツアーよりも次々回のツアーに期待できますし。

さらに、同じツアー中でも、終わったばかりのライブ映像を何度も見て、次のライブ会場に生かそうとしているので、次の会場の方がもっと良くなるわけで。

会場レベルでも、進化して立ち止まらないんですから。

 

いや、非常に興味深かったです。

全三部なので、第二部、第三部も今後放送されるので、かなり期待です。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もありますので、ご注意を。

Hulu

 

第2部の感想へ

氷室京介のドキュメント第2部をHuluで見た感想!BOOWYに対する思いが印象的

第3部の感想へ

氷室京介のドキュメント第3部をHuluで見た感想!カッコいい以外の言葉がない