「マジシャンズ」ドラマの感想!大人のハリーポッターみたいで面白い

海外ドラマ「マジシャンズ」ドラマの感想(ネタバレ注意)

今回は、海外ドラマ「マジシャンズ」を見たので。

その感想を書いていこうと思います。

 

「マジシャンズ」と聞いて、ひょっとしてと思う方もいるかもしれませんね。

そうレブ・グロスマンの小説「The Magicians」。

これを原作にした海外ドラマです。

何年か前に、日本でもそこそこ話題になりましたよね。

私は、当時別のことで忙しく、後で読もうと思っていたら。

ズルズル来てしまい、チェックできてなかったんです。

だから、ドラマがHuluで配信されるというので、非常に楽しみにしていたんですよ。

※もう1つ楽しみにしていた海外ドラマの配信もスタートしたので、見てみました。

名作「オズの魔法使い」を新しくドラマにした海外ドラマです。

関連記事

 

では、そんな「マジシャンズ」を見た感想を、さっそく始めていこうと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

 

海外ドラマ「マジシャンズ」を見た感想

「マジシャンズ」は大人のハリーポッターぽい

「マジシャンズ」は、精神不安をもち、社会適応が難しい状況になっていた主人公(クエンティン)が。

ふとしたことから、魔法の勉強をするブレイクヒルズ大学の大学院の試験に呼ばれたところから、物語が始まります。

 

こう、社会に適応できない主人公が、魔法学校へ入学していくと聞くと。

どうしてもハリーポッターのことを思い出してしまいますね。

クエンティンも、化け物のように強いビーストに狙われていて。

さらに、その能力が重要なポジションを担っているという設定までありますし。

 

もちろん、違った点はかなりあるんですよ。

クエンティンが心を奪われてしまったファンタジー小説「フィロリー」と現実が交錯してきたり。

魔法のジャンルも豊富にあったりして。

 

でも、一番大きいのは、登場人物たちが大人なため。

様々なことが大人向けになっている点でしょうか。

例えば、クエンティンがおちっている精神不安もそうですし。

また、恋愛関係もハリーポッターのようにほほえましいものではなく。

かなりドロドロというか、ビターというか、そんな感じなんです。

後、これは第2話の話になってしまいますが。

ビーストがやってきた後の後始末で、聞き取り・捜査がしっかり行われたりね。

 

そういったことが、様々なところでみることができるので。

「マジシャンズ」を見終わったときに、「大人向けのハリーポッターみたいだな」と。

自然にそう思ってしまったんですよね。

 

「マジシャンズ」の映像がドラマより映画寄り

「マジシャンズ」は、映像に特徴のある海外ドラマですね。

最近「ウェイワーズパインズ2」や、アメコミを原作とする海外ドラマなど。

ちょこちょこ増えてきてはいるのですが、それでもまだまだ少ない。

映画的な映像をもってくる海外ドラマだなーと思いましたね。

 

魔法大学での話なので、魔法がどうしてもかかわってくるため。

魔法を表現するシーンがあるのですが。

これがちょっと地味目な海外ドラマでの表現ではなく。

結構エフェクトかけたりしながら、映画のような派手めの表現になっているんです。

また、現実世界から魔法の世界に入ってきたときの。

輝くような映像とかもそうですね。

 

これに対しては、賛否が分かれるでしょね。

私も、人間ドラマを前面に出した海外ドラマでこれをやられると。

「ちょっと違うかなー」って思ってしまうと思います。

でも、今回のように、魔法や化け物が関係してくるようなストーリーの作品の場合。

かなりいいと思うんですよね。

やっぱり、地味めな感じより、エフェクトとかが入った方が映えますから。

なので、映像に関しても結構お気に入りですね。

 

ジュリアに注目

登場人物に関して、当然主人公のクエンティンに注目しますし。

ヒロイン候補のアリスに関してもそうでしょう。

でも、同じぐらい、ジュリアについても注目してしまいましたね。

 

ジュリアは、クエンティンの以前からの親友。

(ちょっと距離が近かったので、クエンティンの片思いに近い感じだったんじゃないかと思いますけど。)

また、クエンティンに魔法を教えた人物。

といっても、本物のではなく、ごっこ遊びですけどね。

でも、パリピな彼氏(ジェームズ)ができた途端、そんな遊びではなくクラブでの遊びなどに染まっていっていました。

 

けど、クエンティンとともに魔法大学の試験を受けることとなってから。

さらに人が変わってしまったんです。

魔法への執念が全開になって。

自分が不合格になったのが納得がいかず、試験官にくってかかる程度でおさまらず。

記憶を奪われそうになったら、自分を傷つけて忘れないようにして。

彼氏やパーティのことも忘れて、寝食とらずにブレイクヒルズ大学のことを調べ。

クエンティンにも上から目線で、再試験をするように進言しろと言ったり。

とにかく、魔法への執念がすごいんですよ。

 

その結果、ブレイクヒルズ大学とは別の魔法団体に属することになります。

どうみても、まっとうな存在ではなく、アングラな感じの。

 

正直ジュリアに対しては、最初にジェームズと付き合って変わってしまったというのを見て。

「彼女がヒロイン候補とかだと嫌だなー」とか、その程度のことしか思わなかったんですよ。

魔法への執念見せたりしても、クエンティンへの上から目線な発言で相殺されましたし。

 

でも、妖しい団体であっても、魔法にしがみついていく姿を見るとちょっとね。

第2話では、結構大変な目にあったりもしているのに。

また、クエンティンが表の世界を歩んでいくのに対して。

ジュリアは、裏の世界を歩んでいく存在になるんだろうと考えるようになってくると。

おそらくかなり重要なポジションを担うはずと思うようになってきまして。

がぜん注目度が増す存在になってしまったんですよ。

 

今回見た感じだと、最後まで気に入った海外ドラマになりそうで。

おそらく全部見終わったら、もう1度見直すことになりそう。

1回目はやっぱりクエンティン目線で見てみますが。

2回目はジュリア目線で見ても面白いなーなんて思っています^^

 

終わりに

というわけで、海外ドラマ「マジシャンズ」の感想を書いてきました。

メインとなるクエンティンとビーストの王道的なファンタジー。

少し王道とは離れたジュリアの物語。

さらに、ビターでシビアな大人の人間関係。

これらが、入り混じって「マジシャンズ」は展開していくでしょうから。

次が気になって仕方がなくなってきますね^^

 

前には、「ウォーキングデッド7」・「24:レガシー」が。

後には、「プリズンブレイク」の新作が鎮座している間に配信が始まった。

「マジシャンズ」ですが、これはその辺の作品たちにも負けない作品になっていきそうな気配がしますね。

現状は「大人のハリーポッター」と感じていますが。

そのうち、そういった評価をしないで、「マジシャンズ」は「マジシャンズ」という風に思えるようになるかも。

以上、「マジシャンズ」ドラマの感想!大人のハリーポッターみたいで面白い、でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴からどうぞ。

ただ、記事作成時と異なり、配信が終了している場合もあるので、ご注意を。

Hulu

 

次はこちらをいかが

様々なVOD(動画配信サービス)をメリット・デメリット書き。

その上で、おすすめのVODをランキング形式で紹介しています。

おすすめはこれ!7つの動画配信サービス(VOD)比較【Hulu/dTV/Amazon/U-NEXT/Netflixなど】

スポンサーリンク
こちらもよく読まれています