【リオオリンピック】サッカー日本代表OAに対する感想!興梠・塩谷・藤春が内定

リオオリンピックに臨むサッカー日本代表U-23のOAが内定しましたね。

興梠・塩谷・藤春です。

事前にOAはどうしたらいいのかという記事では、「SBx2、CFW」か「SB、CMF、CFW」の組み合わせがいいと書いていました。

具体的なメンバーは違いますが。

でも、方向性は同じ感じなので、結構よかったと思っています。

 

スポンサーリンク

サッカーオリンピック代表のOAに対する感想

藤春について

まず、すでに決まっていた、藤春と塩谷。

彼らはメンバーが心配な左サイドバックの選手と、右サイドバックもできるセンターバックの選手。

やはりサイドバックは心配ですからね。

 

特に、怪我がなければレギュラーだったであろう山中が、最後の強化試合にも呼ばれていないので、左サイドバックの補強は急務。

できたら長友とか呼べたらよかったですが、藤春という現実的な選択になりましたね。

しかし、藤春が代表になったり、OAに呼ばれたりと、瞬く間に出世していったのにはいまだに驚きが隠せませんね。

数年前のガンバをみていると、そういう選手ではなかったのに。

でも、中堅以上でも急に伸びたりするのがサッカーの面白いところではあります。

代表に初めて呼ばれたあたりのころの藤春の伸びは、かなりすごかったですが。

最近見た限りだと一時の伸びの勢いは落ち着いている感じだけに、今回のOAがさらなるブレイクポイントになってくれると嬉しいですね。

 

塩谷について

個人的には、サイドバックがもう1人欲しかったところでしたが。

奈良や岩波といったレギュラークラスが怪我をした以上、センターバックの補強も必要ですから仕方がないですね。

でも、センターバックだけしかできない選手ではなく、右サイドバックもできる塩谷を選んでいるのは、右サイドバックのことも考えているんでしょう。

具体的には、他に試した選手ではなく、怪我明けの室屋か松原の少なくとも1人は連れていき、悪化した場合などでは、塩谷の右も計算に入れるといった感じで。

純粋にセンターバックの力だけなら、国内組でも槙野や森重の方が上ですからね。

 

興梠について

興梠に関しては、興梠か金崎のどちらかを入れるべきだと思っていたので、驚きはないですね。

これにともなって、武蔵かオナイウの少なくともどちらかは外れるんでしょう。

ポストプレー要員として考えての選出でしょうから。

でも、FWの並びはどうなるんでしょう?

興梠、久保、浅野、南野、できたら全員出したいところ。

これに中島や矢島がどうからんでくるかも見ていかないとだめですし。

悩ましいところです。

 

終わりに

リオに向かうサッカーオリンピック代表のOAに関する感想を書いてきました。

これでOAが3人決まり、それに最後の強化試合に臨むメンバーと海外組の中から15人が選ばれれば、いよいよ本番です。

15人のうち10人はほぼ確定でしょう(中村、櫛引、植田、亀川、大島、遠藤、南野、矢島、久保、浅野)から、残りは5人。

DF2、3人。

MF2、3人。

FW0、1人。

そんな感じで選ばれるんじゃないでしょうか。

どうなるか楽しみですね。

 

リオ五輪のサッカーの優勝国を再予想!さすがにブラジルが筆頭かな

2016.07.07

【サッカー漫画】読むと心が揺さぶられるオススメ10作品+αをご紹介

2016.06.10