サッカーオリンピック代表のブラジル戦を見た感想!興梠を活かすためのメンバー考えた方がいい

サッカーU23、リオオリンピック日本代表のブラジル戦を見た感想を書いていきます。

 

久保の招集が難しくなって、ちょっとメンバーが苦しくなった日本代表。

チームにフィットしているかはともかくとして、点のニオイのする数少ない選手だったので、今回の戦い的にキツイ状況です。

個人的には、サポートメンバーに伊東純也と金森がいればもっと違った感じになったと思うのですが。

まぁ、いまさら言っても仕方がないですね。

 

そんな中で行われたブラジル代表と行われた親善試合で感じたことを書いていきます。

 

スポンサーリンク

サッカーオリンピック代表のブラジル戦を見た感想

ざっくりとした感想

まずは、ざっくりとした全体の感想を。

私が見たことのある試合で、始めてネイマールに点を決まられなかった試合でしたね。

これは良かった。

いっつも決められているので。

決まってもおかしくない状況になったとはいえ、それでも良かった。

でも、それ以外は、かなり微妙でした。

 

GKの中村は前半で2点決められましたが。

あのシュートを止めれなかったことについて、彼を責める気にはなれません。

特に1点目は、ノーチャンスでしょう。

2点目は、守備陣の状況見て、ポジション変えてたらひょっとしたらはあったかもしれませんが、それでも難しかったですね。

むしろ他の選手が問題。

 

1点目、抜かれたらピンチになるのはわかるけど、距離を開けすぎだし、中央に行ったときに対応できない姿勢でいるのは、問題。

案の定、中央にいかれてミドルを打たれましたし。

2点目は、後方からペナルティエリアに入ってこようって位置取りの選手がいたのに、選手に寄せずにボール見てたのも、問題。

寄席がなかったから、楽々ジャンプしてましたしね。

そして、寄せもせず、ポジショニングも微妙なところでジャンプしても、そりゃヘディング打たれるよ。

 

他にも危ないシーンはたくさんありましたし。

まずは守備のチームというなら、かなり反省した方がいいですね。

 

攻撃については、後ほど。

 

OAが+αを出していたとはいい難い

正直、チームに合流して間もないからか、OAがいることで+αがでている感じはしませんでしたね。

興梠に関しては、仕方がない部分があるんですが。

残りの2人です。

 

なんというか、同じチームでレギュラー争いに勝ったから試合に出てるだけといった感じでしたね。

彼らがいることで、違いがあったとは感じはしません。

元々Jリーグでも、いい選手ではあっても、とびぬけた選手というわけではないし。

リーダーシップをとっていくタイプではないので、大きな期待をするのは酷かもしれませんが。

SBやCBにけが人が続出していなければ呼ばれていたか怪しい感じでもありますし。

 

でも、ある程度、経験がものをいってくるディフェンダーのポジションなんですから。

経験も豊富で、しかも代表経験もある選手ですから、もう少し存在感を出してほしかった。

まぁ、連携には時間も必要ですし。

本番で、周りが緊張した時に経験が活きるかもしれませんし。

これからに期待するしかないですね。

 

興梠活かすためのメンバー

そして、興梠です。

興梠にボールを当て、それから2列目に点をとらせようと監督の考えはわかります。

でも、興梠を活かしたかったら、もっと縦パスが入れれるような人選と並びにしないとダメですよね。

昨日の試合では、本当に縦パスが入らなかった。

これじゃあ、興梠がどんなにいい選手では、どうしようもない。

 

なので、興梠を活かしたかったら、メンバーを考えないといけないでしょう。

今のメンバーなら、大島は必須。

ボランチとしての能力が、遠藤や原川に勝っているというわけではありませんが。

でも、ボランチの位置からいい縦パスを出させるのは、残念ながら彼しかいない。

というか、メンバーを見て、OAをここに入れないということは、彼のでずっぱりになってもらうんだと思ってました。

 

後、興梠にボールが入った時に、それを使うメンバーも。

2列目に点をとってもらうのに、3人中2人に得点能力が高くない、矢島と中島が入っているというのはどうかと。

彼らは、よく走ってくれるので、使うと安心できるのはわかります。

負けているときにいれるメンバーではないというのもわかるんです。

それでも、点をとりにいくなら、無理して浅野を入れた方がいいと思うんですよね。

 

サンフレッチェでは、敵の足が止まった後半にでてきたときが一番怖いですし。

彼までレギュラーになってしまうと、力技をしたいときに、独力で突破できる選手がサブにいなくなるんですが。

しかし、守備から入るチームを目指す以上、得点チャンスはそんなにありませんし、それを無駄にするわけにはいきません。

せっかく、日本ではめずらしいトップスピードで技術を活かせる選手がいるのに、使わないのはもったいなさすぎます。

興梠とも相性のいいタイプでしょうし。

ですので、浅野も出したいんですよね。

 

独力突破ができるサブが欲しいなら、野津田を入れればいいと思いますし。

ただ、トップ下で使うと能力が活きない感じだったので。

使うならサイドか、トップ下無くしての2シャドーかのどっちかでしょう。

まぁ、久保が出れるなら、話はまた変わってきますが。

 

とりあえず、こんな感じの興梠を活かすためのメンバーを考える必要はありそうと、昨日の試合からは感じましたね。

終わりに

昨日見ている限りでしたら、ちょっとメダルは難しい。

というか、トーナメントに出るのは苦しい感じですね。

あの難しいグループを抜けるには、なにか一発が欲しいところですが。

現状、そういったものを感じませんし。

いっそ4-3-3にしてアンカーをおいて守りを固め、ボールをとったら興梠にあてて、2シャドーに点をとらせに行くという思い切りがあってもいいかも。

今回は否定的な感じになってしまいましたが。

結局は、なんだかんだいっても、いつも通り声をからして応援するだけなんですけどね^^

以上で、サッカーオリンピック代表のブラジル戦を見た感想!興梠いかすために並びとメンバー考えた方がいいでした。

日本代表VSナイジェリア戦(リオオリンピック)の結果と感想!残念すぎる敗戦

2016.08.05

【サッカー漫画】読むと心が揺さぶられるオススメ10作品+αをご紹介

2016.06.10