【コパアメリカ2016第1節の感想】アルゼンチンの勝利&ウルグアイの敗北

the-ball-289210_640

コパアメリカ2016が、ついに開催されましたね!

事前に、優勝予想なんかもして楽しみにしていました。

そして、アメリカVSコロンビアの試合から始まり、現在グループリーズ第1節の試合が終了しました。

順調な試合結果もあれば、期待外れ、波乱の結果なんかもありました。

そんなコパアメリカ2016第1節の試合結果の感想を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

コパアメリカ2016第1節の試合結果の感想

コパアメリカ2016第1節の中で、特に気になったのは、この3つですね。

ブラジルの引き分け発進

まずは、ブラジルのエクアドルとの引き分けです。

事前予想の段階でも、エクアドルの存在がコパアメリカを難しくさせると考えていました。

でも、それが現実になりそうですね。

 

そして、ブラジルは、エクアドルが今難敵だとしても、やはりふがいないスタートでしょう。

時々ブラジルはグループリーグで不本意な成績を残し、その後トーナメントを勝ち抜いてしまうなんてこともありますが。

今回は、多分違うでしょうね。

あらためて出場メンバーをみると、誰がチームを作って、誰が点を取るのかわからないメンバーになっていますから。

 

多分ラミレスが故障しようものなら、かなり難しいことになるのが簡単に予想できます。

サブのメンバーも、計算できるのなんてルイス・グスタボとミランダしかいないし。

ガンソも当たりの日はいい選手ですが、でも出場させてから「今日は当たりの日かー」とか「今日は外れの日かー」とかわかる感じで、ブラジル代表の軸になる選手とはちょっと違いますからね。

 

まぁ、若手が急に伸びるなんてこともないともいえないので、なんともいえませんが。

でも、このままだとブラジルは相当厳しいことになりそうですね。

 

アルゼンチンがチリに打ち勝つ

グループリーグ全体を通してメインゲームといっても過言ではないアルゼンチンVSチリ。

前回の決勝の組合せです。

多分アルゼンチンが勝つのではないかと思いつつ、注目していました。

結局、アルゼンチンの勝利。

しかし、アルゼンチンはやばいですね。

アグエロ、ラベッシがスタメンではなく、メッシにいたっては欠場ですから。

今怪我や周りの騒がしさから、無理しなくてもいいときは無理させないという方針なのかもしれませんが。

でも、チリ相手にメッシなしでの勝利はすごい。

代わりに、アグエロかラベッシが活躍したならわかりますが、そうでもないですしね。

 

ウルグアイが第1節敗北

アルゼンチンと並んで、優勝候補。

事前予想では優勝予想したウルグアイがまさかの黒星発進です。

相手がメキシコという難敵ですから、絶対にないとはいえませんが。

それでも、ウルグアイの勝利は間違いないと思ってました。

 

スアレスがいなかったのは痛いですが。

でも、第2試合に間に合うかもわからない、間に合ってもその後の試合でいつも通りプレーできるかわからない。

そんな状況なんですから、優勝しようと思ったら、スアレスがいなくてもメキシコに勝つぐらいのことをしないと厳しいでしょう。

このままだと、トーナメント1回戦でいきなりアルゼンチンとあたりそうですから。

ちょっと今のままだと、優勝は難しくなってきたいますね。

 

終わりに

コパアメリカ2016第1節の感想を書いてきました。

ユーロ2016もそうなんですが、コパアメリカのように出場チームが少なくて、実力差が大きくない大会の場合、本当に1試合の結果がその後を左右しますね。

事前予想では、アルゼンチンVSウルグアイの決勝で、ウルグアイの勝利とか考えていましたが。

今は一転、トーナメント1回戦の組合せで、アルゼンチンの勝利になるんじゃないかとかんがえています。

 

ワールドカップなんかだと、優勝しようと思ったらグループリーグはある程度流す。

そういったことが定番の戦術になっていますが、コパ・アメリカやユーロだとそうは行かない。

日本は出場していませんが、こういったスリリングな展開がたまらなくて、ついつい楽しみにしちゃうんですよねー。

 

※コパアメリカ2016第2節の結果と感想はこちら

【コパアメリカ2016第2節の感想】メッシの復活&ウルグアイ敗退