【コパアメリカ2016第2節の感想】メッシの復活&ウルグアイ敗退

コパアメリカ2016第2節が終了しました!

優勝予想したのが恥ずかしくなる結果となってしまいました。

でも、ちょっとずつ強豪チームが本領を発揮してきて、熱が入ってきています。

大会としての盛り上がりは、ここからでしょう!

そんなコパアメリカ2016第2節の試合結果の感想を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

コパアメリカ2016第2節の試合結果と感想

コパアメリカ2016第2節の中で、特に気になったのは、この3つですね。

コスタリカにやられたパラグアイ、やられなかったアメリカ

事前予想では、グループAの2位争いは、パラグアイとアメリカだと考えていました。

ただ、2位と3位を分けるのは直接対決も当然影響するでしょうが、コスタリカとの対戦が大きくものをいうと思っていたんです。

コスタリカには、正直パラグアイとアメリカに勝つ力はないでしょうが、引き分けの可能性があります。

GKがナバスですから。

どっちらかがコスタリカに引き分けてしまうと、引き分けたチームにとってグループリーグ突破はかなり難しいものになります。

第3節の直接が絶対に勝たないといけないものになり、引き分けさえもゆるされなくなりますから。

そして、パラグアイが第1節で引き分け、アメリカが第2節で勝利したことで、パラグアイがその難しい立場になってしまったわけです。

まぁ、ひっくり返る可能性がないわけではないのですけどね。

 

ウルグアイの敗退&ベネズエラのトーナメント進出

優勝予想していたウルグアイが、まさかのグループリーグ敗退!

こういったことはままありますが、それでもある度驚かされますね。

スアレスの怪我が響いたというのはわかりますけど。

しかし、選手層的に言えば、代わりになるような選手もいるわけですし。

それに、点が取れないまでも、ウルグアイは伝統的に守備の強いチームだったのに、メキシコに3失点、ベネズエラに失点というのはね。

こんなに失点するとは予想外です。

 

しかし、これでベネズエラがトーナメント進出。

そして、おそらくブラジルと対戦するんでしょう。

ブラジルもハイチ相手に7-1と大勝しましたが、守備も攻撃も不安定なだけにワンチャンスあるかも。

楽しみですね。

 

磐石のアルゼンチン&メッシのハットトリック

なんというか嫌になってきますね。

アルゼンチンのこの磐石さをみると^^

メッシ抜きでチリに勝ち。

グループリーグで一番楽な試合で、後半途中からメッシを出す。

グループリーグは、もう流しても突破できるので、大会の試合を使って、トーナメントのために身体をつくってあげてるんですから、もうね。

一応、事前に予想された最善のシナリオで、メッシに点はないだろうけど、トーナメントに入ってから爆発してもらったらいいので、アルゼンチンはこれでくるかもなーとか考えていましたが。

しかし、メッシは平気で予想を裏切ってきます。

なんだよ、後半の30分だけでハットトリックをかますなんて。

これは完全に復活とみていいでしょうね。

やばすぎます。

 

終わりに

コパアメリカ2016第2節の試合結果と感想を書いてきました。

まだ第2節ですが、優勝はアルゼンチンに絞られたかなーという気分になってしまいました。

1番のライバルのウルグアイが敗退し。

その上、メッシが出ずっぱりじゃないという、今までにない良い状態でトーナメントに望めるんですから。

 

唯一コロンビアぐらいですかね、もしアルゼンチンをとめるとなると。

前回王者のチリは、このままだと難しいでしょうね。

ビダルの調子がいいのはいいんですが、アレクシス・サンチェスの仕上がりがもう少し良くなっていかないとね。

 

さて、次回はトーナメント出場が決定&トーナメントの組合せが決まる第3節。

消化試合もありますが。それでも楽しみです。