アニメDAYSを見た感想!普通に面白いぐらいにしかならなさそう…

曜日を間違えてて見逃してしまった、アニメ「DAYS」をやっと見ることができました。

 

「DAYS」は、オススメサッカー漫画を紹介する記事でも取り上げている、大好きなサッカー漫画です。

【サッカー漫画】読むと心が揺さぶられるオススメ10作品+αをご紹介

同じ世界の「振り向くな君は」から、この作者のサッカー漫画にはハマっていましたが。

「DAYS」になってからは、好きとかそういうレベルではなく。

「俺たちのフィールド」、「スラムダンク」、「ベイビーステップ」あたりとNO1スポーツ漫画を争っている程、大好きです。

 

そのアニメ版をみたので。

今回は、さっそくアニメ「DAYS」の感想を書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

アニメ「DAYS」の感想

DAYS(1) (週刊少年マガジンコミックス)

キャラの印象が違う

最初に印象に残ったのは、サク高のかおると如月に、「だれだお前?」って思ったことですね^^

アニメだと、キャラが全体的に線が細くなっているし、髪型が微妙に違うので、ひきの状態だと一瞬誰がだれかわからないときがありました。

ストーリー見ながらなら間違えたりはしませんが、漫画のイメージで見ていると、ちょっとエラーが起きることがありそう。

 

後、キャラで気になったのは、風間のキャラでしょうか。

なんというか、チャラさが減ったなーという印象。

怪我したあたりのシリアスなシーンだと、はまりそうだけど。

一星戦の新納が1:1を仕掛けようとしたけど、すでにつくしがカバーに入っていて1:2だというシーンで見せた表情。

あるいは、東院戦で途中投入された際の、ひょうひょうとした表情や仕草。

こういったときには、逆に違和感を覚えるかも。

ちょっと見てみないとわからないですが。

 

普通の面白さ

ストーリーに関しては、原作のおもしろさを考えると問題ないでしょうし。

サッカーの部分関しても、OPのシーンでみるかぎり、CBからボランチにボールが入ったときに詰める。

逆サイドの選手もちゃんと動くなど、全体的に連動した動きができていたので、結構期待できますし。

でも・・・

 

このままなら、「普通に面白くて、来週も楽しみにしよう」程度で終わってしまいそうかなーとも思うんです。

正直、アニメ「DAYS」への期待は、かなり天井知らずな状態でした。

ここ数年、「ジャイアントキリング」に始まり、「弱虫ペダル」、「ベイビーステップ」と大当たりのスポーツアニメが結構でてきましたから。

「DAYS」も、その波に乗ってくれるかなと思ってたんです。

そして、そうなったら人生の面白いアニメランキングトップ3がひさびさに動くかなとも。

でも、ちょっとそこまでにはならなさそうなんですよね。

 

「DAYS」って、しっかりサッカーをしている感じや、ストーリーの展開、そしてキャラなど魅力は多いです。

この辺りは、アニメでも問題なく反映されると思います。

でも、「DAYS」の最大の魅力だと思っている、泥臭い表現をみることが難しそうなんです。

あの泥臭さは、線の引き方など、原作者の技量があってこそなんでしょうが。

アニメにする際に、キャラも背景も全体的にすっきりとした感じになり。

そして、それに伴いキャラがみんな爽やかになってしまって。

泥臭さとは対極にある感じになってしまったので。

 

なので、アニメ「DAYS」は、ストーリーもいいし、キャラもいいけど。

でも、「普通に面白くて、来週も楽しみにしよう」程度で終わってしまいそうなんですよね。

 

終わりに

アニメ「DAYS」の感想を書いてきました。

 

十分面白かったですが、期待値がものすごく高かった分、辛口な評価になってしまいました。

まぁ、来週もみるんですけどね^^

しかし、こう考えると、原作の安田剛士さんはすごいですねー。

※アニメ版の評判が良くないので、そう思っても漫画版は見てほしいということを書いてみました。

アニメ「DAYS」が好きではない人にも漫画を読んでほしい3つの理由