リオ五輪のサッカーの優勝国を再予想!さすがにブラジルが筆頭かな

※2016年8月21日決勝戦後の追記あり

 

以前、こんな記事を書いていたんです。

リオ五輪サッカーの組合せが決定したので優勝予想!ブラジルは厳しい

まだ4月の上旬の組み合わせしか決まっていない時に書いたものなので、かなり軽い気持ちで書いていました。

コパアメリカもあるのに、メッシとかマスチェラーノとか来たらすごいだろうなーとか、無理めなことも書きながら^^

でも、ちょっとさすがに予想外すぎることが起こりすぎたので、書き直そうと思い、この記事を書いています。

 

スポンサーリンク

以前の記事の予想

以前の記事でした予想はこんな感じです。

【グループリーグ勝ち抜け】

  • A:ブラジル、デンマーク
  • B:スウェーデン、コロンビア
  • C:ドイツ、メキシコ
  • D:アルゼンチン、ポルトガル

【準々決勝】

  • ブラジル・コロンビア→ブラジル
  • アルゼンチン・メキシコ→アルゼンチン
  • スウェーデン・デンマーク→スウェーデン
  • ポルトガル・ドイツ→ポルトガル

【準決勝】

  • ブラジル・アルゼンチン→アルゼンチン
  • スウェーデン・ポルトガル→ポルトガル

【決勝】

  • アルゼンチン・ポルトガル→アルゼンチン

 

リオオリンピックのサッカーの優勝国の再予想

アルゼンチンを変更する理由

基本的には上と同じですが、再予想するにあたり、アルゼンチンについて変更しました。

アルゼンチンは、なんとか参加することを決定しましたが。

それでも、かなりひどい。

 

ディバラは拒否されるかもとのうわさもあったし、予測の範囲内。

イカルディは、ちょっと参加してくれるんじゃないかと思っていたので、残念ですが。

ほとんど国内組になってしまったのも、アルゼンチンだし、まぁいいでしょう。

でも、あの発表はないだろうと思うんです。

新監督とメンバーの同時発表ですから。

※追記

そして、正式な監督の決定は、開幕1週間ない時期です。

 

監督が急に辞任したから仕方がないことではありますが。

辞任から発表までの時間を考えると、新監督の意向ってメンバー選考に反映されてないですよね。

新監督の戦術なんて、直前の練習でしか知りえず、浸透する暇なんてあるわけもないのに。

メンバーまで決められないとなると・・・

新監督がセレクタータイプの監督なら、直前にメンバー呼んでもなんとかなったりすることもありますが。

でも、さすがにメンバーは他の人がきめましたでは、それもね。

※追記

3日で連携や戦術植え付けるのは、さすがに無理。

オールスターとかのイベントの試合ならともかく。

完全な本番に向けてのレベルまでというのはきつすぎます。

 

なので、アルゼンチンのことを下方修正せざるをえません。

 

変更点

アルゼンチンは、ひょっとしたら、アルジェリアにも上に行かれて、トーナメントに参加できないことも十分にあり得ます。

新監督の戦術の浸透が難しい以上、よるべきところは伝統的なショートパス&ドリブルになるでしょうが。

それもメンバーであわせたりしないといけないので、バランスを崩した攻めになりかねませんし。

また、守備はかなり苦労するでしょうからね。

 

でも、一応、エースのジョバンニなんかもいるし。

少なくともアルゼンチンリーグで試合をして、ヨーロッパを目指すメンバーがいるので、期待を込めて2位抜けはできると予想します。

これによって、アルゼンチンとポルトガルの位置が変わることになります。

 

準々決勝

そうすると、準々決勝の変更点はこの2つに。

アルゼンチンVSメキシコ→ポルトガルVSメキシコ

ポルトガルVSドイツ→アルゼンチンVSドイツ

そして、今回のポルトガルは強いので、ポルトガルが。

ドイツがアルゼンチンのようにメンバーを落としてこないようなら、ドイツが勝ち抜けを予想します。

 

準決勝

次に、準決勝は、ブラジルVSポルトガル。

スウェーデンVSドイツになります。

 

今大会最も盛り上がるのは、ブラジルVSポルトガルになるんじゃないかと思っています。

新しい黄金世代といわれているポルトガルが、ネイマールやドグラス・コスタをOAに呼んだブラジルにどう戦うのかかなり見もの。

ブラジルはサイドは強力ですが、センターはサイドほどではないし、守備陣も絶対的な選手がいないので、ノーチャンスでは全くないですからね。

ただ、実際の勢いとかを見てみないとわかりませんが、現段階だとブラジルでしょうかね。

※追記

ドグラス・コスタの欠場がリオも欠場するとのこと。

これはかなり痛い。

攻撃での圧倒は難しくなるでしょうし。

代わりのOAは、きてくれるならウィリアンになるでしょうが、ドグラス・コスタほどの破壊力はないですしね。

得点力という意味では、そんなに差はありませんが。

でも、ネイマールへの負担も倍増するでしょうね。

圧倒的な戦力ではなくなってきました。

メンバー選考が今どうなっているかわからないんですが、ユーロ2016で活躍した、ジョアン・マリオとレナト・サンチェスがどうなるかによっては、ひっくり返るかもしれません。

 

一方、ヨーロッパ4位のドイツと、1位のスウェーデンの試合ですが。

ポルトガルとスウェーデンの決勝を見る限り、1位といっても何回かやればポルトガルが勝ち越すだろう内容だったので、スウェーデンそんなにとびぬけた感じはしませんね。

むしろ、リーグのために参加できなかったドイツのメンバーがそろったら、ドイツの方が勝つのではと思っています。

なので、ドイツの勝ち抜けを予想します。

 

優勝予想はブラジル

そして、ブラジルVSドイツですが、ブラジルでしょうね。

ここまできたらホームの後押しもすごいですし。

準決勝のポルトガルの方が難しい相手でしょうからね。

まぁ、こんなことをいっていると、地元開催のポルトガルがギリシアに負けてしまったユーロのことなんかが思い出されますが^^

あんなん大会始まるまで予想できるわけなかったので、そういったことは排除。

予想段階ではブラジルでしょう。

※追記

仮に、ポルトガルが上がってきた場合には、そのままポルトガルの優勝を予想します。

終わりに

リオオリンピックのサッカーの優勝国を再予想してみました。

ブラジルは厳しいなんていっておいて、近づいて来たらブラジルの優勝予想に変えるのは、かなり恥ずかしいですが^^

でも、アルゼンチンのごたごたを考えるとやむを得ないのかなと。

ただまぁ、ブラジルも怪我人がでても余裕があるという感じではありませんし、ポルトガル、ちょっと下がってドイツあたりは、ストップ・ザ・ブラジルをねらってくるでしょうから。

ブラジル優勝で安定とは言えませんけどね。

逆に、見ている側からすると、かなり楽しめますね^^

※オリンピック決勝後の追記

ブラジルがやりましたね!

オリンピック初優勝です。

以前書いていた記事ではアルゼンチンを推していましたが、やっぱりあの状況では難しかったですね。

あるかもと思っていた、グループリーグ敗退。

 

決勝戦に関しては、ドイツじゃなくポルトガルが来ると思っていましたが、あんなに選手を集めることができなかったドイツが上がってこれたのは素直にすごい。

決勝でも1-1の末、PK戦で一時期4-4にまでしていたんですから。

ドイツが勝ってもおかしくなかったですね。

でも、結局はブラジルの優勝に終わりました。

 

ドグラス・コスタが欠場したときはどうなるかと思いましたし。

グループリーグ第2戦の時点では、無理だなとか思ってしまいましたが。

でも、ブラジル・ワールドカップに続いての失敗は避けることができましたね。

おめでとうございます!

 

スウェーデン戦(サッカーオリンピック日本代表・第3戦)の感想!残念でした・・・

2016.08.11

コロンビア戦(オリンピックサッカー日本代表・第2戦)の感想!藤春はずっと言われるんだろうな

2016.08.08

日本代表VSナイジェリア戦(リオオリンピック)の結果と感想!残念すぎる敗戦

2016.08.05

【サッカー漫画】読むと心が揺さぶられるオススメ10作品+αをご紹介

2016.06.10