イブラヒモビッチの退団は、PSG的にはそう悪い話じゃない

playful-828594_640

イブラヒモビッチの退団の話は、最近盛り上がっていますね。

イブラヒモビッチのことは、現在のサッカー選手の中で、3番目、あるいは4番目の選手だと思っています。

ちょっとスアレスの存在で、ここ数年断定できなくなってきてますけど。

そんな、イブラヒモビッチの退団ですから、どうしてもセンセーショナルにならざるを得ませんよね。

でも、そんなに悪いことばかりじゃないと思うんですよね。

 

スポンサーリンク

イブラヒモビッチがPSGを退団した場合

イブラヒモビッチがPSGが退団した場合。

当然得点力は下がるでしょうね。

30代半ばになっているのに、2位に10点以上もつけてのトップスコアラーですし。

この選手の代わりになる選手をつれてこようと思ったら、それこそスアレスとかでもつれてこないとダメでしょうから。

 

それに伴い、チームのメンタルも代わってしまうことも。

たとえ、負けてたり、引き分けてたりしてるとき。

そのうち、あいつ点をいれるんじゃない?

そう思いながらプレーできたら、最後まで余裕をもてますから。

逆に、確固たるスコアラーがいない場合、やばいやばいと思ってしまって、いつもだとしないようなプレーをしてしまいがちに。

そして、それが続けば、結果的に勝っていたとしても、チームが萎縮しちゃったり、徐々に歯車がくるっていったり。

まぁ、良い影響はないですよね。

 

そして、それはサポーターにも派生していって。

応援の雰囲気が悪くなってきたりと。

 

というわけで、イブラヒモビッチがPSGを退団した場合、おきるかもしれないことはこんな感じですかね。

 

それでも、PSG的には悪くない

正直、そんなことが起きるかもしれないなら、イブラヒモビッチ退団なんて最悪じゃん。

そう思うかもしれません。

でも、そこまでPSG的にはそこまで悪くないと思っています。

 

チームの血の入れ替え

イブラヒモビッチが退団したら、当然チームの新陳代謝は上がります。

絶対的エースで、チームに君臨していた選手ですから、当然あたらしい選手はとってくるでしょうからね。

それが同じくベテランの選手なのか、若い選手なのかはわかりませんが。

でも、少なくとも血の入れ替えがあるわけです。

血の入れ替えのないチームが、ずっと強いままなんてありませんから、強さをアップさせる機会を得たと思えばプラスですよね。

 

新たなチーム作りの機会

また、チームの顔になれるいい選手がいっぱいいるのに、どうしてもPSG=イブラヒモビッチになっている、そういった雰囲気を打破できるというのも大きい。

 

PSGにはいい選手いっぱいいますよね。

ディ・マリアもそうですし。

チアゴ・シウヴァもそう。

個人的には、ウイイレでお世話になったファンデルイーヴあたりにはもっとがんばって欲しいですが^^

まぁ、いい選手はいるわけです。

 

顔のいるチームというのも、屋台骨にブレがない分、やっぱり強いですが。

でも、その選手が調子悪かったり、押さえ込まれたりしたらどうしようもない。

また、バイエルンやバルサみたいに、もう1段階上にいるチームと比べると落ちてしまう。

なのに、チーム作りの幅がどうしても狭くなってしまう。

そういった面もどうしてもあるんですよね。

 

この当たりに、いい選手がそろっている割に、CLでもう1つ上にいけない理由があるんじゃないかと思っています。

そういった意味では、チアゴ・シウヴァあたりがもう少しがんばって、凄いチームの中の凄いイブラヒモビッチといった雰囲気に持っていければよかったんですけどね。

バイエルンやバルサのように。

まぁ、そうするには、イブラヒモビッチの個性が強すぎたかもしれませんが^^

 

でも、イブラヒモビッチが退団することで、PSGは新しいチーム作りができる環境をえることが出来たわけです。

CL優勝を狙うなら、結構なチャンスなはず。

なので、十分プラス要素はあるといえます。

 

終わりに

というわけで、イブラヒモビッチの退団はPSG的にはそんなに悪いことばかりじゃないと思います。

当然、弱くなるリスクはありますが。

監督がブランですし、最終的にはちゃんとチームを仕上げてくれると思うんです。

なので、来シーズン以降のPSGには期待してます。

 

【関連記事】

スマホアプリ版ウイイレはサッカー監督気分を味わえて面白い