【死霊のはらわたリターンズ】第1話の感想!悪霊が甦った原因がこれとは

moon-106886_640

「死霊のはらわた」リターンズの第1話を見ました。

「死霊のはらわた」は、オススメホラー映画(Huluで見れるオススメホラー映画15選【邦画・洋画】)でもご紹介した通り、いろんなホラー作品のベースになっている作品の1つです。

子どものころに、深夜にこれをみてわけがわからないし、怖いしでかなりびびっていたのを覚えています。

まぁ、わけがわからなかったのは、多分「死霊のはらわたⅡ」をいきなり見たからなんでしょうけど^^

でも、記憶に残っている作品です。

 

それが今回、あの当時から30年たった世界を、海外ドラマで描くというので、かなり期待して待っていました。

放送当日は出かける用事があったので、家で落ち着いてみるため、少したってしまいましたが。

やっと見ることができました。

今回は、そんな「死霊のはらわたリターンズ」第1話の感想を書いていきます。

※ネタバレ要素もあるので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

「死霊のはらわたリターンズ」第1話の感想

「死霊のはらわたリターンズ」第1話を見て、特に気になったのはこの3つですね。

アッシュについて

まず、アッシュに何があったのか。

これが気になりましたね。

だって、「死霊のはらわたⅡ」のころのアッシュって、かなり頼りがいのあるタフガイという感じだったのに。

仕事適当だわ、かなり軟派になってるし。

自分の義手をナンパのネタに使うとか、いきなり笑わしてきます。

深夜なのに、噴き出してしまったじゃないか^^

 

というか、そもそもなんでアッシュ、現代にいるんだろう?

「死霊のはらわたⅡ」で、タイムスリップしてなかったっけ?

と最初は悩んでましたが、「まぁ、戻ってきたんだろう」と無理やり納得させてました。

でも、見終わった後に、「そうか!Ⅲがあったな!」と「死霊のはらわたⅢ」のことを思い出すことに成功。

 

ただ、なにぶん「死霊のはらわたⅢ」は、小学生の夏休みの夜中とかに見たきりなので、結末が思い出せない^^

途中は思い出せるんですけどねー。

ホラー感がなくて、やたらアクションっぽいのになって面食らい、Ⅱとは別の作品かどうかを確認するため新聞を見に行ったのとか。

その後、深夜にごそごそしていたせいで、親に怒られたこととかも覚えているんですけど。

なので、せっかく思い出せたのに、結局「まぁ、戻ってこれたんだろう」としか思えてません。

 

でもまぁ、30年のうちに過去から戻ってこれたし、なんかあって軟派になっていたぐらいの認識でも十分なのかもしれません。

 

ひさびさの懐かしいB級感できゅんとする

だって、B級映画ですから!

細かいことは気にしない。

面白かったら笑うし、怖かったらびっくりする。

それでいいんだと思うんです。

 

今回の「死霊のはらわたリターンズ」は、最近めずらしくなった懐かしいタイプのB級感があふれてますし。

なんで人間吹っ飛ばせたり、車ぼこぼこにできる存在が、女性の力をものともしないのかとか。

前は、木の枝とか操れて、もっと超常現象みたいなことできたじゃないとか。

つっこみどころはたくさんあるのに、つっこんだら無粋と思ってしまう、あの感じ。

 

なんでもかんでも本格的な作品が増えて、こういった風に思える作品が、目に見えて減っている昨今。

そんな中で、「死霊のはらわたリターンズ」からは、本当にひさびさに懐かしいB級感が感じられ、キュンとしてしまいました^^

 

甦った原因がこれだと思うとかわいそうすぎる

でも、さすがに悪霊がよみがえった理由。

あれは、ひどい。

ナンパした女性の気を引くために、「死者の書」を読んで見せるなんて。

ちょうど飲んでた水をPCに吹きかけるところでした^^

 

こういうところを外さないのは、さすがすぎる。

「死霊のはらわた」というよりかは、懐かしいホラー作品を扱っている以上は、こういったコメディ色は絶対欲しい!

怖さの中にところどころでてくるコメディ色。

これに何度もやられてますから。

 

ただ、この理由で悪霊がよみがえり、その犠牲になった人々はかわいそうすぎる^^

一緒に「死者の書」読んでた女性とか、完全なとばっちりだし。

とりあえず、アッシュは、ケリーとアマンダには土下座しとくべき。

終わりに

「死霊のはらわたリターンズ」第1話の感想を書いてきました。

私は、かなり楽しませてもらいました。

初めて見た人でも、はちゃめちゃっぷりを十分楽しめるんじゃないかと思います。

過去に壮大なことがあったわけではないですしね。

ある意味Ⅱの終わりからⅢにかけては壮大でしたが^^

ただ、個人的には、この作品が面白いと感じ方には、「死霊のはらわたⅠ・Ⅱ」は見てほしいなーとは思っています。

その方が、より楽しめるような気がするので。

 

とりあえず、私は今後も視聴していこうと思います。

ただ、内容が内容だけに、各話ごとを1つの記事で感想を書くのはしないと思います。

感想を書いても、最後に一気に全体の感想を書くか、1つの記事に各話の感想を書いていくかするだけかと。

映像を見てこそ伝わってくる面白さがある作品だし、また細切れに感想を書いていく感じの作品ではないと思うので。

 

しかし、今後はどうなるんでしょうねー。

敵も謎もわかっているし、戦い方もきまっていますから。

まぁ、ある意味どうとでもなるとも思えますが^^

でも、できたらこのB級感を消さずにずっとやっていってくれるとありがたいですね。

映像が気になりましたらHuluの無料視聴で試してみてください

Hulu