THE TUNNEL-サボタージュ-第1話の感想!すごくオシャレなんだけどね

THE TUNNEL-サボタージュ-の感想

THE TUNNEL-サボタージュ-第1話の感想を書いていきます。

この作品は、カールとエリーズが主人公の刑事物で。

かつ、刑事ものに多い1話完結作品ではなく、シーズンを通して大きな難事件に挑むという感じの作品になっているようです。

 

そして、第1話を見る限りだと、今回はユーロトンネルでの連れ去り事件、飛行機事故(ひょっとしたら、それに加えて新婦の連れ去り事件あたりも)が絡み。

最終的に一本の解決が図られるといった風になっていきそうな雰囲気が感じられますね。

まぁ、まだどうなるかわかりませんが^^

 

では、そんなTHE TUNNEL-サボタージュ-第1話の感想を始めていこうと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

 

スポンサーリンク

THE TUNNEL-サボタージュ-第1話の感想

動機がわからない

今回の全部の事件の核となるところなので、第1話からわかるわけがないんですが。

それでも、事件の動機が全く分かりませんでした。

 

ユーロトンネルで起こった夫婦連れ去り事件。

でも、その首謀者は夫のロベールなんですが。

このロベールは、飛行機墜落事件の首謀者でもあるようなんです。

 

なんで、夫婦仲が良さそうだったのに、ロベールはユーロトンネルで事件を起こしたのか。

娘(クロエ)はなんで置き去りにしたのか。

ロベールは、どういった理由で、飛行機墜落事件にも関与したのか。

これがさっぱりわからないんです^^

だって、どうみても関係なさそうですからね。

 

しかし、カールらは、これの解決を図るって、かなり大変そう。

逆にどういった解決を図るのか、興味深いですけどね。

 

ちょっと苦手かも

ただ、THE TUNNEL-サボタージュ-は、正直ちょっと苦手な感じですね。

表現しづらいんですが、エリーズの表情や仕草があまり好きじゃなくて。

女優さんは、エリーズの、人の話を聞かない偏屈な性格をよく演技で表わしていると思うんですけどね。

逆に、もう少し演技力がなかったら、あったかもしれませんが^^

現状は、ちょっとあわないかなと思ってしまいます。

 

後、アメリカ系の海外ドラマを立て続けに見ていたせいかもしれませんが。

イギリス、フランス系の会話の波長が合わない感じもしますね。

しゃべりだす間とか、早口になるタイミングとか。

 

THE TUNNEL-サボタージュ-はオシャレ

しかし、THE TUNNEL-サボタージュ-がダメなドラマかというと、全然そんなことがなくて、困ってしまってます^^

先ほど書いた通りの、興味深い謎があるし。

また、全体的にオシャレな感じが漂っているのも良いですね。

 

例えば、会話。

イギリス、フランス系だからでしょうか。

シニカルな言葉遊びをしているかのような会話が繰り広げられたりしてますから。

特に、カールとエリーズの2人の会話の時に。

なんというか大人な会話です。

 

また、映像の色が多彩でオシャレ。

事件のシーンなんかは、ちょっとくすんだ色が使われていますが。

逆に、淡くて綺麗な色のあるシーンもあるんです。

その中でも、特にエリーズが管理職講座を受けている教室で、サンドウィッチを1人で食べてるシーンは印象的。

すぐにオリビエがきて、1人じゃなくなるので、非常に短い時間ではあるんですが。

背景の大きな色ガラスが映し出している淡い光と、薄暗い教室で1人で黙々と食事をしているちょっと寂しい感じが、妙にマッチしていて。

こういったセンスは、アメリカ系の海外ドラマでは、あんまり見ることができない感じですね。

 

終わりに

THE TUNNEL-サボタージュ-の感想を書いてきました。

私はちょっと苦手で、毎週見なさそうと思ってしまいましたが。

でも、謎自体の面白さ、また全体的なオシャレな雰囲気から、好きになる人は絶対にいるだろうなーとも、思いましたね。

シーズン2から入っても、大丈夫そうですし、興味のある人は試してみると面白いかもしれません。

多少どういうキャラなのかわかりづらいキャラもいますが。

この程度なら、説明が少なめな映画程度な感じなので大丈夫でしょう。

以上、THE TUNNEL-サボタージュ-第1話の感想!すごくオシャレなんだけどね、でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もありますので、ご注意を。

Hulu