ドラマ「Veep/ヴィープ」シーズン2 第1話の感想

海外ドラマ「Veep/ヴィープ」の感想

海外ドラマ「Veep/ヴィープ」シーズン2の第1話を見たので。

その感想を書いていきます。

 

シーズン1は、大統領選挙が終わった後に書きましたが。

このシーズン2第1話の感想を書くのも、トランプ新大統領が色々発言でお騒がしてる。

まさにど真ん中の時期に書いています。

シーズン1でも言いましたが。

本当にぴったりの時期に、Huluは政治ものを持ってきますね^^

 

では、さっそくシーズン2第1話の感想を書いていきます。

ネタバレ要素があるのでご注意を。

 

海外ドラマ「Veep/ヴィープ」シーズン2第1話の感想

新キャラが登場

まず、シーズン2になって、注目すべきなのは。

オープニングの映像がちょっと豪華になったのと。

新キャラでしょうね。

 

まずは、どうもセリーナと相性が最悪なケント。

冷酷な戦略家って評判ですが。

セリーナと一緒にいると、まるで子供の喧嘩を繰り広げており。

その評判はどうかと思いますね^^

ただ、前任のベンが解雇にならなかったため。

ひょっとしたら、当分出てこないのかもしれませんが。

 

もう1人は、海外ドラマ「シリコンバレー」の主要メンバーのディネシュ!

急に出てきたからびっくりしましたね。

「ヴィープ」も「シリコンバレー」も同じHBO作品ですから。

その関係できたんでしょうね。

ディズニータイムとかでもよくあるし。

「オースティン&アリー」のアリーが「リブとマディ」に出てきたりとか。

ただ、名前が一切出てこなかったので。

彼も当分出てこないかもしれませんけど。

 

テンポがよくグダグダ

そして、展開的には、あいかわらずテンポよく。

そして、キャラたちの行動はグダグダという。

なかなか両立が難しいことをやってくれてますね^^

今回で言うと、終盤の。

 

セリーナはかつて自分を見世物パンダにしたケントに腹立つ。

自分が選挙で貢献していると知る。

どや顔で上から目線。

大したことがない。

また見世物パンダにされそうになる。

 

この辺りなんて、かなりその感じがでていましたね。

「ヴィープ」はシーズン2になっても、なんら変わっていない。

そう思わせてくれる第1話でした。

 

押し付けられとる(笑)

でも、ストーリー的には、セリーナに新しい仕事が与えられたという違いがありますけどね。

ただ、アメリカと仲が悪く大変な国との外交権限と。

惨敗した選挙についてコメントするテレビ番組への出演。

しかも、徹夜明けなのに1日で27本というものであって。

間違いなく、嫌なことを押し付けられているだけなんですけどね^^

 

いまだに大統領と顔合わせできないし。

次々に問題が降ってくるしで。

セリーナを、一番痛い目にあわせる方針は変わっていませんね。

 

終わりに

というわけで、海外ドラマ「Veep/ヴィープ」シーズン2の第1話の感想を書いてきました。

さすがに、1話完結型の30分番組ですし。

また、シーズン1からの路線は変わっていないので。

感想短くなってしまいましたね^^

とりあえず、シーズン1が気に入った方は、雰囲気同じなので安心して見てくれて大丈夫ですよ。

シーズン1見てないけど、興味があるという方は、シーズン1から見てくれても、もちろんいいのですが。

見たいところから安心してみてください。

別にシーズン1から見ないとわからないということはないので^^

 

以上、ドラマ「Veep/ヴィープ」シーズン2 第1話の感想、でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もあるので、ご注意を。

Hulu

 

ドラマ「Veep/ヴィープ」シーズン1の感想【総括追記】テンポの良さと不謹慎さがクセになる

スポンサーリンク