ウォーキングデッドシーズン6第16話の感想!誰かが犠牲に・・・そしてシーズン7へ

※2016/12/1更新

ウォーキングデッドのシーズン6第16話の感想です。

今回のエピソードは、様々危険が舞い込んだ前回からの続きです。

ダリル達は無事か。

キャロルは。

マギーも。

気になりますよね。

15分延長されたウォーキングデッドシーズン6第16話。

その感想をはじめようと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

 

スポンサーリンク

ウォーキングデッド・シーズン6第16話の感想

道端に馬って(笑)

まず最初につまらない話なんですが。

ウォーキングデッドって、シーズン1から道端に馬が度たび出てきますよね。

今回もモーガンが道端に馬を見つけるんですが。

これが毎回笑ってしまう^^

日本の感覚だと、馬が道にでてくることなんてないので、どうしても過剰に反応してしうんです。

しかも、躊躇なくみんな乗るしね。

なんというか、さすがアメリカというか。

 

でも、ウォーカーが広がった世界では、馬ってなかなか便利そう。

そりゃ、毎回車があればいいですけど。

でも、常にあるわけではないし、それに車は遠くまで聞こえる大きな音出しちゃうので、自分の本拠地とかに帰るときは、集めてきちゃいますから。

まぁ、ストーリーとは関係ない話でした。

 

キャロルはどうなるのか

モーガンがキャロルを見つけますが、大怪我を負っているだけでなく、完全に心が折れてしまってました。

大事な人がいると戦わなければならないから、みんなのもとから去りたいというキャロルをどうやって助けたらいいんでしょうね。

ここまで切羽詰まっていると、ちょっとやそっとの治療で治すのは難しいでしょう。

大事な人ができればできるほど、心が弱っていく状態になってしまっているので、仲間がいることとかでは支えにならないでしょうし。

でも、どう考えてもニーガンからリックたちを救うには、キャロルとモーガンの力がいるでしょうから。

最後に現れた鎧をまとった謎の人物たちが、とりあえず怪我を診てくれるので、彼らとの関係次第になっていくでしょうね。

 

ユージンとエイブラハムがついに

ずっとかみ合わず、お互いを認め合わなかったユージンとエイブラハム。

特に、エイブラハムがユージンを下に見ていました。

でも、エイブラハムが、自分がおとりになると志願したユージンを認めたことで、ついに認め合う関係になることができました。

シーズン6で弱体化していったメンバーの中にあって、ユージンはゲイブラハムとともに成長できたメンバー。

まだまだニーガンと対面した時に弱気にはなっていましたが。

これからさらなる成長が見込めそうなんですよね。

武器の生産など、自分の得意分野をいかして、皆のためになることをしていこうという、芯もできてきていますから。

そんなユージンとエイブラハムが認め合ったんですから、心が熱くなってきますね。

 

エグすぎるだろ、ニーガン

今回のラスボスのニーガン。

ガバナーやギャレスがかわいく見えるぐらいにエグイですね。

なんというかねっとりとした話し方で恐怖をあおり。

皆が助かりたいなら、だれかを犠牲にしなければならないといい。

誰かが反抗したら、カールも犠牲にするというし。

 

特に、皆が助かるなら、誰かが犠牲にならないといけないというのは強烈。

これって、自分が生きている=誰かの犠牲のもとになりたっているという罪悪感をずっともたせることになりますから。

また、一種の共犯関係みたいな気分になっちゃうでしょうし。

ニーガンが絶対的なトップとしてですが。

そうなったら、ニーガンに反抗する気持ちを持ち続けるのは難しい。

多分、ヒルトップの連中が、救済者に反抗せずに従っているのは、こういったことが積み重なっていったからなんでしょう。

 

ただの恐怖心だけでなく、他の感情も上手に利用していくニーガンは、かなりやばいですね。

 

リックは回復するんだろうか

そして、ニーガンの術中にリックは完全にはまってしまっていますね。

何度も危ない目にあっているのに、こんなリックは初めて。

震えていますし、目が完全にうつろになっています。

カールに何かあれば動くでしょうが。

他の仲間が危なくなっても、動けてません。

終着駅のときとかは、あんなにもしっかりとし、仲間のことも考えていたのに。

これなら、ひょっとしたらミショーンが犠牲になっても動けないんじゃ。

そんな風に思ってしまします。

この状態から、リックは復活できるんでしょうか。

 

犠牲者はだれに?

そして、最後のニーガンの犠牲になったのは誰かも、やはり気になりますね。

これをはっきりさせずに、シーズン7までもちこさせるという鬼畜使用^^

個人的には、エイブラハムだと予想していますが。

はたしてどうなんでしょう。

詳しい予想は、長くなりすぎるので別途作成していますね。

 

終わりに

ここまで、ウォーキングデッドシーズン6第16話の感想を書いてきました。

今まで以上に、絶望的な終わり方ですね。

シーズン4の最終回に全員で捕まったとき以上かも。

一応、全員まだ無事でしたが。

最後のシーンを見る限り、誰かが犠牲になったようですね。

こんな状況でシーズン7を待たないといけないなんて!

以上、ウォーキングデッドシーズン6第16話の感想!誰かが犠牲に・・・そしてシーズン7へ、でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もありますので、ご注意を。

Hulu

 

ウォーキングデッド・シーズン6全話見た感想!絶望感がハンパない

【ウォーキングデッド7】ニーガンのバットの犠牲者を大予想

ウォーキングデッドシーズン7全話のあらすじ感想まとめ【随時更新】