一人暮らしをし始めた男たちへ!本当に力を入れるべきは洗濯だ

一人暮らしで洗濯は大事

8月も、もうそろそろ終わりですね。

別に学生時代に戻りたとは思わないんですが、なんとなく学生が夏休みだと思うと妬ましい。

でも、そろそろ学生は夏休みも終わりかー、やったーとか思ってたんですが。

いやいや、大学生はまだ半分も終わってないかと気づき、なんか負けた気分になってました^^

 

そんな気分にはなっているんですが、大学生の頃のことが色々思い出しちゃうんですよね。

その中には、楽しい思い出もありますが、やらかした思い出も。

というか、むしろやらかした思い出ばっかな気がします^^

 

まぁ、そんなわけで良いのも悪いのも色々思い出したので。

せっかくなので、大学時代に感じたことを書いていこうと思うんです。

その第1弾として、1人暮らしにおける洗濯の重要性について。

 

スポンサーリンク

洗濯を甘く見て、一瞬で数万円がパー

ところで、なんでこんな記事を書き始めたかというと。

洗濯を甘く見て、10万近く飛んで行ったのを思い出しちゃったから。

なんというか今思い出してもつらい経験だったので。

せめてネタになってもらおうかと思って^^

 

浮かれていた一人暮らし

当時は、ちょうど1人暮らしを始めたころで、人生で一番の解放感に浸ってた時期でしたね。

また、遠くでの1人暮らしということで、あっちこっちでおこずかいはもらえるし。

大学デビューを果たす資金のためにしていたバイトの、バイト代がはいって浮かれていた時期でもありました。

 

そんな状態で、かつ東京のお店で買うなら雑誌に載っているのを買わなくちゃという、最高にダサい考えを持っていたので^^

行きましたよ、初めての渋谷に。

そして、値段にびびりながらも、血を吐く思いで5,6万円分Tシャツをメインに買ってやりました。

これだけあれば、小説や漫画なら新作で100冊、ゲームでも10本買えるじゃんとかいう思いもありましたが。

それでも、これでモテモテになるに違いないと言い聞かせて。

 

知識のない洗濯の恐怖

けど、やっぱり買って帰るとうれしいもんですね。

見ていた雑誌に載っている服とかが手に入ったという充実感もありましたし。

これで大学生活は勝ったも同然と思っていました。

 

ただ、噂では新品感丸出しの服はダサいと聞きました。

そこで、近所で1回着てから、洗って干して万全を期してやることに。

でも・・・

 

いきなり3分の2がデロデロに(TT)

 

今なら、大事な服はネットに入れ、また柔軟剤も入れますし。

そして、できる限りギチギチにはいれないようにします。

普通に洗濯しちゃダメなのを、そのままにしておくなんていうのはもってのほか。

 

ですが、そのときはそんな知識なんてありません。

洗濯機には限界を超える量を詰め込み。

洗剤も粉のを目分量、柔軟剤なし。

普通に選択しちゃダメなのも、一緒にイン。

当然、襟元や裾がヨレヨレになったり、縮んだり、色むらができたりしちゃったわけです。

 

もうこの段階で、4万円ぐらいダメにしているので、泣きそうになっているわけですが。

まだまだ続きます。

洗濯を干すのも、何で干したらいいかわからないので。

とりあえず家にあったのに似たやつを買ってきました。

積水樹脂商事 室内干し ものほしスタンド コスモス MH-3R

今思えば、なぜこれなんだと。

いや、タオルとかパンツを干すときとかには最高なので、オススメなんですよ。

でも、物干し竿の方は、タオルとズボンで占領されてたからといって。

なぜこれで無理やり服を干したりしたのかと・・・

 

うん、そりゃのびるよね・・・

 

今度は干しているときに物理的に伸びてしまいました。

しっかり買ったばかりの服たちも。

おかげで、本もゲームも我慢して5,6万かけて買った服たちが、大学に1度も着ていくことなしにパー。

とりあえずように実家からもってきた2,3着以外全滅。

モテモテどころか、普通に着る服く服を買ったせいで、次のバイト代がでるまで極貧状態でしたよ。

あはははははははは・・・はぁ。

 

洗濯を甘く見て、一瞬で数万円がパー、リターンズ

この痛い経験をもとに、勉強しましたね、洗濯のことを。

遊びに使ったり、モテモテになるための資金を1回の選択で吹っ飛ばしたんですから。

二度とそんなことをしないと決意して!

 

おかげで、その後は同じようなつらい経験はせずに済みました。

最低限必要なことをやり、買う時も伸びやすい素材の服を避け、順調にいった。

いたんですが・・・

でも、次の年のシーズンにまたやってくるんですよね・・・

 

ところで、あなたは汗をよくかきますか?

スポーツをやっている方なら当然各でしょうけど。

そうじゃなくてもかくタイプの人いますよね。

私もそうです。

 

そんな人間がですね、1シーズン何度も使って、普通に洗濯して収納してただけじゃダメなんです。

収納する前にアクロンとかで手洗いして汚れしっかり落としたり。

手洗いができないやつは、ちゃんとクリーニングに出したりしてやらないと。

普通に汗ジミや変色しまくっててびびりましたよ。

どーでもいい服だけ綺麗なまんまで、また高い服ばっかり・・・

特に、白っぽい春物のコートはやばかった。

かなり汚くて、全然爽やかな気分になれませんでしたから。

 

私が勉強したのって、普段の洗濯のことだけだったんですね。

箪笥にしまう時は、また気をつけないといけないことがあるなんて。

おかげで汚れが固定し、そして何やっても落ちない状態に。

人によっては、なんとかできる人もいるらしいですが。

少なくとも、私には無理でした・・・

これで、また全部買いなおして、数万円分が飛んで行ったわけです。

最後のひと手間を惜しんだばっかりに(TT)

 

終わりに

というわけで、2年連続で春に数万円分の服をだめにしちゃったわけです。

合計したら10万円近く・・・

20歳そこそこの人間にはこたえましたねー。

それぞれ、もう少しずつ洗濯能力があれば避けることができたのに。

 

女生とかだと、ここまで洗濯でやらかす人は、あんまりいないと思います。

でも、男性の中には、私と同じぐらい粗忽者もけっこういる。

そんな人間が何も気にせず、嫌々洗濯したりしたら、私と同じような目にあいますよ。

できたら、一人暮らし前に。

すでに一人暮らしした後でも、できる限りはやく洗濯の技術を身に着けるのがオススメ。

 

埃っぽくても、なかなか痛い目にはあいません。

また、料理ができなくたって、男の一人暮らしならなんとかなります。

でも、金がなくて、服もないというのは、かなりこたえますから。

ちゃんとした知識を身に着けて洗濯し、クリーニングが必要なのはめんどくさがらずクリーニングに出すということを、習慣づけちゃいましょう。

 

以上、一人暮らしをし始めた男たちへ!本当に力を入れないとダメなのは洗濯だ、でした。