【ウェイワード・パインズ】シーズン2第5話!テオがかわいそうすぎるでしょ

ウェイワード・パインズ・シーズン2の感想

ウェイワード・パインズ・シーズン2の第5話の感想を書いていきます。

消えたはずのアビーが、まさかの街中に現れた前回からの続きです。

 

研究所から出てきたアビーなのか。

それとも、外部のアビーが入ってきたのか。

今後が大きく変わっていくところなので、すごく気になってました。

では、さっそく第5話の感想を始めていきます。

ネタバレ要素があるのでご注意を。

 

スポンサーリンク

ウェイワード・パインズ・シーズン2の第5話の感想

テオの予想が当たっていた

テオは、テオとレベッカがウェイワードパインズの住人になった際、重要なのは医師の自分ではなく、建築士のレベッカだったんではという疑問を持っていましたが。

バッチリ当たっていましたね。

まさか、レベッカ、ウェイワードパインズを設計し、作り上げた人物だったとは。

下手しなくても、メーガンたちよりも重要人物だったわけですね。

スカウトの時も、わざわざピルチャーがやってくるクラスの。

 

正直、壊れた建物直すために設計士がいるのかなぐらいにしか思っていなかったので。

かなりびっくり。

そりゃ、世界的な医師よりもいる存在ですよ。

だって、彼女の計画の出来によって、アビーがウェイワードパインズに入ってくるかどうかが決まるんですから。

ピルチャーとともに、計画の柱ですね。

 

テオかわいそうすぎる

でも、さらにびっくりしたのは、ザンダーがレベッカの新しい夫になっていたこと。

テオとレベッカでは、目が覚めるまでに2年の差がありますし。

ウェイワードパインズは1人で生きていけるほど甘い街ではないですしね。

これでやっと、ザンダーがレベッカに意味ありげな視線を送っていた意味が分かりました。

 

しかし、テオはかわいそうすぎる。

目が覚めたらわけがわからないところに連れてこられるし。

第二のイーサンになるかもしれないと考えられ、外に出されるし。

あげくのはてに、知らないうちに妻が結婚していたんですから。

 

彼からしたら、夜寝て朝起きたらという感じですもんね。

かわいそうすぎる。

もし自分が同じ立場ならと考えると、耐えられる自信がありませんね。

結婚指輪を外して出ていく気持ちはすごくわかります。

 

メスのアビーと、現れたアビーたち

とうとう消えていたアビーたちが現れましたね。

これには前回街に現れたメスのアビーが関係してそうなんですが。

現状はわかりませんね。

 

というか、メスのアビーは不思議すぎます。

他のアビーたちとの関係もそうですが。

他にも、どうやって、フェンスの中に1人だけでやってきたのか。

なぜ、彼女がいるとオスのアビーが静かになるのか。

謎だらけです。

 

社会性はないと考えられていたアビーですが。

ひょっとしたら、部族とかをつくっていて。

そして、彼女はそこでシャーマンか族長に近い存在なのかもしれません。

そうでもないと、本当にわからないことだらけです。

これは次回以降を待たないといけなさそうですね。

ただ、言葉しゃべれないので、詳しいところまではわからなさそうなのが残念。

 

終わりに

前回もかなりの謎を残してくれましたが。

今回も、料は少なくても、質の高すぎる謎を残してくれましたね。

メスのアビーはどういう存在なのか、次回以降を待たないといえないのが歯がゆいです^^

しかし、ベンは、ザンダーと違いダメでしたね。

イーサンもベンもいなくなり、テレサは1人になってしまいました。

今後、アダムが口説いていきそうですが、それもどうなのと思ってしまいます。

まぁ、どれも次回以降ですね。

次回がかなり気になります^^

以上、ウェイワーズパインズ・シーズン2第5話の感想でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もありますので、ご注意ください。

Hulu

 

【ウェイワード・パインズ】シーズン2第6話の感想!メスのアビー(マーガレット)の謎 へ進む

ウェイワード・パインズ・シーズン2第4話の感想!アビーが後継者? に戻る

第1話に戻る。全話見た総括へ進む