ZARDの25周年ライブパート1をHuluで見た感想!想像以上にグッときた

ZARD25周年記念ライブ  “What a beautiful memory~25 Anniversary~” part1を見た感想を書いていきます。

2016年5月27日に開催されたライブが、3ヶ月ほどでHuluで配信されるということで、楽しみに待っていました。

事前情報を書いた記事では、友人が見つけられるかもなーなんて書いていましたが。

さすがに、あの暗さでは見つけられませんね^^

それは果たせなかったですが。

でも、想像以上に楽しくて、また同時にぐっとくるものがありました。

今回は、配信された映像を見たときに感じた感想を書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

ZARDの25周年記念ライブパート1をHuluで見た感想

最初から卑怯

いや、この映像は、最初から卑怯ですよ。

だって、いきなり「負けないで」のオフボーカルから始まるんですもん。

世代的に、昔を思い出して、この時点でやばかった。

子供のころにみた「白鳥麗子でございます」(松雪版)とかが駆け巡って。

ちょっとした時間だけなんですが、すでにかなりノスタルジーな気分に^^

 

でも、敵の攻撃はこんなもんでは終わりません。

暗い会場で、だれもいないところにマイク。

そして、そこから「揺れる思い」ですから。

これまた、クリティカルな曲で。

多分疲れていたりしたときに、これを見たら。

この時点で、涙がどばっーって出ていたかも^^。

 

いや、最初から演出、卑怯すぎるでしょ。

たった数分でこんなにも揺さぶってくるですからね。

 

こんなにかわいかったっけ

そして、映像を見ていてちょっと違和感があったんです。

あれ、こんな感じだったかな?って。

坂井泉水さんって、もっと美人だと思っていたのに。

美人じゃなくて、超かわいいって思ってしまって。

 

これは、自分が年とったせいですかね。

子供のころは、綺麗な人だなーとひたすら思っていたんですけど。

そういや、子どもの頃に坂井さんのことを、大人がかわいいっていってたような気がしますし。

自分の年齢によって、こんなに感じる雰囲気が変わる人も珍しいですね。

 

ただ、子どもの頃に感じていた透明感は、健在でした。

さすがにファッションは、単体として見ると古く感じましたが。

でも、坂井さんの雰囲気に非常にあっていて、透明感をより引き出している感じがしましたね。

なんというか「泉水」という字にぴったりの雰囲気でしたね。

 

想像以上にライブだった

ライブの内容に関しては、想像以上にライブだったという感想を持ちましたね。

映像を使っていても、生演奏を使ったら、こんなにもライブ感がでるのかと感心しましたし。

また、ゲストにソロ演奏を利用するなどして、しっかりとしたオリジナリティのある感じにしていましたし。

 

友人からこういったライブがあると聞いたときは、ライブといえるのかと思っていたんですけど。

心配することは全然なかったですね。

ちゃんと趣向を凝らしていて、十分ライブ感がでています。

 

ただ、唯一残念なのは、ところどころに出てくる司会(?)でしょうか。

司会が出てくるライブって、複数の歌手による複合ライブに多いイメージで。

こういったソロライブにいると、なんとなく不思議な感じがして。

まぁ、これは好みの問題ですかね。

 

ファンは大丈夫なのか?と気になる

今回、この映像を見て、一番強く思ったのは、これなんです。

「ファンの人たち大丈夫なのか?」ということ。

 

先ほど書いた通り、私は、最初の冒頭から、結構ぐっときていましたが。

歌に集中してからは大丈夫になって、ライブ映像を完全に楽しんでいたんです。

でも、途中からダメでした。

映像の中の坂井さんが楽しそうに歌えば歌うほど。

もういないという現実とのギャップを感じて。

 

先ほどは「涙がどばっーって出ていたかも^^」なんて、書きましたが。

多分、あのライブの場にいて、そのことに思い至っていたら。

冗談抜きにどばっーって出ていました。

 

私なんてファンといっていいか微妙な存在です。

子供のころから、ドラマの主題歌になっていたのを聞いていたり。

CD買って、学校行くまでに聞く曲の1つにしたり。

カラオケで歌っている女の子にキュンっときたりする^^

そんな程度ですから、ファンというより好きな歌手レベルだと思うんです。

 

でも、あの会場にいるファンたちは、そんなレベルじゃないはず。

何度も行っている友人とか、もの凄かったですし。

 

私程度で、かなり危険なレベルになっているのに。

ファンたちは、どんなことになっているのか。

見終わった時には、それが気になって仕方がありませんでしたね。

 

終わりに

というわけで、完全に揺さぶられてしまいました^^

おかしいですね、見る前はこんな風になるはずじゃなかったんですが。

でも、実際見たらやばいですよ。

活躍していた時代に青春を送っていたというのはあるんでしょうけど。

しかし、これで友人が何度も行く理由がわかりましたね。

こんな気分になるんですから。

 

今回見たのはパート1ですが、9月3日からやるパート2も見ないといけませんね。

まだ聞いていない、思い出の曲もいっぱいありますから。

そこで聞けるでしょうし。

いや、楽しみです。

以上、ZARD25周年記念ライブ  “What a beautiful memory~25 Anniversary~” part1を見た感想、でした。

 

映像が気になった方は、Huluの無料視聴で試してみてください。

ただ、記事作成時と異なり、掲載が終了している可能性もありますので、その点ご注意を。

Hulu

 

※パート2の感想&セットリストに関してはこちら

ZARDの25周年ライブパート2も見ました!さらにやばくなってた【Hulu】