12モンキーズ・シーズン3の感想!ついに息子との対決の始まり

海外ドラマ『12モンキーズ』シーズン3の感想

今回は、海外ドラマ『12モンキーズ』シーズン3を見たので。

その感想を書いていきます。

 

シーズン3は、世界を滅ぼそうとしているラスボス存在の「目撃者」。

彼が、自分とキャシーの間に生まれる子供の未来の姿だとわかった上。

キャシーが目撃者たちにとらえられた。

そんな絶望的な終わり方をしたシーズン2からの続きです

>>12モンキーズ・シーズン2の感想【最終回追記】シーズン3に続く

 

いや、勝利条件が本当にわからない。

勝つってことは、キャシーのお腹にいる息子を消滅させてしまうことですから。

どんな経過をとるにせよ。

だから、どういった風に進むのか非常に楽しみで、心待ちにしてたんですよ^^

 

では、そんな12モンキーズ・シーズン3の感想を始めていこうと思います。

まず最初に第1話を見た感想を書き。

その後、最終回を見終わった感想を書くという流れで。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年11月時点の情報です現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

12モンキーズ・シーズン3第1話の感想

シーズン3第1話の映像が最高すぎる

まず、キャシーが捕まってから数か月間、ほとんど寝ずにキャシーを探している。

そんなコールの姿を見るところから、第1話は始まります。

 

ちょっとボロボロすぎて見てられなかったですね。

精神的が摩耗しているのが、ありありと見えましたから。

まぁ当たり前なんですけどね。

一人で目撃者がいる2163年に乗り込んで。

拠点であるタイタンを、目印などもなくただひたすら探すんですもん。

ほぼ睡眠もとらずに。

そりゃ摩耗するってもんです。

 

しかし、そんな疲弊しているコールとは異なり、2163年の映像がたまらないんですよ。

人類がいなくなった未来ですから、森がうっそうと世界を支配している感じで。

そして、その中に、街全体がタイムマシーン(マシーン)で、メカメカしいタイタンが浮かんでいるんです。

それを見てると、ファイナルファンタジー6の世界を思い出してしまい。

ものすごい懐かしい気分になるんですよ。

 

また、囚われているキャシーは、祀られる存在である目撃者の産みの親として重要なポジションと扱われており。

綺麗なドレスを着せられて、綺麗な部屋で生活させられています。

そのドレスも部屋も、目を引く赤を取り入れられていまして。

キャシーの美貌もあり。

ダークファンタジーな作品を作った際のディズニー映画を見たような感じにさせられるんです。

 

そんななので、第1話の世界観には、惹かれまくってしまいましたよ。

普段はほとんどしない、ストーリーを見終わった後に。

映像を見直すということをしてしまうレベルで。

いや、2017年で見た、ファンタジーやSF系の海外ドラマの中で。

映像に限って言えばダントツですね。

 

未来のコールとキャシー(?)はどんな未来を見てきたのか

そんな2163年で、コールは逃げ出そうとしていたキャシーまであと一歩というところまで迫ります。

でも、謎の男によって、キャシーから離されるんですが。

その男こそ、未来のコール自身だったんですよ。

タイムパラドックスを制御できる装置をもったね。

 

その未来のコールは、一応これからしないといけないことを教えてくれるんですが。

彼が言うには、キャシーを救うことはできないとのこと。

これはどういうことなんでしょうね。

 

キャシーが生きていれば、助ける手段はありそうなもの。

一度自分を犠牲にして世界を救おうとキャシーがしたけど。

それも時間を自由に飛べる敵が、許さなかったので生き続けるでしょうし。

なにより、今のコールがいなくなった後、未来のコールのもとに(おそらく)未来のキャシーがやってきていますしね。

これって助けられたんじゃないのかとも思ってしまうんですよ。

 

ただまぁ、未来のコールは今のコール以上に疲弊している感じがしていましたし。

未来のコールも未来のキャシーもすごく暗い雰囲気でした。

だから、何かしらのことはあるんでしょうけど。

それがいったい何なのか・・・

 

今後ここは物語の肝になってくるんじゃないかと思っています。

 

ジェニファーがいつも通りで安心する

そんな暗いシリアスな雰囲気をぶち壊してくれるのがジェニファーですよ。

実は私、圧倒的にジェニファー派。

「あー、ヒロイン変わらないかなー」と思うぐらい、シーズン2のジェニファーを気に入っていたんですよ。

変人ですけどね^^

 

そんなジェニファーも今回でてきたんですけど。

ジェニファーがシーズン2の最後に飛ばされたのは1917年のフランスとドイツが戦っていた場所。

思いっきり命の危険がありまくるところでしたから。

ひょっとしたらジェニファーの場面も暗くなるのかなとちょっとがっかりしてたんですよ。

 

でも、さすがジェニファーは安心ですよ。

自分を危険から守ってくれていた人たちが敵に次々にやられていく中で。

急に歌いだしたくなって、歌い出しますからね^^

もう期待を裏切りませんよ。

 

しかも、みんなシリアスな状況になっているのに。

その敵たちに変人っぷりが気に入られてしまい。

ついには舞台デビューまでしたというじゃないですか!

本当にこっちの予想を、斜め上に突っ切っていってくれるその姿を見ると。

「ああ、12モンキーズをみてるんだなー」って安心できてしまいますね。

 

あ、ちなみに、キャシー救出に、ジェニファーは重要なポジションにいるらしいですよ。

 

終わりに

というわけで、12モンキーズ・シーズン3第1話の感想を書いてきました。

シーズン3が始まったら、少しは謎は解明されるかなと思ってたんですけど。

さらに事態は複雑になってきて、ますます目が離せなくなってしまいましたよ。

後、ジェニファーが何をしでかすかもね。

以上、12モンキーズ・シーズン3第1話の感想、でした。

お得に本を読む方法

本をお得に読みたい方には、現在開催中のU-NEXTの無料トライアルの利用がおすすめ。


漫画や小説の最新刊を購入するのにも利用できる、600円分のポイントがもらえてお得ですから。


読みたい本を読んで、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ。