仮想通貨ADAとは?内容・特徴と将来性&その買い方についてご紹介

ADAの内容・特徴・将来性

今回は、仮想通貨ADAについてご紹介します。

その内容や特徴。

そして将来性を中心に。

仮想通貨ADAをまとめると、こんな感じなのですが。

  • 通貨名:ADA(エイダ)
  • 通貨略号:ADA
  • 公開日:2017年10月
  • 発行枚数:450億ADA
  • 国内取引所:なし
  • 海外取引所:Binance(バイナンス)、Bitrex(ビットレックス)

以下では、もう少し詳しく、でも端的に解説していただいてますよ。

また、最後にADAの買い方についても。

投資に関しては、自己責任でお願いします。

 

仮想通貨ADAとは?その内容と特徴

仮想通貨のADAは、世界初のプログラマーのエイダ・ラブレスにちなんで「エイダコイン」と呼ばれるようになりました。

Cardano(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォームで使われている仮想通貨で、2017年の11月下旬から一気に価格が高騰していて注目を集めています。

以下ではADA(エイダコイン)の内容や特徴をまとめていますので、他の仮想通貨との違いをチェックしておきましょう。

 

チャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わっている

ビットコインやビットコインキャッシュなど他の通貨と比較すると、ADAは知名度の低いアルトコインです。

しかし、ADAは以下の仮想通貨を作った天才数学者のチャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わっています。

・Ethereum(イーサリアム)
・BitShares(ビットシェアーズ)

時価総額がビットコインに次ぐ第2位のイーサリアムを開発したチャールズ・ホスキンソン氏が関わっているため、ADAは注目されているのではないでしょうか。

 

スマートコントラクトのPlutusを利用できる

仮想通貨のADAは、スマートコントラクトのPlutusを利用できます。

スマートコントラクトはイーサリアムが元となっていて、どんなシステムなのか大まかにまとめてみました。

・お金のやり取りで発生する契約が全て記録される技術
・全て自動的にブロックチェーン上へと記録や実行がされる

ADAのPlutusはアプリケーションのカルダノ・コントロールレイヤー(CL)により、複雑で高度な契約でも瞬時に記録や実行をして柔軟な使い方ができるのが特徴ですね。

 

フェアな環境でオンラインカジノができる

自宅で好きなタイミングで遊んだり、ボーナスやプロモーションといった特典があったりすることでオンラインカジノをプレイする日本人は増えました。

運営許可証(ライセンス)を受けて運営しているオンラインカジノであれば、遊ぶことに対して罪を問われることはありません。

しかし、インターネット上で行われるオンラインカジノには次のデメリットがあります。

・ユーザーは胴元の不正を感知することができない
・ユーザーが負けるようにプログラミングされていることがある

「不当にお金を搾取されるのでは?」と不安を抱えている方は多いのですが、仮想通貨のADAはブロックチェーン技術で不正や記録の改ざんができず、フェアな環境でオンラインカジノが可能です。

ADAはオンラインカジノプラットフォームのカルダノで使われるトークンですので、フェアなゲームを楽しめますよ。

 

特殊なウォレットのDaedalous(ダイダロス)を使用できる

仮想通貨で投資や資産運用を始めるに当たり、ホームページへとアクセスしてウォレットを作成しなければなりません。

ADAは特殊なウォレットのDaedalous(ダイダロス)が使用可能で、次のようなメリットがあります。

・セキュリティ性が高くて安全に使える
・様々なオンラインゲームで直接送金できる
・スピーディーに送金ができる

Daedalous(ダイダロス)は、ADAのウォレットページからダウンロードが可能です。

 

将来的に日本のATMで引き出せるようになる

ADAコインの売買は基本的に仮想通貨の取引所で行う形となりますが、将来的には日本のATMで引き出せるようになります。

2017年の12月時点で仮想通貨ADAの取り扱いがある取引所は次の2つです。

・120種類以上のアルトコインを取り扱う「Bitrex(ビットレックス)」
・中国の大手仮想通貨取引所の「Binance(バイナンス)」

現段階では少ないものの、ADAが公開されてから1年以内に25ヵ所のATMで取り扱えるように目指しています。

仮想通貨ADAの将来性

ADAコインは今までに詐欺ではないかと言われていたため、「本当に購入して大丈夫なの?」といった意見が出ていました。

しかし、仮想通貨ADAは以下のように知名度が着々と上がっています。

・ICOで約60億円の資金調達に成功した
・2017年10月にBittrexに上場した
・1ヵ月が経たないうちに価格が約40倍に跳ね上がった

イーサリアムを開発しているチャールズ・ホスキンソン氏が携わっていることもあり、将来性が十分に期待できる仮想通貨なのは間違いありません。

海外の仮想通貨取引所だけではなく、日本のATMやデビットカードでの対応が始まるとなれば、ADAは他のアルトコインと同じように身近な存在となりますね。

「信頼性がある」「柔軟性が高い」「セキュリティ面が整っている」といった点で比較すると、将来的に見て投資として利用しやすいのではないでしょうか。

2017年の1月の段階では一時的に跳ね上がってから価格が下がっていますので、ADAは今後の動向に期待できる仮想通貨です。

 

仮想通貨ADAの買い方について

仮想通貨ADAを買うなら、私も含めて多くの方が利用しているバイナンスがおすすめ。

非常に使いやすく、また多くの通貨が上場されている非常に人気の取引所です。

▼バイナンス公式HPをチェック▼

 

ただ、日本円での直接の売買はできないので。

国内で購入したビットコインを送ってから、取引をするのが一般的。

そしてその際には、販売所よりも取引所の方が安く手に入れられる傾向があるので

私は普段から利用しているZaifで購入することにしています。

ローリスクな積立サービスがあるなど、仮想通貨取引をする上で是非とも口座開設しておきたい取引所ですから。

▼Zaif口座を無料開設▼