ビットコインキャッシュBCHとは?内容・特徴と将来性&その買い方についてご紹介

BCHの内容・特徴・将来性&買い方

今回は、仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)に関して、N.Nさんに書いていただきました。

その内容や特徴。

そして将来性への言及までしていただいています。

仮想通貨ビットコインキャッシュをまとめると、こんな感じなのですが。

  • 通貨名:BCH(ビットコインキャッシュ)
  • 通貨略号:BCH
  • 公開日:2017年8月1日
  • 発行枚数:2,100万BCH
  • 国内取引所:コインチェック、Zaif、Bitflyer
  • 海外取引所:Binance(バイナンス)

以下では、もう少し詳しく、でも端的に解説していただいてますよ。

また、最後にその買い方についても、簡単に紹介しています。

投資に関しては、自己責任でお願いします。

仮想通貨ビットコインキャッシュとは?その内容と特徴

仮想通貨のBCH(ビットコインキャッシュ)は、2017年の8月1日以降にビットコインの分裂によって誕生しました。

時価総額ではビットコイン、イーサリアムに次ぐ3位と上昇していて、2017年の12月後半には約70%以上のアップの45万円台を記録したことで注目を集めています。

BCHはビットコインの課題の解決を目指した仮想通貨ですので、今後も中心的な位置付けとなるのは間違いありませんね。

以下ではBCH(ビットコインキャッシュ)の内容や特徴をまとめていますので、一度チェックしておきましょう。

 

ビットコインの8倍のブロック容量を誇る

「BCHこそ本物のビットコイン」と呼ばれるほど可能性を秘めた仮想通貨で、その理由はビットコインの8倍のブロック容量を誇るからです。

ビットコインの課題の一つがスケーラビリティ問題で、その概要を大まかにまとめてみました。

①各ブロックの容量は1MBしかない
②ネットワーク上での取引量が劇的に増えている
③ネットワーク上の取引の数を対処できない
④効率的に捌ける範囲が制限されている

簡単に説明すると、1ブロックに書き込めるトランザクションの数が限られてデータ処理が遅くなり、送金に長い時間がかかるのがスケーラビリティ問題です。

しかし、BCHはブロック容量が8MBに増えているため、圧倒的な処理速度を誇ります。

仮想通貨としてのスペックが非常に高く、今後の取引量の増加が期待されているのです。

 

新しい難易度調整アルゴリズムのDAAが採用されている

ビットコインのチェーンからBCHのチェーンへと移行した際に、新しい難易度調整アルゴリズムのDAA(Difficulty Adjustment Algorithms)が採用されました。

DAAはアモリ・セシェ氏が開発したD601を元に作成されていて、どんなアルゴリズムなのか簡単に見ていきましょう。

・ハッシュレート変動を抑えつつ安定した運用ができる
・マイニングの難易度調整を安定させることができる

難しい仕組みは省きますが、DAAのアップグレードによって急激な難易度変化が生じなくなったのが特徴です。

 

セキュリティ面が向上している

仮想通貨のBCHはビットコインからの分裂で、セキュリティ面が向上しました。

ビットコインのセキュリティ面に不安が残るのは、リプレイアタックへの対応がなされていないのが理由ですね。

リプレイアタックとは分岐後に元の送信者の元帳から通貨を勝手に送信させる攻撃を指し、ブロックチェーンが似ているのが原因となっています。

しかし、BCHはリプレイアタックへの対策が済んでいますので、大きな混乱が起こる心配はありません。

他にも、BCHはトレザー(USD型ウォレット)を始めとするハードウェアウォレットなど、安全性を高める施策を実施しているのもポイントです。

 

国内の取引所で購入できる

マイナーなアルトコインは海外の取引所でしか購入できないものの、BCHは次のように国内の取引所でも購入できます。

・coincheck(コインチェック)
・bitflyer(ビットフライヤー)
・Zaif(ザイフ)
・GMOコイン

国内の取引所は日本語にも対応していますので安心ですよ。

 

決済可能な実店舗が増えている

近年では、日本でもビットコインキャッシュを使って決済ができる実店舗が増えました。

それだけ世に浸透している証拠で、代表的なお店を幾つか見ていきましょう。

東京エリア:サンタルヌー(ベルギービールとチーズ)
埼玉エリア:うなぎ料理専門店 川昌
大阪エリア:炭火焼肉たむら
京都エリア:ヘアサロンLP

ビットコインを使った決済とは異なり、店舗側が直接マニュアルにて受け取る仕組みです。

 

仮想通貨ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュコインは今までに詐欺ではないかと言われていたため、「本当に購入して大丈夫なの?」といった意見が出ていました。

しかし、仮想通貨ビットコインキャッシュは以下のように知名度が着々と上がっています。

 

・ICOで約60億円の資金調達に成功した
・2017年10月にBittrexに上場した
・1ヵ月が経たないうちに価格が約40倍に跳ね上がった

 

イーサリアムを開発しているチャールズ・ホスキンソン氏が携わっていることもあり、将来性が十分に期待できる仮想通貨なのは間違いありません。

海外の仮想通貨取引所だけではなく、日本のATMやデビットカードでの対応が始まるとなれば、ビットコインキャッシュは他のアルトコインと同じように身近な存在となりますね。

「信頼性がある」「柔軟性が高い」「セキュリティ面が整っている」といった点で比較すると、将来的に見て投資として利用しやすいのではないでしょうか。

2018年の1月の段階では一時的に跳ね上がってから価格が下がっていますので、ビットコインキャッシュは今後の動向に期待できる仮想通貨です。

 

仮想通貨ビットコインキャッシュの買い方について

仮想通貨ビットコインキャッシュを買うなら、国内大手の3つ取引所では、どこでも購入することができます。

その中でおすすめは、メインの国内取引所として利用したコインチェック。

最も多くの仮想通貨を取り扱う取引所なので、これをメインにすえておくと末永く便利ですから。

▼コインチェックを無料登録▼