仮想通貨TRXとは?内容・特徴と将来性&その買い方についてご紹介

TRXの内容・特徴・将来性

今回は、仮想通貨TRXについてご紹介します。

その内容や特徴。

そして将来性を中心に。

仮想通貨TRXをまとめると、こんな感じなのですが。

 

  • 通貨名:TRON(トロン)
  • 通貨略号:TRX
  • 公開日:2017年8月
  • 発行枚数:100,000,000,000TRX
  • 国内取引所:なし
  • 海外取引所:Binance(バイナンス)

 

以下では、もう少し詳しく、でも端的に解説していただいてますよ。

また、最後にその買い方についても、簡単に紹介しています。

投資に関しては、自己責任でお願いします。

 

仮想通貨TRXとは?その内容と特徴

仮想通貨のTRX(TRONトロン)はブロックチェーンと分散ストレージ技術を使い、コンテンツエンターテイメントシステムの構築を目指すプロジェクトです。

2017年の8月にICOが実施されて僅か1分で販売が終了したことで注目を集め、時価総額も7位へと成長しました。

アルトコインの中でもそこそこ有望視されている仮想通貨で、今後のプロダクトの進捗次第では大きく価値が化ける可能性を秘めていますよ。

以下では、仮想通貨のTRX(TRONトロン)の内容や特徴をまとめていますので、一度チェックしておきましょう。

 

分散型ストレージ技術を採用している

中国発の仮想通貨のTRXは、分散型ストレージ技術を採用しています。

ブロックチェーンベースの分散型プロトコルで、分散型ストレージ技術の大まかな内容をまとめてみました。

・各ユーザーが自由にデータを公開したり所有したりできる
・分散された状態でコンテンツの配信や購読を決定できる
・デジタル資産をリリースして処理できる

分散型ストレージ技術のお陰で、世界中のクリエイターが自由にデジタル資産を世に送り出せるプラットフォームになっています。

 

ビットコインのように管理者が存在しない

TRXは仮想通貨の代表格とも言えるビットコインのように、管理者が存在しないのが大きな特徴です。

ビットコインの非中央集権システムとは違い、上記で説明したように膨大な数のサーバーを分散してチェーンのように繋ぐ分散型ストレージ技術が採用されています。

このネットワークのお陰でどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・配信デバイスから受けるマージンや制限がない
・誰もが自由にコンテンツを発信できる

「管理者がいない=配信者からお金を取らない」というシステムで、仮想通貨TRXはクリエイターを第一に考えているのは間違いありませんね。

 

大手のサービスで採用されている

仮想通貨TRXの開発者は全て中国人で、元アリババを開発したメンバーもプロジェクトチームの中に入っています。

そんなTRXは以下のように既に大手のサービスで採用されていました。

Peiwo:中国版のSHOWROOMとも言えるSNSとして人気で、1,000万人を超えるユーザーがいる音楽ストリーミングサービス
Obika:シンガポール発祥の自動車シェアサービスで、会員の数は既に1,000万人を超えている

大手のサービスと提携しているのは、コンテンツの提供や普及でデジタル資産を得ることができたりICOの形態で自由に広められたりといった魅力を持つ仮想通貨なのが理由です。

 

日本の取引所への上場を予定している?

今現在では、仮想通貨TRXは国内の取引所では購入できません。

中国の海外取引所であるBinance(バイナンス)などを利用しなければ入手できないものの、今後は日本の取引所への上場を予定しているような情報が散見されます。

確実に決まったわけではないものの、開発に携わったJustin氏はライブ配信で次のようにほのめかしていました。

・来日して日本の取引所への上場申請を行っている
・日本の金融庁への申請も直ぐに行う予定

Justin氏が日本へと来日したのは2017年の12月21日ということで、直ぐに国内の取引所へと上場することはできません。

しかし、これが事実であれば仮想通貨TRXの価値がうなぎのぼりに上昇する可能性が高く、投資対象の選択肢の中に入れてみても良いのではないでしょうか。

仮想通貨TRXの将来性

仮想通貨TRXは将来性が期待でき、公式サイトで発表されたロードマップが大きな理由です。

ロードマップの中には、次のように6段階でプラットフォームをアップグレードしていく予定だと記載されていました。

2017年8月~2018年12月:第一段階のExdusのフェーズ
2019年1月~2020年6月:Odyssey
2020年7月~2021年7月:Great Voyage
2021年8月~2023年3月:Apollo
2023年4月~2025年9月:Star Trek
2025年9月~2027年9月:Eternity

最終年は今から約10年後の2027年と先の長い話ですので、新しいプラットフォームが実装されるまでにはかなりの時間がかかります。

それでも、中国のモバイル決済事情やデジタルコンテンツマーケットの隆盛を考慮すると有望なプロジェクトと言っても過言ではなく、「TRXは将来性の期待できる仮想通貨」と噂されているのではないでしょうか。

実際にTRXはBinance(バイナンス)の上場から価格が上がり、2017年の12月には500satを記録しました。

日本円であれば1TRXの価格はまだまだ安いですから、仮想通貨への先行投資として保有しておくのは選択肢の一つですよ。

 

仮想通貨TRXの買い方について

仮想通貨TRXを買うなら、私も含めて多くの方が利用しているバイナンスがおすすめ。

非常に使いやすく、また多くの通貨が上場されている非常に人気の取引所です。

▼バイナンス公式HPをチェック▼

 

ただ、日本円での直接の売買はできないので。

国内で購入したビットコインを送ってから、取引をするのが一般的。

そしてその際には、販売所よりも取引所の方が安く手に入れられる傾向があるので

私は普段から利用しているZaifで購入することにしています。

ローリスクな積立サービスがあるなど、仮想通貨取引をする上で是非とも口座開設しておきたい取引所ですから。

▼Zaif口座を無料開設▼