アメリカン・ホラー・ストーリー・ホテル第7話の感想!やっとつながってきた

アメリカン・ホラー・ストーリー・ホテルの感想

アメリカン・ホラー・ストーリー・ホテルの第7話をHuluで見たので、その感想を書いていきます。

伯爵夫人の子供がでてきたり、アレックスの地位が上がりそうになっている前回からの続きです。

 

確かに、アレックスの地位は上がってきそうではあるんですが。

でも、その代わりにジョンがますます追い込まれて行ってしまいました。

スカーレットに嫌われたりね。

なので、そろそろジョンの追っている犯人のヒントぐらい出てこないものかと思っていたんですが。

とうとう出てきましたね。

そんな第7話の感想を始めていこうと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

この作品を見るのに利用したHuluは、現在14日間の無料体験実施中。

 

5万以上の作品が全て見放題で、いつでも動画を楽しむことができます。

 

期間内に解約すれば費用は一切かからないので、この機会に動画を楽しんではいかが

14日以内に解約すれば費用は一切かかりません

関連記事:Huluの感想評価|5年以上利用して感じたメリット・デメリットまとめ

アメリカン・ホラー・ストーリー・ホテルの第7話の感想

伯爵夫人の姿かたちに納得

前から疑問をもってたんです。

伯爵夫人って、どういう存在なんだろうって。

なんとなくボス的な感じがするので、生まれながらの吸血鬼なんかなとも思えるけど。

でも、それにしたらホールデンとかと違い、大人の美貌を持っているし。

ちょっと違うんじゃないかなと思っていたんですよね。

後、妙に金銭感覚があるので、それも生まれながらの吸血鬼っぽくないなって。

 

でも、どうやら元からいた吸血鬼が、ある男に血を飲ませ。

さらに伯爵夫人が結婚前に愛していた人物(ルディ)に飲ませ。

そして、その後に伯爵夫人に飲ませたみたいですね。

 

ということは、伯爵夫人は吸血鬼のトップではなく。

いくつかある吸血鬼グループの中にある、1つのグループの中のボスと考えた方がよさそうですね。

そうしたら、伯爵夫人の姿形もなっとくです。

後から、なったのなら、むしろ自然な感じ。

 

今回の話とは違うんですが。

アレックスが転化させたマックスは普通にやって行けそうですね。

伯爵夫人のグループしか吸血鬼がいないなら、いつか目についてしまうかもしれませんが。

他にもグループがあるなら、見つからずに生活していけそう。

 

愛情ゆえに

今回は、マーチが伯爵夫人に愛情を持っていたのがわかる回でした。

でも、そのせいでマーチのもとから去り、ルディたちと新しい生活を送る気な伯爵夫人の行動を察し。

ルディたちをホテル・コルテスに閉じ込め、伯爵夫人との待ち合わせに行けないようにしてしまったんですから。

 

伯爵夫人は、ルディに姿を隠され、悲しみ。

さらに、またルディが待ち合わせに来なかったことで悲しんだんでしょう。

だから、あんなにも自分の元からでていく存在を許せなくなっているんですね。

また、自分に引き寄せるだけ引き寄せて、放してしまうという行動にも納得。

このときの悲しみがトラウマになっていて。

たとえ心が満たなくても、満たすためにしているんでしょうね。

やっとつながった

伯爵夫人たちの過去なんかが語られる一方で、とうとうジョンは追っていた犯人のヒントを見つけます。

それは、警察に関係者としてみなされていた少女(レン)との出会いです。

まぁ、出会いというか、レンのいるところに無理して行ったというのが正しいですが^^

 

そのレン、話を聞いていると1980年代から、少女の姿のままで。

かつ、当時伯爵夫人にあっていること。

また、レンが協力している犯人が、ホテル・コルテスにいるということを、ジョンは聞き出すことに成功ました。

これで、レンが吸血鬼で、かつ犯人がホテル・コルテスにいることが確定しといえるでしょう。

 

やっと今まで、ほとんど関係がわからなかったホテル・コルテスと、ジョンが追っている犯人がつながりましたね。

もう、全然接点が見えてこないから、ひょっとして関係ないんじゃないかとも思い始めてましたよ。

でも、これでジョンがホテル・コルテスにいた意味が出てくるというもんですね。

 

まぁ、そのせいでアレックスがホールデンと出会ってしまい。

アレックスも吸血鬼となり。

前々からにおわせていた離婚が確定しそうなんですが。

 

でも、とりあえずやっとつながったことはつながったわけです!

 

終わりに

前回ホテルの魔力が少しわかり、今度は伯爵夫人について少しわかりましたね。

しかし、伯爵夫人にもそんな悲しいことがあったなんて。

第1話の頃からは、全然想像もしませんでした。

しかも、こんなにも長いこと知らされず。

その上、ホテル・コルテスから、やっとでることができたルディが、伯爵夫人とは完全に袂を分かったんですからね・・・

 

一方、レンのおかげで、ジョンの方はやっと一歩先に進めましたね。

そんなレンとジョンですが。

2人とも顔がこえぇよ^^

ジョンは疲れ果てのが1周して、やたらギラギラした目をしているし。

レンは、やたら迫力のある感じだし。

2人で話しているときは、何か起こるんじゃないかってビクビクしていました。

以上、アメリカン・ホラー・ストーリー・ホテルの第7話の感想でした。

14日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

アメリカン・ホラー・ストーリー・ホテル第8話の感想!ジョンの正体に衝撃

アメリカンホラーストーリー・ホテルの全話の感想まとめ&総括

(紹介している作品は、2016年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)