アメリカンホラーストーリー体験談・第10話最終回の感想!リーのその後

アメリカンホラーストーリー体験談の感想・あらすじ・ネタバレ

今回は、海外ドラマ『アメリカンホラーストーリー・体験談』の第10話・最終回を。

Hulu(FOXチャンネル)で見たので、その感想を書いていきます。

 

第10話は、リーがブッチャーと同じ存在となり。

それ以外の登場キャラたちがリー、あるいはブッチャーたちにやられてしまった第9話からの続きです。

どういう続きになるのか。

どういう最後になるのかと気になっていましたが。

「そうきたかー!」っていう感想以外浮かんできません。

第1話からこれ考えていたのかと思うとたまりませんね。

 

では、そんな『アメリカンホラーストーリー・体験談』第10話・最終回の感想を始めていこうと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年10月時点の情報です現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

アメリカンホラーストーリー・体験談のキャストに関して

でも、その前にキャストに関するお話を。

 

これまでずっと、シェルビーのことを「主人公」と書いてきました。

確かに、『アメリカンホラーストーリー:体験談』の中のテレビ番組。

「ロアノークの悪夢」から考えると、それは間違っていません。

でも、それが終了した以降は、リーのことを主人公と表記すべきでしたね。

 

途中、シェルビー(本人)やオードリー(シェルビーを演じた女優)が主人公のようになっていたので。

最終回を見るまで、真の主人公に気づくことができませんでしたけど。

 

本来なら、第1話から周世していくべきなんでしょうけど。

「ロアノークの悪夢」の段階で、それをやってしまうと、一番の驚き所がなくなってしまいますし。

また、それ以降も、先のわからないドキドキ感が薄れてしまいますので。

あえて第10話で修正するにとどめ、第9話までは修正しないでおきます。

ご容赦ください。

 

リー:アメリカンホラーストーリー:体験談の主人公

 

『アメリカンホラーストーリー・体験談』第10話の感想

リーのその後がすごすぎる

第9話で、1人だけ助かったリーが、その後どうなるのか?

さすが、アメリカのドラマですよ。

 

元夫のことやオードリーたちにしたことで裁判にかけられるし。

ドキュメンタリー番組作られる。

その後、無罪となったら、今度は講演会や本の出版でガッポガッポ。

絶対に日本のドラマだとできない流れだ^^

 

特に、講演会や本の出版なんてね。

犯人は改心したり、悔やんでいたりするところですけど。

せっかくのチャンスを、自分のチャンスに変える。

リアリティにあふれすぎでしょ。

 

ただ、この作品、ホラーですからね。

そこまでリアルにする必要があったのかというと、なんとも。

 

日本人から見ると、「はー、やっぱりアメリカだな」と感心して楽しめたんですけど。

アメリカ人もそうなんですかね?

「うんうん、やっぱりこうでないと!」

そう思うのかな?

ちなみに、これが前半戦で、一番気になったポイントです^^

 

本当にフローラ第一

そんな感じで、前半のリーは普通に成功者としていきていけそうな雰囲気でしたけど。

後半から一気に話は変わっていきます。

 

フローラが消えたと聞くと、その原因はプリシラにあると考え。

あえて悪霊たちが出てくる時間に、再び家に戻っていくです。

 

しかし、フローラが消えた理由には驚かされました。

まさか、プリシラを一人にさせず、守るために自分から幽霊になり。

家をつぶして、ブッチャーと対決するつもりだったとは!

 

登場人物は、みなブッチャーから逃げることだけを考えていたのに。

フローラはそんなことを考えていたんですな。

こんな小さい子が。

しかも、友人を守るためにって。

子どもだからこその無謀な判断ではありますけど。

それでも、やっぱり驚きましたよ。

 

でも、その後、プリシラとリーには、さらに驚かされるんですけどね。

だって、プリシラ、もう何百年も友達がいなくて寂しい思いをしていたのだから。

フローラの計画なんて、渡りに船以外のなにものでもないはずなのに。

それでも、友達が自分のようになるのに反対するんですもん。

いや、今回のシリーズ、子どもメンタル強すぎでしょ。

それまでも、恐怖の対象であるブッチャーに逆らったりしてましたし。

徹頭徹尾フローラを大事にしてたんですね。

 

でも、フローラを大事にしていることに関しては、リーも負けていません。

フローラからその目的を聞くと、一応反対しますが。

意志が固いとみるや、フローラが人間としていきていくために、自分から悪霊となり。

そして、ブッチャーたちと戦っていくことを決意するんですから。

最初からの登場人物で、ブッチャーたちへの恐怖は絶対あるし。

実際、ひどい目にも何度もあっているんのに。

それでも即座に決心できるなんて。

プリシラ同様、本当にフローラ第一だったんですねー。

 

終わりに

というわけで、『アメリカンホラーストーリー・体験談』第10話・最終回の感想を書いてきました。

最終的にどうなるのか見ている最中も先が読めず。

第10話単体でも、なかなか面白い最終回でした。

途中「ロアノークの悪夢」とはバラエティノリの番組が家にやってきて撮影始めた時は。

ちょっと「このキャラたちがひどい目にあって、終了なのか?」とげんなりしちゃいましたが^^

 

でも、やっぱり第9話までがあってこその第10話ですね。

私は普段だったら、最終回を一番最初に見て、第5話、第8話、第1話みたいな見方でも。

全然楽しめるタイプなんですけど。

それでも、今回の『アメリカンホラーストーリー:体験談』に限っては、絶対に第1話から見ていくのをオススメしますね。

第1話からの流れがあってこそ、最大に輝く最終回だったと思いますからね。

 

以上、アメリカンホラーストーリー体験談・第10話最終回の感想!リーのその後、でした

 

この作品を見るのに利用したHuluですが、現在2週間見放題の無料お試しが実施されています。

見たい作品を無料で見て、そのままやめるということもできるので、気軽にお試しあれ。

>>Huluで無料で見る

海外ドラマ好きな方へ

月にスタバを3回我慢して、より海外ドラマを楽しみませんか?


「スタディサプリEnglish」の日常英会話コースは、月額980円と、だいたいスタバでコーヒーのグランデを3回飲むのと同じぐらいの料金で、英語を勉強できるんです。


そして、英語を身に着け字幕なしで見れるようになれば、俳優たちの演技を集中できるようになり、海外ドラマをもっと楽しむことができますから、海外ドラマ好きの方におすすめです。


今なら無料レッスンが実施されているので、まずは気軽に試してみて下さい。