アメリカンホラーストーリー体験談・第6話の感想!今年の海外ドラマNO.1になりそう

アメリカンホラーストーリー体験談の感想・あらすじ・ネタバレ

今回は、海外ドラマ『アメリカンホラーストーリー・体験談』の第6話を。

Hulu(FOXチャンネル)で見たので、その感想を書いていきます。

 

第6話は、シェルビーたちがブッチャーたちから逃げることに成功した第5話から続きです。

アメリカンホラーストーリー体験談の感想・あらすじ・ネタバレ
アメリカンホラーストーリー体験談・第5話の感想!終わり方にびっくりした

第5話でも書いたのですが、こんなの先が読めるか!となりますよ。

いや、まさかこんな構成にするとは・・・

天才すぎて、びびったし。

もうやられた感がすごすぎましたよ。

ウォーキングデッド・シーズン8が近々放送されるので。

ウォーキングデッド・シーズン8の配信日
ウォーキングデッド・シーズン8第1話はいつから?配信日が決定【新情報追記】

今後どうなっていくのかわかりませんけど。

少なくとも現時点では、今年の海外ドラマで最大のヒットでしょう。

 

では、そんな『アメリカンホラーストーリー・体験談』第6話の感想を始めていこうと思います。

ネタバレ要素があるので、ご注意を。

(紹介している作品は、2017年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。)

 

『アメリカンホラーストーリー・体験談』第6話の感想①

第6話で、大勢のキャストが増えたため。

本当はキャストをまとめていた方がいいと思うんですが。

それしちゃうと、何に驚いたのかが終わってしまうので。

少しだけ感想から始めますね。

 

それで、なぜ私が今年最大のヒットになりそうと思うほど感動したかというと。

第5話までの話が、全て序章にすぎず、第6話以降の布石だったのが原因。

 

第5話までは、テレビ番組「ロアノークの悪夢」を流したもので。

第6話以降は、そこにでてきた役者と本人計7人をあの家に集め。

3日間共同生活をさせて、その映像を撮影することで。

続編の「ロアノーク2 地獄の3日間」を作成していくということになっているんです。

 

どうしてシェルビーたち本人じゃなく、それを演じる人を別にしたのか。

あの体験談風のつくりはなんだったのか。

どうやって第5話の終わり方から続きを作るのか。

これまでいろんな疑問が多いドラマでしたが。

そういったものがすべて吹き飛んでいきましたね。

 

『アメリカンホラーストーリー・体験談』キャストまとめ

では、改めてキャストのまとめを。

  • シェルビー:主人公、主婦
  • マット:シェルビーの夫
  • リー:マットの姉
  • ポーク家の連中:家の競売でマットと競った相手
  • ブッチャー(トマシーン・ホワイト):1500年代からの悪霊
  • モット:家を建設した金持ち
  • シドニー:製作者  NEW 
  • ダイアナ:制作者の助手の女性  NEW 
  • ドミニク:マット役  NEW 
  • オードリー・ティンダル:シェルビー役  NEW 
  • アグネス・メアリー・ウィンステッド:ブッチャー役  NEW 
  • モネ:リー役  NEW 
  • ローリー・モナハン:モット役  NEW 

一気に、7人も増えましたね。

まぁ、まるっきり登場人物が変わっていくんですか、当然ですね。

 

『アメリカンホラーストーリー・体験談』第6話の感想②

仲が悪くて笑ってしまう

こういった番組の場合、日本人がつくったら。

本人と演じている役者が一堂に会したら、絶対仲良くしていくと思うんですよ。

でも、さすがアメリカです。

普通に仲が悪い^^

 

まぁ、さすがにシェルビー、マット、ドミニクは仲が悪いのは当然ですが。

シェルビーとドミニクが、「ロアノークの悪夢」放送後にパパラッチされ。

シェルビーとマットは完全に冷め切った状態になってますからね。

 

でも、他のメンバーたちまで仲が悪いって^^

役者たちは、「なんだあの嘘つき野郎どもは」みたいな感じで本人たちを馬鹿にしてますし。

一方、役者の中で、オードリーとローリーが結婚しているんですが。

シェルビーは、そのことでオードリーのことを年甲斐もないおばさん扱いしていますもん。

 

こんなん絶対笑う。

 

でも、少しだけ安心しているところがありますね。

サラ・ポールマン(オードリーの中の人)が、アメリカン人的清楚な女性(シェルビー)を演じているのに、どうも違和感があったんですけど。

オードリーが、クチも悪く、悪女な感じだったので。

「ああ、いつもの感じだ」となって、違和感が感じなくなりましたからね。

 

シェルビーたちすごいわ

しかし、シェルビーすごいですよ。

本気の恐怖体験として、ブッチャーたちとの対決を経験しているし。

今度は生き残れるか心配になっているのに、戻ってくるんですから。

 

いくらマットに無視されていて、前の関係に戻したいと思っていても。

それにしたって、劇薬すぎる。

ブッチャーたちからも、ポーク家からも恨まれているんですよ?

私なら、ロノアークに戻るどころか。

できるなら、別の国でくらしたいぐらいないのに。

 

そして、案の定さっそく問題発生ですよ。

共同生活が始まるとすぐに、オードリーに異変が起きますからね。

本当に何故戻ってきたのか・・・

 

まぁ、戻ってきた以上、嘆いてももう遅いといえば遅いんですけどね。

シェルビーたちが知らないだけで、撮影のために、家の工事しているときに事故が起こったり。

ダイアナがブッチャーの一味に攻撃されたりと。

撮影前からすでに不気味なことはおこっていたので、逃げ切れるわけはないんですから。

 

気になるのはスカアハ

ところで、現在のところ、スカアハのことは何もわからないですよ。

演じていた役者の中の人は、レディ・ガガでしたけど。

スカアハ本人(?)が出てきたときとは、どうするんでしょう?

やっぱりまたレディ・ガガが演じるんですかね。

それとも、別の女優さんが演じるのか。

 

『アメリカンホラーストーリー・ホテル』の伯爵夫人なみに似合ってるキャラなので。

できたらレディ・ガガに演じて欲しい所なんですけど。

なんでスカアハだけ本人と役者が一緒なんだという問題もでてきますからね。

なかなか悩ましい問題です。

 

もしかしてレベルの話なんですが。

今回の撮影で、ローリーとオードリーが、ブッチャーの格好をしたアグネスだと思われる女性を見ているんですよ。

それが

  1. 自分がブッチャーだと思っているアグネスが奇行に走っただけなのか
  2. アグネスがブッチャーに取り憑かれて行動したのか
  3. アグネスとブッチャーがもともとよく似ていたのか

どれが正解なのかはわかりません。

でも、もし2か3がありえるなら、それがスカアハとレディ・ガガが演じている役者の間におこってもおかしくない。

そうなると、問題なくレディ・ガガが再登場できることに!

そうなったら、いいなー。

 

終わりに

というわけ、『アメリカンホラーストーリー・体験談』第6話の感想を書いてきました。

いや、予想外にもほどがある展開過ぎましたね。

そして、監督のライアン・マーフィーの天才性を思いっきり見せつけられました。

ちょっと、尋常じゃなく第7話が気になって仕方がありませんよ。

ブッチャーやプリシラなんかも、出てくるでしょうし。

今度はそこから助けてくれる人がない中で、シェルビーたちがどうするのか。

はやく来週よ、こい。

以上、アメリカンホラーストーリー体験談・第6話の感想!今年の海外ドラマNO.1になりそう、でした。

アメリカンホラーストーリー体験談・第7話の感想

 

この作品を見るのに利用したHuluでは、現在無料お試しが実施されています。

本来月額980円必要なところを、追加料金なしで2週間見放題。

見たい作品を見て、そのままやめるということもできるので、この機会にお試しあれ。

>>無料でHuluで見る

海外ドラマが大好きな方へ

月にスタバでコーヒー飲むのを3回我慢して、より海外ドラマを楽しみませんか?


オンラインで英語レッスンを受けられる「スタディサプリEnglish」は、月額980円と。


だいたいスタバのグランデサイズのコーヒー3回分程度の料金で英語を学べるんです。


字幕なしで海外ドラマを見れるようになれば、俳優たちの素のままの演技を集中できるようになり。


海外ドラマをもっともっと楽しむことができますよ。


今なら無料レッスンが実施されているので、まずはそちらから試してみて下さい。


▼スタディサプリEnglishを無料で試す▼