仮想通貨のリスク分散方法は?NISAやiDeCoの特徴を比較!

NISAとiDeCoの比較

今回は、仮想通貨のリスク分散について、N.Nさんに書いていただきました。

現在投資として注目されている仮想通貨ですが。

まだまだ新しくて発展途上の技術。

ですので、高騰や下落を何度も生じながら、徐々に発展していくことが予想されます。

とはいっても、投資ですから当然リスクはあります。

それを避けることは、資産を増やしていくうえで、非常に大事ですよね。

そこで、まず仮想通貨におけるリスク分散をついて紹介していただき。

さらに、仮想通貨以外のリスク分散手段についても紹介していただいております。

では、さっそく始めていきましょうか。

 

仮想通貨のリスク分散方法をチェック!

「仮想通貨を使った投資は危険なのでは?」「仮想通貨で大損するのでは?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

確かに、ビットコインやイーサリアムが当たって億り人になれた人がいれば、大きな損失を叩いてしまった人もいます。

そこで、仮想通貨を使った投資にどんなリスクがあるのか幾つか挙げてみました。

・購入した時の金額よりも価格が下がってしまう可能性がある
・将来性を期待して購入したアルトコインの価格が全く上がらないことがある
・利用していた海外の取引所が破綻する恐れがある
・市場動向や取引量の状況で取引が困難になることがある

投資である以上は、株式投資やFXと同じように仮想通貨にも一定のリスクがあるのは仕方がありません。

リスクを恐れていてはリターンを得ることはできないため、多少の覚悟はどうしても必要となりますよね。

しかし、大損を出して良いと考えている人は絶対にいないので、仮想通貨を始めるに当たってリスクを分散するのは大事です。

あらかじめリスクヘッジをしていれば、投資するお金を必要以上に減らさずに済みます。

以下では仮想通貨のリスク分散方法を幾つか紹介していますので、これから投資を始める予定の方は一度目を通しておきましょう。

 

余剰資金の更に余剰資金で仮想通貨投資を行う

この点に関しては株式投資やFXにも該当しますが、余剰資金の更に余剰資金で仮想通貨投資を行うのがリスクを減らすコツです。

仮想投資は他の金融商品と比べて一発逆転の可能性がある代わりに、次のデメリットがあります。

・相場変動が急激で価値のあったコインが暴落するリスクがある
・投資ではなくどちらかと言うとギャンブルに近い
・投資した資金によっては1日で50万円以上のマイナスを出すことがある

「仮想通貨が話題となっていることを知った」⇒「億り人になるために生活資金も仮想通貨へと費やした」⇒「急激に価格が下がって焦って売却した」⇒「短期間で大きな損失を出した」といった人も多いのではないでしょうか。

精神的に弱い人は特にストレスが溜まって日常生活を送るどころではなくなってしまいますので、余剰資金の更に余剰資金で購入していれば安全です。

お金に振り回されないためには、ハイリスク・ハイリターン商品と適切な距離を置いて投資しなければなりませんよ。

 

ビットコインを中心に資産の運用を続ける

一発逆転で大儲けしたいのであれば、まだ誰も注目していないようなアルトコインの購入が適しています。

1枚当たり1円以下の草コインを大量に購入し、10倍や20倍と価格が上がれば一気に儲けられるメカニズムです。

しかし、アルトコインこそハイリスクハイリターンの仮想通貨で、どんなデメリットやリスクがあるのか見ていきましょう。

・アルトコインは1,000種類以上と多く、実際は価値の全くない仮想通貨がある
・長期間に渡って保有していても全く価格が上がらない可能性がある
・人々から認知されていない仮想通貨は入手が困難なケースが多い

知名度が低いほどギャンブルとなってしまうため、リスクを減らしたいのであればビットコインを中心に資産の運用を続けるべきですね。

分裂したビットコインキャッシュの急騰で一時的に価格は下がったものの、その後は勢いを取り戻して上昇しています。

アルトコインと比較すればリスクは低いので、仮想通貨を始めたばかりの初心者はビットコインの購入から始めてみてください。

 

複数の仮想通貨へと分散する

アルトコインはリスクが高いと説明しましたが、1つの仮想通貨を購入するのではなく複数種類へと分散するのは効果的です。

投資対象を分散して投資を行うことを分散投資と呼び、1つの仮想通貨へと投資するやり方とは違ったメリットをまとめてみました。

・1つの仮想通貨が下がるリスクを回避しながらチャンスの取りこぼしを少なくできる
・短期間による細かい相場の動きを気にしなくても良い
・1つの仮想通貨の価格が下がっても別の通貨が上がればチャラになる

仮想通貨の分散投資のやり方は、「ビットコイン5万円」「イーサリアム3万円」「リップル2万円」といったように難しくありません。

投資の世界では「卵は一つのかごに盛るな」ということわざが使われることが多く、一つのカゴの中だけに卵を入れていると落とした時に全部が割れてしまって損失が大きくなります。

つまり、集中投資のリスクが大きく分散投資の大切さを示していて、仮想通貨の世界にも当てはまるわけです。

1つの仮想通貨を集中的に購入して価格が下がった時の精神的ダメージも大きいので、リスクの分散を意識してみてはいかがでしょうか。

MEMO

ビットコインやイーサリアムなどを購入する際、Zaifの積立サービスを利用するとさらにリスク分散が望めます。

ドル・コスト平均法という運用を自動でしてくれるので、資金を全て高値でつかんでしまうという事態をさけることができますからね。

詳しくはこちらにまとめています。

>>Zaifコイン積立はローリスクで超おすすめ!デメリットもあるけど

仮想通貨のリスク分散として投資信託も選択肢の一つ!

仮想通貨のリスク分散として、投資信託を始めるのも選択肢の一つです。

①将来のために銀行への預金ではなく投資を始める
②今盛り上がっている仮想通貨を購入する
③同時に投資信託など別の投資をしてリスクを分散する

上記のような方法を取っていれば、保有している仮想通貨の価格が下がってもダメージは少なくなります。

 

例えば、投資に使える金額の100%全てを仮想通貨へと費やすと、価格が下がった時の負担が大きくなるのは何となくイメージできるでしょう。

しかし、「資金の50%を仮想通貨」「残りの50%を投資信託」と分けていれば、簡単にリスク分散ができるわけです。

投資信託とは投資家から集めたお金を大きな資金としてまとめて、株式や債券へとプロのファンドマネージャーが投資して運用する金融商品を指します。

 

以下では他の投資方法とは異なり、投資信託にどんなメリットがあるのかまとめてみました。

・投資は全て正しい知識や経験を持つプロフェッショナルへと任せることができるので、株に関する知識のない初心者でも始められる
・高度な知識が必要となる先物取引や外国の株式も投資対象となり、1つに集中しないからこそリスクの分散に繋がる
・1ヵ月間で1万円程度など、少ない資金から手軽に始めることができる(毎月コツコツと積み立てられる)
・基準価額が公表されているため、資産価値や値動きが分かりやすくて透明性がある

リスクの異なる仮想通貨と投資信託の両方の投資を始めることで、上手く分散して資産運用ができますよ。

仮想通貨のビットコインは着々と価格を伸ばしていますが、今後も確実に上がり続ける保証はないので、将来のために投資信託を同時に始めてみてはいかがでしょうか。

 

NISAやiDeCoの特徴を比較しよう

節税のメリットを受けながら投資をして資産を運用したいと考えている人に、積立NISAやiDeCo(イデコ)が適しています。

積立NISAやiDeCoがどんなものなのか以下では大まかにまとめてみました。

積立NISA:2018年から新しく始まった少額投資非課税制度で、毎月定額を投資する積立投資で一定額まで税金がかからない
iDeCo:個人型確定拠出年金のことで、掛け金を自分で運用しながら積み立てて60歳以降に受け取ることができる

どちらの制度も投資信託として利用している方が多く、定期積立による投資方法という点で同じですね。

仮想通貨への投資だけを行うのではなく、積立NISAやiDeCoで投資信託を始めればリスクの分散に繋がります。

そこで、以下では2つの制度を比較するために、積立NISAとiDeCoの特徴をまとめてみました。

 

<積立NISAの特徴>
  • 積立スタイルの利用のみに限られていて、20年間と長い期間に渡ってコツコツと積み立てることができる
  • 1年間で利用できる金額は40万円で、20年間の総額で800万円まで運用益が非課税となる
  • 投資を始めた年から20年目の年末までで、ロールオーバーはない
  • 必ずしも20年間に渡って運用しなくても、好きなタイミングで現金化して急な出費にも対応できる
  • 投資のタイミングを考える必要は一切なく、ドルコスト平均法を制度として有効活用できる
  • 投資する商品は初心者でも気軽に始めやすい長期投資向けの投資信託で、知識のない人でも安心して利用できる

 

<iDeCoの特徴>
 

  • 掛け金が全額所得控除され、所得税や住民税などの税金の負担を軽くすることができる
  • 受け取り時に課税されるが、軽減税率適用によって税率が低くなる
  • 老後の資金の個人年金制度となるため、60歳になるまで引き出すことができない
  • 投資信託だけではなく、定期預金や保険商品などの元本確保型商品への投資もできる
  • 投資商品の運用中に得られた利益には税金がかからない(通常は2万円の利益を得た場合の受取額は16,000円程度となる)
  • 毎月の掛け金は5,000円と非常に安く、余剰資金に余裕がない人でも気軽に始めることができる

 

積立NISAとiDeCoは別々の制度ですので、併用して老後の資金のために資産運用を図ることはできます。

しかし、運用資金が限られる人は多いですし、どちらが良いのか比較して自分に合う制度を取り入れなければなりません。

どの商品が自分に合っているのか比較するに当たり、以下のようにお金の使い道や使う時期によって変わります。

積立NISA⇒10年後にマイホームを購入したいと考えていて、積立ながら引き出すタイミングを決めたい人におすすめ

iDeCo⇒定年した後に世界一周旅行へと行きたいと考えていて、60歳まで引き出す予定のない人におすすめ

積立NISAもiDeCoも投資信託による資産運用ができますが、お金の引き出すタイミングが異なるのが大きな違いです。

積立NISAはいつでも投資商品の売却ができるのに対して、iDeCoは60歳になるまで原則的に解約や引き出しが不可能となっています。

つまり、40歳や50歳になるまでにまとまったお金が欲しい場合には積立NISA、60歳以降にゆとりある生活を送りたい場合にはiDeCoが良いでしょう。

非課税投資制度は将来に向けた資産運用をサポートしてくれますので、自分のライフスタイルや将来を考慮してどちらが合っているのか比較してみてください。

 

終わりに

というわけで、仮想通貨のリスク分散として、仮想通貨の運用方法、ならびに仮想通貨外の方法の両方について紹介してきました。

その中で、NISAとiDeCoはかなり性質の違うものですし、自分の状況にあったものを選んでいかないといけません。

適切な判断をするのは大変ではあります。

しかし、やはり投資においてリスク分散は大事ですし、ここは頑張って判断していかないといけない部分。

ですので、上の特徴の違いを眺めながら、自分はどうなのかと判断してみて下さいね。

以上、仮想通貨のリスク分散方法は?NISAやiDeCoの特徴を比較!、でした。