『エンパイア成功の代償』シーズン1・2・3の感想【ネタバレ注意】音楽と人間ドラマ

海外ドラマ「エンパイア成功の代償」の感想

海外ドラマ「Empire(エンパイア)成功の代償」を見たので、その感想を書いていきます。

 

「エンパイア成功の代償」は、音楽会社をめぐるライオン一家の権力争いを描いた作品。

親子、(元)夫婦、兄弟の間の、ドロドロとした争い。

ならびに、様々な音楽が楽しめる作品になっています。

特に、ストリート音楽や文化、人間ドラマが好きな人にはオススメの作品ですね。

逆に、クラブとかが苦手といった方には、あまり向かない作品かもしれません。

 

では、そんな海外ドラマ「エンパイア成功の代償」の感想を書いていこうと思います。

ただ、ネタバレ要素があるので、その点ご注意ください。

 

目次

海外ドラマ「エンパイア成功の代償」シーズン1第1話の感想

「エンパイア成功の代償」シーズン1の簡単なあらすじとキャスト

海外ドラマ「エンパイア成功の代償」は、一代で巨大な音楽会社「エンパイア」を気付いたルシウス。

彼が、ALSを患い、余命3年であると診断されたため。

急きょ後継者を選定しないといけなくなり、息子たちの中から1人を選ぶと宣言するところから始まります。

 

ルシウスの息子たちは、こんな感じ。

  • アンドレ(長男):経理などを得意とするホワイトカラー
  • ジャマル(次男):ラブソングなどを歌う純粋な男性
  • ハキーム(三男):甘え気分が抜けきれないラッパー

 

彼らに加えて、ルシウスの現彼女のアニカや。

元妻のクッキーを中心に話は進んでいきます。

 

仲の良かった兄弟だったのに

序盤、アンドレ、ジャマル、ジャマルは仲のよい兄弟でした。

ジャマルとハキームは、ジャンルが違うのに仲良くセッションしていて。

それをアンドレが見ているといったシーンもありましたから。

このあたりは、かなり微笑ましい感じでしたね。

みんな笑顔で。

音楽一家ってこんな感じなのかなとも思いましたし。

 

でも、ルシウスが後継者えらびをすると宣言したときから少しずつ歯車が狂っていきます。

3人とも思惑は違うんですけどね。

例えば、アンドレが、経営をできるのは自分だけと考えているのに対して。

ハキームは、自分すげーから、自分が選ばれるぐらいに考えているでしょうから^^

でも、共通して根底にあるのは、ルシウスに認められたいという思いなんでしょう。

そういった、親の愛情と、権力関係がごっちゃになっているので。

そりゃあ、今まで通りの関係ではいられませんよね。

 

クッキーがかき乱してくれる

しかも、そこに17年ぶりに出所してきたクッキーという劇物が投入されるので。

またまたややこしいことに^^

 

クッキーは、以前40万ドルを出資したことを理由に。

会社の半分をよこせ。

年収500万ドルとプロデュース権をよこせ。

そういったことを主張して、ルシウスともめるわ。

ジャマルをプロデュースして、ルシウスの後継者争いまでかき乱してきますからね。

 

第1話でのクッキーは、ルシウスの弱みをもってるのをいいことに。

色々ありえない主張をしてくる元妻って感じで。

日本のドラマだと確実に、悪役ですよ^^

売れない頃のルシウスを励ます、やさしい奥さんとしての映像もあっただけに。

ちょっとその姿をみるのは、心苦しく思うんですよねー。

 

音楽も楽しめる予感

第1話では、冒頭でいきなりフルで女性ボーカルの歌を楽しめましたし。

またジャマルとハキームのセッションなどが、流れていました。

 

ジャマルは、ピアノを中心とした甘い優しい音楽。

一方ハキームは、「俺様すごい、最高」系のラップと2人だけでも、違うジャンルの音楽を楽しめるのですが。

それに、今回女性ボーカルのように、また別ジャンルのゲストが登場することが期待できるので。

音楽に関しては、「エンパイア成功の代償」はかなり期待できると思うんですよ。

 

ただ、ジャマルにはクッキーが。

ハキームにはルシウスがつくことで、両者の音楽がどう変化していくのかはまだわからないんですけどね。

でも、BGMにこった海外ドラマとかそういったものとは、一線を画す存在になるのは間違いないでしょうね。

また、同じ歌を歌う海外ドラマとして、「glee」や「オースティン&アリー」などもありますが。

よりシリアス度が上がっていて、そういった存在とも少し違いますしね。

 

海外ドラマ「エンパイア成功の代償」シーズン1最終回後の感想

予想外の後継者

「エンパイア成功の代償」は、予想外のことが起きすぎですよ。

アンドレが、宗教にハマる。

ハキームが、アニカと組むなどなど。

第1話の段階では予想もしてないことが多数でてきましたから。

 

でも、ルシウスがALSではなかったことと。

後継者がジャマルになったことが、予想外の2トップでした。

 

特に、ジャマルのは、第1話の段階では明確にルシウスに敵視された上。

ジャマルがクッキーと組んだことで、溝が深まることはあっても。

仲良くなるなんて思いもしませんでしたから。

というか、ルシウスが自分の弱さを見せて、ジャマルを認めるとか。

あり得ませんでしたもん。

 

でもまぁ、音楽を重視しているルシウスの後継者で。

かつハキームが馬鹿すぎるので、落ち着くところに落ち着いたといえばそうなんですけどね^^

 

敵対的買収

でも、後継者選びが、そんなにすぐ解決するわけがありません。

ALSでないとわかるまでに、ルシウスは子どもたちにろくでもないことばかりしてましたから。

そのせいで、アンドレもハキームも、心の支えになってくれた人に裏切られ。

怒りがくすぶっている状態。

2人は、ジャマルほど優しくないですからねー。

 

そんな状態のときに、ルシウスに目にものみせたいクッキーやアニカなどに声をかけられるんです。

そして、4人は、エンパイアに対する敵対的買収をしかけようとしていきます。

 

ちなみに、こう書くと、クッキーとアニカが仲良さそうですが。

めちゃくちゃ悪いです(笑)

ルシウスの元妻と元カノですもん、仲良くできるわけがない。

でも、わけもなく急に取っ組み合いとか始めまるのはどうかと。

「エンパイア成功の代償」では、大男による喧嘩もあるんですよ。

でも正直、クッキーとアニカの取っ組み合いが一番迫力がありましたね^^

 

ルシウスの逮捕について

けれど、ルシウスを倒すため、クッキーもアニカもぎりぎり我慢し、計画を進めていきます。

そして、そんな折にルシウスが確たる証拠がないまま。

過去の事件の犯人として、捕まってしまいます。

 

いや、じっさい真犯人なんですけどね^^

でもこれで、敵対的買収に必要なCEOのスキャンダルがそろい。

4人の大勝利!

で終れば良かったんですけどねー。

ルシウスは、アンドレとハキームの顔から、2人が関係しているのを察知し。

そして、絶対に許さないと決意しちゃいます。

 

子どもたちと違い、ルシウスは怖いですよ。

正攻法の手段だけじゃなく、いざとなったら裏の手段も躊躇なく選べますから。

そういうタイプへの裏切りをすると、気の休まる暇はなくなりますし。

いざとなったら、消耗戦に突入しかねません。

 

だから、4人が勝つかは、ルシウスはでてこれるのか。

でてこれるとしたら、いつのタイミングなのかが重要になってきますね。

ルシウスがいない時間というのは、アンドレたちと同じく。

ルシウスほどの怖さはないジャマルさえ、相手にしていたらいいわけで。

その時間が長くなればなるほど、敵対的買収で勝つ確率は跳ね上がりますから。

この辺は、シーズン2で見ていく必要がありますね。

 

やっぱり音楽が最高

「エンパイア成功の代償」シーズン1では、豪華なゲストもたくさんでてきました。

私の世代だと、どうしてもナオミ・キャンベルに目がいきますが^^

それ以外にもたくさんでてきます。

 

そんなゲストも魅力ですが、最大の魅力はやっぱり音楽ですね。

第1話で期待した以上ですよ。

毎回3~5曲ぐらいの音楽が聞ける上。

しかも、想像していた以上に様々なジャンルがとりそろえられていますから。

 

個人的に、第1話で歌っていたような繊細な曲ではなく。

力強い曲を歌っている時のジャマルが好きですね。

同じ方向の曲ばかりのハキームと違って。

ジャマルは、シンガーソングライターらしく、歌えるジャンルが幅広い。

なので、力強いタイプの曲もかなりハマります。

これシーズン2以降でも出てくるといいなー。

 

海外ドラマ「エンパイア成功の代償」シーズン2第1話の感想

「エンパイア成功の代償」シーズン2に入る前の簡単なあらすじ

シーズン1に関する感想で書いた通り、「エンパイア成功の代償」はこういったジャンルのドラマ。

「エンパイア成功の代償」は、音楽会社をめぐるライオン一家の権力争いを描いた作品。

親子、(元)夫婦、兄弟の間の、ドロドロとした争い。

ならびに、様々な音楽が楽しめる作品になっています。

特に、ストリート音楽や文化、人間ドラマが好きな人にはオススメの作品ですね。

出典:【エンパイア成功の代償】シーズン1の感想!音楽と人間ドラマ

 

それに加えて、自分が難病になった(誤解)ために、息子たちを煽り、後継者争いさせていたルシウスが。

隠していた事件が原因で、逮捕されたこと。

後継者は次男のジャマルになったこと。

ルシウスの元妻クッキーと、3人の息子のうちアンドレとハキームが、敵対的買収を仕掛けようとしていること。

これらがシーズン2を見る前に知っておきたいあらすじですね。

 

ルシウスやべぇ

ルシウスも、逮捕されたし、さすがに出てくるまでは大人しくしてるかなと思っていましたが。

その考えは全く甘かったですね。

 

まず、クッキーが敵対的買収のために口説き落としていた投資家(ミミ)を、さらに口説き落とし。

敵対的買収を失敗に終わらせました。

これにはびっくりしました。

その前に、大きなライブとかやっているし。

ルシウスも手の出しようがないとおもっていたので、まずは敵対的買収が成功。

その後、ルシウスがどうするかという流れになるものだとばかり思っていましたから。

怖すぎでしょ^^

 

でも、最も怖いのは、その後でしたけどね。

ルシウスは、クッキーに恨みをもち、家族に危害を加えようとした人間に対して。

金の力で周りを買収し、カタをつけたんですよ。

これだけなら、クッキーやアンドレ、ハキームに対して憎しみはもっていても。

それでも家族を傷つけるものは絶対許さない人間で終ったんですけど。

そのカタをつけた後の顔がなー。

すごい笑顔なんですよ。

その行ってることと、顔のギャップがやばすぎる。

まだ、怒って睨んでる顔の方がまだマシですよ。

そして、テレンス・ハワード(ルシウス役)のことが、このシーンで大好きになったんですよねー。

 

クッキーが小悪党っぽい

ルシウスが出てこないことを望みつつ、資金集めのためだけに解放を訴えかけるチャリティーを開いたり。

敵対的買収を、直前で失敗したり。

自分たちの危機を助けてもらうために、あんなに憎んでいたルシウスに頼んでみたりと。

シーズン2の第1話は、クッキーの小悪党感がすごい^^

 

おそらく、シーズン2第1話だけ見て、クッキーのことが好きだという人いないでしょう。

「うわ、なにこいつ」ってなるはず。

ルシウスとの対比ということもあるんですけど。

どうもうまい汁を吸おうとしてるだけの人間に見えちゃいましてね。

クッキーがこんな状態だと、ルシウスが出て来たら瞬殺でしょという風に思ってしまいますね。

 

ジャマルとハキーム

温厚なジャマルですが、慣れないCEO業の負担、彼氏と上手くいかない。

そんなことが続いた後に、クッキーによるルシウスへの裏切りが発覚が生じたんですもん。

さすがに、ブチギレて、ルシウスの家から全員を追い出しましたね。

 

いや、よくもちましたよ。

もっとはやくに切れてもおかしくなかった。

特に、ハキームがわがまま放題なうえ、偉そうですからね。

私なら、確実にこんなに我慢せずに、追い出してましたよ。

少なくとも、ハキームは。

 

まぁ、もともとハキームに対して、そんなにいいイメージがなかったというのもありますけどね。

だから、敵対的買収が成功したと思ってジャマルにドヤ顔を見せ。

そのすぐ後に、失敗した姿を見たときには、ちょっと溜飲が下がりました^^

 

海外ドラマ「エンパイア成功の代償」シーズン2最終回後の感想

親子対決

シーズン2は、意外と早くでてきたルシウスと、3人の子供たちによる親子対決が楽しめました。

ミミ(&カミラ)が再度裏切ってルシウスを蹴落とし、ハキームをエンパイアのトップに据えたために起こったハキームVSルシウス。

音楽タイトルを争ったジャマルVSルシウス。

そして、アンドレを愛することができるかに関する、アンドレVSルシウス。

 

最後のだけ、少し強引ですが^^

でも、病気の母親にトラウマを持ち、同じ病気のアンドレをどうしても愛せなかったルシウスと。

それでも愛して欲しくて、音楽の才能がないからジャマル達みたいにはなれないけど。

自分の武器を磨くことで、愛を手に入れようとしたアンドレ。

2人の掛け合いは、シーズン2の大きなトピックであり。

また、結構バチバチやっているので、対決ぽいかなと。

 

クッキーは女神

シーズン2の第1話の段階では、かなり小悪党ぽさが出まくっていたクッキーですが。

それは、中盤まで続いていきます。

ハキームを誘拐した集団関係者を、彼氏にしていたあたりとか相当^^

 

でも、ミミと、そのバックにいたカミラの策略によりルシウスが失墜し。

それによって自暴自棄になっていたルシウスを慰め、立ち直らせ。

そして、ルシウスのためにできることをしようとしたクッキーの姿は女神のよう^^

大概ルシウスにはひどいことをされてきたのに。

よくこんなにできるなと感心しましたよ。

 

というか、クッキー、身内に優しく。

身内同士で争うことはありますが、でも外部の者が身内に手を出すのが許せないタイプみたいですね。

基本的に、母性の人だというのがすごく伝わってきます。

 

ルシウスふざけんな

でも、ルシウスは、そんなクッキーに対しての仕打ちがこれかよと言いたくなってくることやってのけてくれます。

少しシーズン1のことも入ってきますが。

クッキーがいない間アミカとつきあう

アミカ切り捨て

アミカとハキームの間に子供出来る

ハキーム責任とることを決意!

アミカとルシウスが結婚 ←イマココ

意味わかります?

私は、意味が分からなさ過ぎて、目が点になりました^^

 

そして、自分でも、なぜこう思ったのか不思議なんですが。

なぜかルシウスのことを「プレゼント選びが下手くそで、彼女・妻をイラつかせる男っぽい」とか考えてました。

おそらく、タイミングの悪いプレゼントや口説き&その後の腹立つドヤ顔を、これまで何度も見て。

その上で、自分勝手すぎるこのシーンだったからなんでしょうけどね。

 

結局、クッキーの献身的な行動によってせっかくいい感じになり。

元さやに戻りそうだったルシウスとクッキーの関係は。

この行動により、クッキーが大激怒して、ご破算になってしまいました。

まぁ、そりゃそうでしょうよ^^

そりゃ誰だってそうなりますわ。

あれだけ色々したのに、それでこの仕打ちですからね。

「ふざけんな」となりますよ。

 

第1話の段階では、クッキー株下げの、ルシウス株が爆上げでしたが。

最終的には、ルシウス株大暴落の、クッキー株爆上げになってしまいましたね。

 

Empire(エンパイア)成功の代償シーズン3の第1話の感想

3兄弟それぞれの問題

まず、3兄弟全員なにかしらつらい目にあっていますね。

多分一番マシなのが、ハキーム。

それでも、妻になるはずのアニカは、父のルシウスと結婚することになるし。

ベラ(娘)も書類上ルシウスの娘になる、ですからね。

いつでも会えるには会えるし。

別にルシウスはアニカに固執していない。

その上、本人は、すぐにネッサ(シャインが連れてきた女性シンガー)ナンパとかしていますから^^

マシに見えますが。

それでも、これが一番マシに見えるのは、ちょっと。

 

次は、ジャマルですかね。

怪我の影響で歌うと傷が痛み始める。

それでも、怪我の原因となったフリーダを助けようと、歌を歌おうとするけど。

大勢の前で歌うとトラウマが出てきてしまう。

音楽だけで生きてきた人間が歌を取り上げられた状態ですから。

しかも、自分が歌えない代わりに、コーラスにいたネッサが歌を歌ったせいで、注目は全部ネッサに持っていかれちゃいましたしね。

 

でもまぁ、アンドレに比べればマシですけどね。

ロンダがいなくなってから、自分を非難し続け。

心の支えだった信仰も信じられなくなり。

ロンダの幻覚を見たりしてるんです。

でも、弟の前では大丈夫だといって、自分を律するし。

ルシウスを守るためのパーティでは、アニカが目の前に居るのに普段通りでいようと努めたりするんですから。

もうこれは、絶対に精神的によくなさすぎる。

絶対どこかで爆発するタイミングが出てきちゃいます。

感情がひたすら内に内にいっていますから。

ロンダのことがあった後、アニカに詰め寄っても。

アニカが破水したら病院に抱えてつれて行く、そういう優しい性格が完全に災いしてますね。

 

クッキー、泣ける

3兄弟、全員辛いんですけど。

でも、個人的にクッキーのことが一番泣けるなと思ってしまいました。

 

ルシウスが書類上だけとはいえアニカと結婚するし。

息子に次々に不幸が訪れる。

キャロルたちはタリクの肩をもって、親しい味方がいない。

なのに、そんな中で、エンパイア社をまもるため、ルシウスとアニカの結婚は正式なものだとタリクに見せるよう、ルシウスとアニカの幸せな家庭を、積極的に演出しようとするし。

ホームパーティでも、当然妻の位置じゃなく参加者の位置でいるんですから。

 

なんというかね。

どういう気持ちで、家を整えるのかとか。

タリクに侮辱されても、アニカの擁護したのか考えるとね。

アンドレやジャマルと違って、怪我とかしたわけじゃないけど。

それでも身を引き裂かれる思いだったはずで。

それは、自分を自由にしてと弱弱しくルシウスに言った発言にも現れています。

普段は奔放でも、物凄く情にあつい女性で。

家族に何かあった時は、まずは家族のことを考えるのに。

それでも弱音をはき。

ルシウスのもとから去るときも、いつもの肩で風を切っていくような凛々しい姿じゃなくて。

弱弱しく歩いているんですもん。

あの姿をみると、本当になんともいえません。

 

ルシウスはいつも通り

一方、ルシウスはいつも通りなのが、また。

ベラに向かって、ハキームのことを知らないおじさん呼ばわりだし。

気落ちしているアンドレに働けと言ったり。

トラウマで弱り切っているジャマルに対して、暴言をはくんですから。

 

挙句にクッキーに対してですよ。

ベラを抱っこしながら、クッキーによく似ていると言ってきますから。

本人に悪気はないんでしょうし。

愛しているのはクッキーという感じはホームパーティとかでも感じましたが。

でも、その発言は、正直クッキーを煽ってるのかと思ってしまいました^^

どんな時でもいつも通りの自分でいれる!

面接とかで、自分の売りとかで言われる言葉ですが。

まさか、否定的な意味でとらえられるのをお目にするとは^^

 

Empire(エンパイア)成功の代償シーズン3の第17話(最終回前編)の感想

少しだけ第16話を

本当は、第17話と第18話だけを書こうと思っていましたが。

でも、ファン的には面白いところが第16話にあったので、その場面を少しだけ。

 

アンドレが、妻ロンダの敵であるアニカに対して、攻撃し罵倒したシーン。

2人きりでとめる人もいなかったし、アンドレの精神状況が攻撃的になっているので。

本気で危ないかとおもいましたね。

なのに、そのシーン見て、ちょっと笑ってしまいました。

 

だって、アンドレがロンダ(役上の妻)のために、アニカ(現実の妻)に憎しみをむけ。

思いっきり泣かしてましたからね。

見ていて、「この後、家で気まずくならないのか」とか気になって仕方がなくて^^

 

問題が山積み過ぎる

ここからは第17話の話を。

しかし、シーズン3が始まった頃は、VSタリク、VSアニカなシーズンになると思っていましたけど。

まさか、奪われたベラの捜索。

ルシウスが心奪われたジュリアナとの対決。

そんな風になるとは、予想がつかなすぎでしょ。

シーズン2も大概予想つきませんでしたけど。

シーズン3はそれ以上ですね。

せいぜい、すでに決着がついているアンジェロ(クッキーの新恋人だった男性)との争いぐらいかなと。

 

それに、どっちも一筋縄ではいかないんですよねー。

ベラの方は、アンジェロの実家であるデュボア家が、政治力を使っているせいで。

ルシウスたちには、そもそもどこにいるのかわかりませんからね。

 

そうなると、せめて家族が一致団結して事態にあたらないといけないのに。

ジュリアナのことが気に入らないクッキーと、ルシウスとの仲は悪化の一途だし。

それにともなって、子どもたちのクッキーへの信頼が揺らいでいっています。

これだと、デュボア家との戦いに勝つのはかなり難しそう・・・

 

ラスト2話の段階で、これら以外にもまだ問題が残ってるんですから。

最後まで問題が山積み過ぎますね。

 

ルシウスに対して複雑な気持ちになる

見ていると、ルシウスに対して、ちょっと複雑な気持ちになってました。

ジュリアナのことで、クッキーが孤立しつつあるなかで。

ルシウスは、いつも通り自分勝手にやってくるかと思いきや。

音楽のことでジャマルに折れ(第16話)。

ベラの捜索には、できるかぎりの手を尽くし。

クッキーを責める子どもたちに対して、傷ついているんだから責めるなといさめたり。

そういった行動をみていると、大人になってきたのかと思っちゃって。

ベラの問題も、ジュリアナの問題も、究極的にルシウスが原因なのにね^^

 

ようやく兄弟になれたのに

そんなルシウスの行動として、今回一番驚いたのは、間違いなくタリクとの和解でしたね。

嫉妬にかられたクッキーが、スパイ大作戦といった感じに仲間とともにジュリアナの不正情報を手に入れが。

それを上手く使うことができず、ルシウスが怒ったりもせず尻ぬぐいをしたのにも驚きましたけど。

でも、シーズン当初は、シーズン3のラスボスだと思っていたタリクと仲良くなるんですから、インパクトがね。

とはいっても、仲直りの方法が、ベラの捜索中にむかついたやつに一緒に攻撃してというものなので。

あまり褒められた仲直り方法ではありませんけどね^^

 

でも、和解できて本当に良かった。

ルシウスのもっている力だと、ベラまで到達することはできなかったけど。

元FBIのタリクが協力してくれたおかげで、一気にたどり着くことができましたからね。

裏では、クッキーとアンドレがあくどいことをたくらんでますけど。

でも、とりあえずベラの方は、解決間近だ!

 

そんな風に思ってたんですけどねー・・・

まさかルシウスの母が、急に攻撃しはじめ。

ベラの行方を聞き出すことができないとはねー。

最後の最後でインパクト強すぎでしょ。

理由が、タリクのお母さんのことが嫌いで、タリクが家にいるのが嫌だったからというものですからね。

精神的な病気なのはわかってましたが、孫をもつ歳になったルシウスが子どもの頃の話を。

しかも、ひ孫の行方が分からなくなっている状態でやってくれるとはね。

これでベラの方の問題も、難易度が跳ね上がっちゃいましたよ・・・

 

Empire(エンパイア)成功の代償シーズン3の第18話(最終回後編)の感想

クッキーにとって最高の夜

第18話の一部分だけを見ていると、クッキーにとって最高の夜になったんじゃないかと思うんです。

ルシウスのカジノの事業が順調にはじまり。

横にいるのは、ジュリアナではなくクッキー。

カジノでのショーは、すべてクッキーをたたえるもの。

新たにルシウスからプロポーズされて。

後継者問題も、ついに決着がついた。

そんな夜ですからね。

 

クッキー本人もすごいうれしそうでしたけど。

見てる方もすごくうれしくなってくる。

ルシウスのために人生の17年を無駄にしたのに、すべてをジュリアナに奪われどん底にいたと思いきや。

まさかのサプライズでしたからね。

下げてからの上げが激しすぎますよ^^

いやー、いい最終回だったー。

 

そして同時に最悪の夜に

まぁ、他のことに目を向けなければですけどね・・・

 

その裏では、計画が進行してましたから。

クッキー自体、シャインとともにカジノで暴れるという計画。

さらに、アンドレがルシウス自体を攻撃するという計画が。

そして、もう必要なくなって止めるように指示しても、シャインは止まってくれず。

結局クッキーをかばったルシウスが倒れる結果になってしまうんですもん。

 

本当に、この家族はいつもいつもタイミングが悪い・・・

ちょっとしたズレがなかったら、万々歳でおわってもおかしくなかったのに。

サプライズを仕掛けたルシウスも、知ってて黙っていたジャマルも。

当然、計画を立てた(というかシャインを計画に組み込んだ)クッキーもアンドレも悪いんですけどね。

それにしても、今回は特別タイミングが悪かった。

 

でも、いくら自業自得な面があるとはいえ。

どん底から最高、最高からさらにどん底まで落とされたクッキーは辛すぎる。

数時間の上下が最悪すぎますから。

なにもここまで、もてあそばなくても・・・て思っちゃいますね。

まぁ、もし昏睡状態になってなかったら、「サプライズ仕掛けたら、吹っ飛んでた。わけわからん」状態のルシウスが一番辛かったでしょうけどね

 

問題が山積み過ぎてシーズン4がすぐ見たい!

とりあえず、シーズン3はこれでおしまい。

長かった後継者問題もひと段落つきましたし。

ルシウスとクッキーの関係も、やっと落ち着いて。

一見1つのサイクルが終わった感じはありますね。

 

なのに、何故これまでで一番問題が残ってしまっているのか^^

大きいのだけに絞っても。

  • 3ヶ月昏睡状態だったルシウスが記憶失っている
  • デュボア家がライオン家に攻撃を仕掛ける気満々
  • ベラを盾に、ハキームがデュボア家のいいなりに
  • ジャマルにも罠が
  • ルシウスの母は、自分の罪をアニカに着せる

こんなにあるんですもん。

 

これどうするんですかねー。

ルシウスの記憶が戻らないと、デュボア家との戦いに勝つなんて無理だし。

ルシウスの母は、問題ばっか起こすし。

また、分裂の火種があるしで。

どう考えても、問題しかない状態ですよ。

なので、続きがめちゃくちゃ気になる!

また半年とか待てない!

来月あたり、シーズン4開始しないもんですかねー。

以上、海外ドラマ「Empire成功の代償シーズン3」第18話の感想、でした。