KindleUnlimited読み放題が3ヶ月99円に!
【12/1】までのキャンペーン情報はこちら

フィアーザウォーキングデッド・シーズン1のあらすじ感想まとめ【ネタバレ注意】第1話から第6話最終話まで全話の

フィアーザウォーキングデッドのシーズン1の感想あらすじネタバレ

フィアーザウォーキングデッド、シーズン1を見た感想について書いていきます。

 

フィアーザウォーキングデッドは、本家ウォーキングデッドの前日譚にまつわる話。

リックがまだ病院で寝ていて、意識が戻っていない時期からはじまるんです。

本編では、すでに世界が終わっている状態で始まりましたが。

フィアーザウォーキングデッドでは、いかにして世界が終わっていくのかが描かれていきます。

 

そんなフィアーザウォーキングデッドのシーズン1を見たので各話の感想を、さっそく書いていきます。

ネタバレ要素もあるので、ご注意を。

フィアーザウォーキング1を無料で見る方法

 

フィアーザウォーキングが配信中の「Amazonプライム」では、30日間動画が見放題となる無料体験を実施中。

 

これを利用することで、フィアーザウォーキングデッドがシーズン1から最新シーズンまで無料で見れますよ。

 

30日間以内に解約れば費用は一切かかりません

 

 

フィアーザウォーキングデッドのシーズン1第1話の感想

名前は似ているけどニックとリックは違う

第1話でメインになっていてニックは、ちょっとイケメンな少年です。

第1話の段階だと、彼が主人公な感じですね。

でも、ニックはリックと名前が似ていますが。

性格はかなり違います。

 

リックといえば、困難に立ち向かうし、家族や仲間を守ることを第1に考えるリーダーですが。

ニックは、すぐ逃げるし。

家族に迷惑をかけてばかりなのに、何か問題が起きたら家族に任せるという性格で。

およそリーダーとはいえません。

 

特に、メンタルの弱さは全然違いますね。

不安で不安で仕方がなくて、悪いこととかにも走りますし。

ウォーカーをみたのを幻覚だと思い、その幻覚に怯えつづけますからね。

リックが本格的に怯えたのって、ニーガンと対峙した時ぐらいですし。

 

でも、終わった世界で生き抜いていく主人公ではなく。

平和で安心できる世界が終わっていくときの主人公ですから。

フィアーザウォーキングデッドの主人公としては、ニックの方が適任なのかもしれませんね。

 

ウォーカーは少ない方が怖い

本編では、ウォーカーの方が多い世界になっているので。

ウォーカーがうじゃうじゃいるんですが^^

フィアーザウォーキングデッドでは、まだ3体しかでてきてません。

でも、正直こっちの方が、エグさが上ですし。

また、怖さもアップ。

だって、本編とは違って、一体一体に着目していきますからね。

その不気味さや強さというのがダイレクトに伝わってきます。

 

まぁ、本編の方が、人間側に強力なメンバーがそろっているというのもあるかもしれませんが。

キャロルとか最初は心優しい乙女のような性格の女性でしたが。

シーズン6の段階だと、歴戦の戦士のようですからね。

そんな彼らと対峙するウォーカーは、どうしてもすぐにやられてしまう存在になっちゃいます。

 

ウォーカーにもやっぱり鮮度が関係するのかな

ゾンビ物でよく言われることの1つに、ゾンビの身体から崩れるまで待てば勝ちだ!ということがあるんですが。

ウォーキングデッドでは、1年ぐらいたってもその傾向が見られないので、この世界観ではそういったことはないのかなと思っていたんです。

でも、フィアーザウォーキングデッドを見て、ちょっと認識を改めました。

 

ニックが車を使ってウォーカーを倒すシーンがあるんです。

本編だと同じことをしたらすぐに倒せるんですが。

フィアーザウォーキングデッドでは、なかなか倒せないんです。

車に差なんかないので、両者の間の差はウォーカーになりたてかどうかぐらい。

なので、時間による劣化みたいなものはないもんだと思っていたんですが。

ひょっとしたら、ウォーキングデッドの世界にもあるのかもしれませんね。

思っているよりもかなりゆっくりと進めだけで。

 

終わりに

世界がこの後、どうなっていくか知っているのに。

フィアーザウォーキングデッドは、それでも不安になってしまう作品でしたね。

でも、まだまだウォーカーの数が少ない中で、どのようにしてウォーカーの世界になってしまったのか。

ニック達は、どうなるのかなどなど。

これを見ると、続きかかなり気になるんじゃないでしょうか。

そして、ウォーキングデッドのことを深く知るために、是非見ておくべき作品のような気がします。

ただ、ウォーキングデッドをまだ見ていないという方は、まずは本編のシーズン1をすべて見てからの方がいいかもしれませんね。

以上、【フィアーザウォーキングデッド】シーズン1第1話の感想、でした。

 

フィアーザウォーキングデッド、シーズン1を最終回まで見た感想

第6話はドラマというよりかは映画のような進展

ダニエルの機転で、ウォーカーを解放しニック達がとらわれているところに、ウォーカーをつれて行くことに成功したトレビスたち。

途中、ニックとストライドにピンチが訪れたりしますが。

でも、グリゼルダを除き、なんとか脱出することができました。

 

このときの流れが、ドラマを超え、映画のようなスムーズさがあって良かったんです。

難問があれば、今あるものを使って乗り越え。

ピンチのシーンでも、ギリギリのところで助け合っていき。

ちりばめられたヒントをまとめて、脱出していきます。

そして、そういったことが次々にやってくるので。

見ていて、非常にスムーズで、ストレスなく見てられるんです。

 

これは、4時間半ぐらいの短いドラマの利点ですね。

これぐらいの長さだと、一番の見どころにさけるのは30分ぐらいで。

映画よりもちょっと長い時間程度しか使えないので。

必然的に展開が映画に似てくるんでしょうね。

本編のウォーキングデッドが長時間作品なので、結構斬新ですね^^

 

トレビスの甘さがなくなるかも

本編のリックに起きたように。

今回のことで、トレビスの甘さが払しょくされる可能性があるんじゃないかなと思うんですよね。

 

というのも、トレビスが情けをかけてアンディを逃がしたせいで、怪我人が出るハメになりましたし。

ウォーカーに噛まれてしまったライザを、ウォーカーにしないようにするという決断を下さざるを得なくなりましたから。

人を信頼できない状況で起こったリックと違うといえば違うんですが。

でも、これまで、すぐに顔を出していた甘さが払しょく。

仮にそこまでいかなくても、多少は無くなっていくかも。

そう思ってしまうんですよね。

 

良い甘さと悪い甘さがあるとしたら、トレビスのこれまでの甘さは、明らかに後者。

そして、多分、これからはもっともっと生きていくことが厳しくなるので。

早めに無くしておかないといけませんしね。

 

ウォーキングデッド見ていて初めての経験

これまで、ウォーキングデッドを紹介するときに、「怖くないホラー」といつも言ってきたんですが。

今回、初めてそれが覆りそうな場面がありました。

ホラーの手法として、意識が整ってない状態で、急に幽霊などを出して驚かせるというものがありましたが。

これまでなかったのに、急に今回使われていたんです。

そういうのはないと思っていたので、ガチでびっくりしてしまいました^^

 

ただ、できたら今後はやめてほしいかなと思っています。

そういう定番の怖さを使わず、集団の怖さや、人間の怖さを描いてきたウォーキングデッドですし。

そして、それが魅力の1つなんですがから。

たまにはいいんですけど。

頻繁に行われてしまうと、他のゾンビ物との区別がつかなくなってしまいますからね。

そんなことしなくても、十分面白いんですし。

 

終わりに

フィアーザウォーキングデッド、シーズン1第6話の感想を書いてきました。

今回はウォーキングデッドらしさと、らしくなさが同居した回でしたね。

でも、とりあえず本編のウォーキングデッドに片足突っ込んだのは間違いないので。

シーズン2も楽しみですね。

しかし、次の舞台は海上かー。

ウォーキングデッドの世界って陸上ばっかだったので、かなり新鮮。

ただ、海上にウォーカーってどうやって現れるんでしょう?

他の船にウォーカーいても、近づかなければいいだけですしね。

後、ウォーカーは、馬とかに群がってましたけど。

魚とかには群がらないんですかね?

まぁ、シーズン2を見るしかないですね。

以上、・フィアーザウォーキングデッド・シーズン1第6話(最終回)の感想、でした。

 

>>フィアーザウォーキングデッド・シーズン2の感想

>>フィアーザウォーキングデッドのあらすじ感想まとめ【ネタばれ注意】

 

\無料体験サービス実施中/
30日以内に解約すれば費用は一切かかりません

 

こちらも読まれています

おすすめVOD比較ランキング【最新版】人気12社徹底比較!VODおすすめランキング|失敗しない選び方とともに紹介動画のためのおすすめタブレット動画視聴用タブレットおすすめランキング!VODやyoutubeを見るのに最強の1台を【2020最新版】

 

(紹介している作品は、2020年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はAmazonプライムの公式ホームページにてご確認ください)